明るさを1000カンデラ HDR制作用のリファレンスモニター CG3145
ちょっと古いニュースだけど、気付いてなくてスルーしていた内容なので、ブログで書きます。こういうマニアックな内容はフェイスブックに書いても友達が迷惑するから。。ww HDR制作用のリファレンスモニターということで、今まで300カンデラくらいだった明るさを1000カンデラくらいに高めて、高輝度を含むHDR撮影のデータを表示しやすいものになっています。 ディスプレイが高輝度化していくのはこれからのトレンドです。 太陽とか水面のキラキラの部分が、一部眩しく表現できる、ということと、従来低コントラストになっていたlog収録とかHDR撮影写真データが、もっと扱いやすくなる可能性があるということです。 ディスプレイの表示色域はsRBB とかAdobeRGBとか言っていた時代は終わりまして、次の段階がこれです。 要するに新しい広色域です。輝度方向に大きく広がるのです。 動画のカメラはすでにlog収録としてHDR対応が始まっていますが、スチルカメラの静止画撮影でワンショットでHDR撮影?みたいのはあまり聞きませんね。これからかもしれません。このディスプレイ、一部報道では54万円、という価格をどこかで出してたのが見えた気がします。 リファレンスとしてはこれからもしれませんが、もっと単純に、家庭用の4KディスプレイのHDR対応機を入れても、貧乏な場合はw 無いよりは断然楽になるかなーと思っていますがどうでしょうか。
# by hanchan-jp | 2017-05-24 03:19 | Comments(0)
「フランジバック調整」のせいなのだろうか。
PDA GALLOPさんにカメラをオーバーホールに出した。確かにズーム全域でオートフォーカス撮影ができる!山下さんが言う「フランジバック調整」のせいなのだろうか。マイクロアジャストが不要になるとは言わないけど、依存度は減る。今日はオートフォーカスで撮影してみよう。

うん、、、未調整の予備機側ではズームや絞りによる変動でAF撮影はできないけど、オーバーホール機はAF撮影できる。。予備機も整備に出そう。なんだー、すごいよ。。これで僕も普通にバシャバシャ撮れるよ。。。。
# by hanchan-jp | 2017-05-07 05:14 | Comments(0)
2017年4月のパノラマ作品一覧
病院のシーン。3方向をPTGuiで合成して、まあまあうまくいったなあ、と思えた作品。 手持ちで脳内で軸を決めて回転しながら撮るのです。


East i-D たまたま、見たことない車両が近づいてくるのが見えて、パノラマ用のカメラでとっさに撮影したものです。左側に対象物があります。パノラマ撮影では魚眼の超広角レンズを使っているゆえに対象物が遠くに写ってしまう、ということがあらためてよくわかった事例。


平原駅 電車が停車している間に、ささっと2方向撮ったものの合成。


小諸懐古園 外から この作品は、正面と裏がありながら、正面にしか意味がない場合、パノラマ全体としては変な感じになるなあ、と思いました。(笑)360度パノラマは立ち位置が大事!


小諸懐古園 中から こんなのが撮りたいな、って事前に思っていたアングルでしたが、もっと高画質に撮りたい。


小諸懐古園 石垣の上から 古城の石垣の上から転落したらどうなるんだろう、と思いながら、不安定な足元にめげず、回転しながら撮った写真。


小諸駅 歩道橋の上から 歩道橋の外に腕を出して、空中浮遊感が出ないかなと思って苦労して撮った写真。自分を消し込むためにはどうやったらいいんだろう、ということです。これは自分が写っている製作中のカットも公開すると面白いと思う。


新海三社神社 誰もいない早朝だったのが良かった。360度って、歩行者が誰かいると写真がかわります。


五稜郭 これは惜しくも三脚を構えたカメラマンさんがいます。 三脚を構えられてしまうと、移動していないため、合成でも消せません。スタンプツールとかPhotoshopで消す方法もありますねえ。。そうですねえ。。


八千穂駅 入場料の140円を無人駅なのに払う、、そこから撮影はスタートしています。プロ撮影だと線路付近は許可が大変なんですが、これは単に遊びで撮っているので問題ないでしょう。気楽です。


あぜ道ローアングル ローアングルの場合、撮影体制のきつさと、自分をどうやって消すか、撮影の精度など、いろいろ大変な感じがします。


ロケット型展望台のある公園 滑り台のプラットフォームから撮ってみましたが、足元は惜しくもつながりませんでした。合成前提の360撮影としては難度の高い構図です。
# by hanchan-jp | 2017-05-01 22:10 | Comments(0)
展望台の各窓からの写真をパノラマソフトで処理したら、なんとなくつながっちゃった
展望台の各窓からの写真をパノラマソフトで処理したら、なんとなくつながっちゃったの図。各写真はこんな感じ。各ガラスの中央から撮った、という感じ。
a0032346_19311430.jpg
見えるかな、、周辺は要らないので、点線部分でトリミング指定。
a0032346_19311503.jpg
そうすると、円周魚眼の130度として認識されたっぽい。なるほどー。
a0032346_19311306.jpg
こんな風に中央部だけ良いとこ取りされて整列。
今回は露出差の下処理用に、Lightroomに入れて、各カットを全部
「自動露出」←普段絶対使わない機能なんだけどw
をかけて調整させた。これはありがたい!
a0032346_19311386.jpg
ビューソフト上の右クリックで「リトルプラネットビュー」を選んだら、
なーんだ、リコーのシータだけ?と思っていたこの見え方が出来て満足!




# by hanchan-jp | 2017-04-29 18:52 | Comments(0)
うーむ、来たね、まさかの4.7万円のカラーメーター
うーむ、来たね、まさかの4.7万円のカラーメーター



# by hanchan-jp | 2017-04-26 16:33 | Comments(0)
純正スピーカー軽いww
a0032346_21545452.jpg
外した純正スピーカーと、新しい安物スピーカー(一個3000円程度)
の重量の違いに驚いた。。

# by hanchan-jp | 2017-04-04 21:55 | Comments(0)
トイカメラっぽいパノラマ
レタッチ前後
トイカメラ調

# by hanchan-jp | 2017-04-03 18:12 | Comments(0)
パノラマ レタッチ前後でこんだけ違うという事例。
レタッチ前後でこんだけ違うという事例。 カメラ側に、とにかく電源とシャッターボタンしかないために笑、露出補正もないし、とにかく押すだけなんです。それをまあ、少しだけいじってあげる。。あ、げ、る。ww




# by hanchan-jp | 2017-03-29 19:28 | Comments(0)
手持ちで適当に前後撮影、それを合成ソフト(PTGui)で合わせてみました。
ビッグサイトTFTビル内で、250度パノラマのEntapano2カメラを、手持ちで適当に前後撮影、それを合成ソフト(PTGui)で合わせてみました。 すごく昔にパノラマをやろうとしたときは、大変だ!って思ったのですが、今回はたった二枚の合成なので、少しがんばったらできました。 合成なんて、リコーのシータを使えば要らんだろう、って言われたらそうなのですけどね、、 たぶん、リコーのシータより光学系がしっかりしてそう。(たぶんレンズ部の価格が違う) シータも試してみたい。。

# by hanchan-jp | 2017-03-29 18:39 | Comments(0)
イケメンとビッグサイトのシーン パノラマ250°


# by hanchan-jp | 2017-03-28 02:20 | Comments(0)
ギガらくWi-Fi の件
光ステーション(でじたる屋で無料として数年、入れていた。入れたら内部でトラブったので、端末は放置、実質利用してなかった。)の入れ替えで、「ギガらくWi-Fi」というサービスの勧誘の電話が来て、「負担は以前と変わらない」ということで、了承していたら、実際は月額3300円、5年間、総額約20万円のサービスだった、ということがわかりました。 でじたる屋では、総額20万円の契約はしたくありません。開通予定日は3/31で、NTT東日本に相談したところ、機材の受取を拒否することで、解約への手続きにできる、ということで、安心しています。参考資料として、この件の営業について、警告しているブログを添付します。

「ギガらくWi-Fi」を導入すると、月額3300円で、商店街の客向けに、安全に無料アクセスポイントを公開できます。 自分の家のインターネットを、安全に客に無料で使わせるためには、やや高度な知識がいるために、4万円程度で販売している、特殊なアクセスポイントを使います。「ギガらくWi-Fi」に加入すれば4万円程度で販売している端末(と同等だろうと思われるもの)が送られてきて、その不具合などに対して、電話でサポート体制を受けられるようです。

でじたる屋では有料での5年間の外部サポートは必要と思えません。一旦は申し込んだカタチになっていましたが、解約することにしました。 もしもお客様向けに無料Wi-Fiを出す場合には、同等の端末を、別途約4万円で購入することにします。





# by hanchan-jp | 2017-03-27 13:23 | Comments(0)
机の上を滑走路に見立てて
a0032346_08090039.jpg
机の上を滑走路に見立てて、離陸から、一定の航路を飛んで、正確に着陸、それを前向き、後ろ向き、横向き、繰り返し練習しています。

ヘリコプターの場合、グルグル回る、というのもいろんな種類があります。自機を単にぐるぐる回す、水平に丸く飛ぶ、(頭を東西南北固定と、進行方向に向けるのでも飛び方が違う。)、垂直方向に水平移動で丸く飛ぶ。 最初不安定なおもちゃ機体だなと思ったものを、微調整しながらなかなか安定して飛ばしています。

ドアを薄く開けるとかして、スタジオ内に風を吹かせると、難度も上がるし、より変態な状況もどんどん作り出せます。

火の輪くぐりのような状況を作ったり、それをゆっくりだけでなく、タイムを競ったりすればなおさら変態にできます。

そのような変態飛行を、安全装置を豊富に搭載した、本番のドローンでも、自由自在にできるようになる、そんな変態野郎になりたいわけです。

# by hanchan-jp | 2017-03-26 08:15 | Comments(0)
パノラマ投稿の練習



どうじゃろ。。Entapano2という250度画角ワンショットのパノラマです。
手持ち撮影。リコーのシータと違って、ちょうど自分が映らない250度なので、そこは楽です。


More
# by hanchan-jp | 2017-03-21 23:36 | Comments(0)
初フライトは2秒
a0032346_17444761.jpg
わーい、新しいドローンだーー、うれしいな、時間ないから説明書読まずに、
お、認識した!あわわわーーーーん!
初フライトは2秒で激突、プロペラ破損。
スロットルゼロから慎重に飛ばすという基本すら無かった。



# by hanchan-jp | 2017-03-21 17:45 | Comments(0)
パナソニックLumix  PCとのテザー撮影(Wi-Fi)
PC側の操作。私の場合は、いつものEOSユーティリティーを使います。職場のWi-Fi環境を使って、カメラから職場のPCに画像を飛ばします。
a0032346_21102160.jpg
フォルダ監視を選ぶ。クリックすると、
a0032346_21102006.jpg
この設定画面が出るので、監視フォルダーと保存先ホルダーは、物理的に別々のHDDを選ぶと良いみたい。この画面で警告が出やすいのです。。監視ホルダーと保存先ホルダーが同一なのはだめ、というエラーが出やすい。。(まだいまいち解明してないところ)
a0032346_21102104.jpg
DPPのセレクト編集画面を立ち上げて、「ツール」→「EOS Utilityとフォルダーを同期」を選択
カメラ側が接続されている場合、シャッターを押せば、4秒後に、右の大ウインドウで表示される。


<カメラ側の操作>(スタジオのWi-Fiを使ってPCに送る場合)
パナソニックLumix  PCとのテザー撮影(Wi-Fi)
(1)カメラ本体のWi-Fiボタンを押す
(2)「新規に接続する」
(3)「撮影中に画像を送る」
(4)接続先を選択してください→PC
(5)接続方法を選んでください→(自分のスタジオWi-Fiの場合)「ネットワーク経由」
(6)接続方法を選んでください→WPS(プッシュボタン)/PINコード/一覧から選ぶ(自分の場合は一覧から選ぶ)
(7)接続先(AP)を選んでください→自分のWi-Fiルータ名を選択
(8)Wi-Fiパスワードを入れる
(9)ネットワーク内の機器を選んでください→PCなどの名前一覧が出てるので、選ぶ
(10)アカウントを入力してください→ユーザ名 (自分のWindowsのユーザ名)
パスワードは、マイクロソフトアカウントのパスワードを入れる。(Windowsの場合です)
(11)フォルダを選択してください→なぜかさっきEOSユーティリティーで作ったフォルダーが表示されている。。選ぶ。
(12)接続完了しました、の画面が出る。

二回目以降、再接続の場合
(1)カメラ本体のWi-Fiボタンを押す
(2)「履歴から接続する」
a0032346_20550720.jpg
(3)接続完了しました、の画面が出る。
a0032346_20554572.jpg
カメラ側はRAW+jpegだが、ちゃんとjpegのみ転送で送られる。

ツールがEOS用なので、慣れていて完璧に違和感がない。。。

USBを使ったリモートがなく、PCからのUSBリモート撮影はできなそうだけど、、
一般的にはiPadからのリモートの、あのアプリからで問題はないでしょう。

うーむ、、、素晴らしい。

盆明けとも言われるEOS6D後継機を買おうかな?とか思っていたのに、パナソニックに移行しても良いと思えてきました。従来の撮影スタイルでないと困るものについては旧のEOSで、そうでないものはパナソニックで。。 4K動画のLOG撮影もできるわけだし、パナソニックのデジカメの費用対効果は高そう。

追記:取材先で、カメラとPCを一対一でテザーする、それが出来ないとだめですよね。それが出来たらまた報告します。

<カメラとPCを一対一でテザーする場合>
(1)カメラ側からWi-Fiを出す
(2)それをノート側のWi-Fiで受信する。カメラ名のWi-Fi。
(3)リンクしたら、カメラ側から、パソコン名をインプットする。パソコン名とはMacでは「NetBIOS名」で、半角大文字です。
(4)つづいて、カメラ側から「ユーザ名」と「パスワード」を入れます。 Macの場合「ゆうじのMacBookPro」とか漢字のユーザー名はカメラからインプットできません。半角英数のユーザ名を入れます。
(5)Mac、PCの側は、共有フォルダーを作っておきます。Windowsパソコンからのアクセスも許可する、全員に許可する、という設定が必要です。カメラがアクセスできるように。
a0032346_13281309.jpg
Windowsでやったときは、このソフトで「カメラ内の画像を送る受信フォルダ設定」を作ったときに、共有フォルダーとしての権限が追加された、ということなのかな。Windowsでは特に共有フォルダーをつくったぞ!という実感がなかった。
(6)カメラがMacやPCの中の共有フォルダー名を複数ある場合は複数カメラに表示するので、送りたいフォルダーを選びます。
(7)
a0032346_20554572.jpg
こんな感じの画面が出て、接続が完了します。 Macではファイル転送には成功しています。ただ、キャノンの純正ソフトでの都度大きな表示には成功していなくて、あくまでファインダーで「きたきた」って見えているだけ。別途、監視フォルダーの画像を大きく表示できるソフト(Lightroomなど)が必要、という段階が昨夜の状態。

まあ、とにかくPCとカメラだけ、という孤立状態で、双方のWi-Fiのリンクで画像転送ができることがわかりました。(無線でのテザー)

追記:<RAW転送にかかる時間など>MacBookPro←→FZ1000で、RAW転送は一枚14秒でした。
GH5のRAWデータのサイズもなぜかほぼ同一なので、GH5もきっと同じくらいではないかと予想しますが、どうでしょうか。
14秒のテザーなんて、たぶんじれったくてやらないと思いますよ!w

ちなみに、30秒間に30回RAWでシャッターを押してみたら、押せた。その後5分くらいずーっとウラで転送していましたが、撮影自体はシャッターできます。20枚以上のバッファに耐えていました。

# by hanchan-jp | 2017-03-17 21:17 | Comments(0)
もしかしてパナソニックシリーズ PCとのUSB接続編
a0032346_18391949.jpg
購入時の箱から出して、初めてパナソニックのデジカメをUSB接続してみようとする図。。。
パナソニックのFZ1000を買ったのは、クラッシック演奏を無音で撮影したい、という仕事のため「だけ」だったので、あまり深く探求していなかったのです。 このパナソニックのネオ一眼(レンズ一体型カメラ)は、レンズ一体ではあるものの、中身は1インチセンサーというだけで、同社のマイクロフォーサーズ機と共通部分も多く、スマホとのリンクソフトなどは一眼と一緒なのです! 先日は遂に、このネオ一眼が、iPadへの直送確認撮影がShutterSnichで出来てしまって!
なーんだ、パナソニックのカメラも自分の仕事用としてロケ現場で使えるんだと思い知ったのでした。 

さて、今回知りたいのは、スタジオシーンです。スタジオではUSBケーブルを使ったじっくりした撮影もあります。もしも、、自分の普段の仕事が、このFZ1000でもできるとしたら、衝撃です。。 そしたらGH5などの一眼でも、きっと仕事になるからですね。。さて、どーなるでしょうか。

追記:USB接続でのテザー(シャッターの都度画像転送撮影)はできない。しかし! カメラ本体Wi-Fi機能で、PC接続、を選びことで、あっけなくテザー撮影が、、jpeg4秒ながら、できた、、、
a0032346_19562018.jpg

# by hanchan-jp | 2017-03-17 18:41 | Comments(0)
パナソニックGH5、、外部レコーダーが要らない、高画質4Kカメラ

パナソニックGH5の画質向上の話です。
普通に動画撮影している分には良かったんだけど、今までlog(ログ)記録という
撮影方法(8bit時)をすると、シャドー部とかハイライトに階段上のノイズ
(バンディング、ブロック)が発生していたのです。

通常我々はsRGBの普通の写真を、真っ黒からハイライトまでを各色8bit、256段の
階調の中で表現しています。log動画記録ではそれよりも広い幅を256段に押し込めていたので、
押し込めたところで階段になっていた、というわけです。

GH5では4K動画撮影で8bitから10bitに、上がったといいます。たったの2bitと思いますが、
実は各色8bit256段→各色10bit1024段への拡大、色数では1677万色→11億色の拡大です。

log撮影は画質が悪くなる、という心配を私なんかはしていましたが、
10bit記録が可能なGH5では、その心配なくlog撮影ができる、ということがわかります。

パナソニックGH5、、外部レコーダーが要らない、高画質4Kカメラですね。

# by hanchan-jp | 2017-03-17 12:19 | Comments(0)
モーターのパワーがあるから事前のバランス調整すら要らない、って言い切ってる。
Film PowerがNebula 5100 を発表 - バランシングが不要なジンバル
モーターのパワーがあるから事前のバランス調整すら要らない、って言い切ってる。
それはすごいね。。 サンコーレアモノショップのあれ(IKAN)より、こっちかも。。w
最大耐荷重は2.5kgまで。


# by hanchan-jp | 2017-03-15 23:56 | Comments(0)
没入型ジャーナリズム。うん、そういうことでしょう。
没入型ジャーナリズム。うん、そういうことでしょう。一定のニーズはあると思う。 この第一作の冒頭はかなり気合が入ってる。吊り側からの固定を使ったであろう、地面側シームレスなVR表現が良かった。

# by hanchan-jp | 2017-03-15 21:39 | Comments(0)
これが見せたいという欲望が大切。

360パノラマ写真をいろいろ見ていて、空間全体を引きで撮る、空間記録が多いなあと思ってた。カメラマンだけでなく、誰もいないのが多い。 そんな中で、美女が微笑みかけてくれる360パノラマ写真を発見。これらの写真のすごいところは、これらの写真の美女は、カメラマンにではなく、無機的な360度カメラ向かって微笑みかけていること。加えて、作品8点全てに、おそらくカメラマンは写り込んでいないこと。どこに隠れているのか、巧みですね。。 自分はまだ本格的に撮影してないけど、画質とかを含めて、これを越えるものを撮るのは大変に思える。どんな写真でも本質的に同じかもしれないけど、「魅せたいもの」に寄ることが大事です。美女を360カメラに周りに配置したこんな写真は、ひとつの理想の絵柄です。 普通のスチル写真でも360度でも、これが見たい、これが見せたいという欲望が大切だと思いました。
# by hanchan-jp | 2017-03-15 19:03 | Comments(0)
シャッターを押す、それしか操作が無いデジタルカメラが来た。。
デジタルカメラが届きました。モニター機。。よーし!攻略するぞ!と意気込んだは良いが、、
え、、まじ? 操作ボタンは、電源とシャッターしかないのか?! マジで?!!

シャッターを押す、それしか操作が無いデジタルカメラなんて、本当に初めて使うよ。。
再生ボタンもないの。プレビュー画面もないの。。

低感度とかスローシャッターで、テクを使うとか、
プロならではのテクニック!みたいに腕をふるいたいのに、
まさかのシャッター押すだけ、、

えーーーーーwww

# by hanchan-jp | 2017-03-14 17:46 | Comments(0)
これって、誰が誰に(笑) カシオの4Kプロジェクターを見ての感想w。

あの、、これってカシオから発表された業務用のプロジェクターなんですけど、、
どう考えても、先日のBenQの製品と外装共通ですよね、、

これって、誰が誰にOEMしているの?ww BenQもOEM供給を受けている一社なのかなあ、、
誰か、ご存じの方、教えて、、m(_ _)m


# by hanchan-jp | 2017-03-14 12:33 | Comments(0)
動画撮影の外部レコーダーって持ってますか?
動画撮影の外部レコーダーって持ってますか? 自分はEOSが旧型の5Dmark2で、HDMI端子から外部レコーダー向けのHDのクリーンな映像信号が出ないために、買おうと思ったことがありませんでした。 しかし、自分がネオ一眼のDMC-FZ1000を持っていたことを思い出しました。まさか、、

DMCーFZ1000のHDMI出力端子はカメラ内部の録画を始めるとHDMI出力が無くなる、という仕様で、HDMI出力端子を使った外部モニター使用もできず、HDMI接続端子の存在も忘れていたくらいでした。 しかし、、「Atomos DMC-FZ1000」みたいな検索をしたら、外人が4K出力を外部レコーダーに入れて、大喜びしている動画が出てきました。そうだったのか、、

DMC-FZ1000本体の4K動画は、そんなにキレイじゃないのです。 ぱっと見はキレイでも4Kで拡大してみると、なんだか省略が多い。 しかし、、外人が喜んで撮ってる外部レコーダーの映像はかなりキレイに思えます。(上にリンクしたYouTube映像ですね。)すご。。

EOS 5Dmark2が動画対応してから、僕は業務でいっぱいいろんな動画を撮ってきたんですけど、自分の動画の画質の悪さについて、そんなに厳しい目でチェックしていませんでした。 今後はもう少しがんばろうと思います。。

# by hanchan-jp | 2017-03-11 22:45 | Comments(0)
無償アップデートしたWindows10 のクリーンインストール
スタジオで、撮影のためだけに使っているデスクトップPCが、不調になりました。
そのマシンのWindwos10のプロダクトキーのメモが見当たらずに焦りました。
そもそも、無かったんですww Windows8から試しに10にアップしたら、なんとなく動いちゃった、というままになっていて、Windwos10のプロダクトキーを所有してなかったという。

検索して

というソフトでプロダクトキーを調べました。キーを調べるソフトはいろいろあって、危ないのもありそうですけど、再インストール直前のPCがどうなってもいいので、あっさり入れましたw(リンク先のフリーバージョンは、安全だと思います。2017/3/11現在大丈夫よ!なんとかレジストリークリーナーとかは勝手に入らないから!ww)

もともと、Windows10のプロダクトキーを得るためには、一度は仮に10にアップする必要があって、その仮の状態だったことを思い出したのです。

Windows8から10に無償アップデートした、というマシンの10のクリーンインストール。
Windows10の最新のDVDーRをマイクロソフトのサイトからゲットします。
最新のDVDのISOファイル(ディスクイメージ)をDVD-Rに焼きます。またはUSBメモリーに書き込みます。 パソコン起動時にDVDまたはUSBドライブから起動するようにBIOS設定して、再起動すればWindowsのインストールが始まります。

クリーンインストールって、何度やっても気持ち良いですねww マシンがSSDになってからインストールは高速化して、負担は少なくなりました。 今回はなんと、PC側になにもバックアップとか保存すべきものもなく、さっきまで撮影に使っていたのを、いきなり、おもむろにシステムをフォーマットしてからのクリーンインストールですからね、、めったにないでしょ、そんなの、、ww

ブラウザーのChrome、音楽のiTunes、キヤノンの純正ソフト、そのくらい入れれば、もうだいたいセッティングは終了です。撮影をするためだけのPCだから、プリンタードライバーすらも要らない。フォトショップも要らない。。ww



# by hanchan-jp | 2017-03-11 22:28 | Comments(0)
4Kのプロジェクターの発表会 大画面ってやっぱり欲しい。。
a0032346_08030653.jpg
4Kのプロジェクターの発表会(BenQアンバサダー)のお誘いが。
いって来ました。ソニー本社のほぼ向かいのビルでw
a0032346_08030631.jpg
右の200インチが4Kで左の3枚は2Kなんだけど、、、
何度もいうけど2Kもめっちゃキレイなんですよw
プロジェクターの画質評価に、個人の視力もある。
私は視力は良いのです。十分な良い視力でも2Kでもキレイと
言い切れますよ。違いが顕著なのは2mより近づいたとき。
しかし、普通の人はプロジェクションの至近距離まで近づきません。
この発表会でも至近距離で堪能していたのはほぼ私だけですw
a0032346_09210190.jpg

まあしかしとにかく4Kプロジェクターとのご対面です。4Kプロジェクターには4K以上で制作された
最高レベルの映像ソースがインプットされています。この映像ソースを2Kプロジェクターに入れると、
「本気の2K」がどんだけすごいのかにも驚かされるわけです。
a0032346_08030786.jpg
4枚並べちゃいましたけど、とにかく4Kのプロジェクターから出てくるのは、ものすごい映像美です。
200インチを至近距離から見ても、全然キリリとしています。四隅も。最高レベルの映像と装置です。
a0032346_08030726.jpg
4Kエンハンスメント?って何?って検索したら
ライバルメーカー(EPSON)の40万円くらいの4Kプロジェクターのサイトがヒット。
なるほど、40万円くらいの4Kプロジェクターは2K(約200万画素)の3枚の液晶をずらして
「4K相当」と言う解像度を得ているようです。
BenQのこの製品は415万画素(4Kの半分)を超高速で切り替えて4Kを得ています。
デバイスの画素数をどう理解するか素人には難しいw
しかし、とても重要ですね。
説明では、他社の4Kエンハンスメント処理には色ズレやギザギザがあるけど、BenQのはキレイだよ、との事。
いや会場で、実際完璧な4K映像を目の前にしていると、説得力は絶大ですww
会場では他社のプロジェクターの比較展示は無かったのですけどね、、
今日現在
830万画素の鮮明な映像が再現されるBenQ HT8050は、
THX HD規格認証を受けた唯一のDLP 4K UHDホームシアタープロジェクターです。」
ってサイトで書いてあるけど、それほどの性能の4Kホームプロジェクターは他に無い、ということなんでしょう。
a0032346_08030794.jpg
よーし!じゃあうちもこれに決めた!って思うと、価格もさることながらサイズも!でかいですよw
自分がモニターした機種(写真右)に比べるととにかく大きい。
質問したら4Kの映像処理に必要な回路が大きいということと、放熱などの関係だとか。
(すみません、正確でないけど、そんなような回答だった。)
性能も価格もいろんな要素が桁違いの4Kプロジェクター。。
言っておきますが、2Kプロジェクターでも本当に幸せになれます!w
しかし、まあ、今はともかく、遅くとも2020年のオリンピックまでには、
プロジェクターも4Kになっていたほうが、幸福感は高まるでしょう。
4Kの放送とかチューナーも増えていることでしょうし。

例えば、VRゴーグルの没入感って
家族とかカップルでなかなか共有しづらいんだけど、
大画面を近接で見るのって、没入感があるんです。
なので、ゲーミングでもVRコンテンツでも、大画面ってやっぱり欲しいですね。

# by hanchan-jp | 2017-03-05 10:25 | Comments(0)
80インチとか100インチ程度で大画面を語るんじゃねえよ!」と言われた気がww
a0032346_17561487.jpg
#BenQアンバサダー でお借りしていた、ホームシアタープロジェクター HT1070を返却する日が来ました。最後に、いつものスタジオモニターとの画面の大きさを、スタジオで比較してみました。いえ、こんなんじゃなく、もっと全然「大画面」に投影できることがわかって、びっくりしましたwww

 「80インチとか100インチ程度で大画面を語るんじゃねえよ!」と言われた気がしましたww 300インチまで行くんですww 

でっかく投影すればもっともっと、大それた遊びになりそうです。ホームシアターのある暮らし、巨大な壁面をぜひリビングに!ww

あー、欲しい。シアターが! シアターがあると、楽しいです。リビングが。地デジでも。 BenQさん、ありがとうございました!

# by hanchan-jp | 2017-01-25 17:56 | Comments(1)
ShutterSnitch パナソニックのカメラとスマホを直接接続撮影できた

iPad用撮影データ表示アプリ、ShutterSnitchで パナソニックのカメラと、直接、接続撮影できました。

パナソニック純正アプリでの接続だと、アシスタント・デザイナー・ライター・クライアントに撮影状態を見せながらのテザー撮影ができません。カメラを操作すると撮影リモート(撮影モードへの移行)になっちゃうからです。 ShutterSnitchだと、アシスタントにライブビューを見せること無く、結果のjpegだけを都度転送(数秒後に届いて全画面表示)できて、アシスタントとか編集者が、前後に戻ったり、レーティングしたりしながら撮影がすすめられるのです(分業)が、今回、パナソニックFZ1000でそれができることを確認しました。きっとGHシリーズでも同じことができるでしょう。知らんかったです。。自分の仕事のスタイルにパナソニック機が対応できることを知って驚愕。 AF撮影での仕事ができそう!


<まずはカメラ側の操作>
Wi-Fi>Wi-Fi機能>新規に接続する>撮影中に画像を送る>スマートフォン>直接接続>手動接続

<つぎにiPadの操作>
Wi-Fi>カメラの名前が出ているので(私の場合はFZ1000-A38EEE)を選ぶ>インフォメーション「i」をタップ>ルーターの下のDNS欄を、ルーターと同じ値にインプット(私の場合はルーター欄が192.168.54.1なので、それと同じ値をインプットした)

Shutter Snitchの立ち上げ コレクションビュー 「+」(新しいコレクションを作る)
a0032346_11131333.jpg
<カメラ側>
「ネットワーク内の機器を選んでください」の「ShutterSnitch xxx」(xxxは端末の名前)を選ぶ
「接続完了しました」 の画面が出て 画面にWi-Fiマーク、本体のWi-Fiランプ点灯で撮影待機

<iPad側> 時折、画面の上部、IPアドレス等が表示されるところに「DLNAに接続」と出る

これで、カメラのシャッターを押すと、JPEGがシャッターを押すたびに、都度数秒後に転送されて、「転送しながら撮影」ができます。

注意としては、iPadのLTE通信(モバイルデータ通信)にならないようにオフにすると安定するのと、
カメラのスリープとかで別のWi-Fiをつかんでしまったときは、慌てずに、ipad側の設定>Wi-Fiからカメラ名を選び直してあげることです。

※ShutterSnitchのフォーラムにありました。カメラが日本語操作なので理解しづらいけどww そこは気合でw
https://www.shuttersnitch.com/forums/viewtopic.php?f=36&t=1418

# by hanchan-jp | 2017-01-15 11:09 | Comments(0)
よーし、4K放送をプロジェクター HT1070にぶち込んでみよう!と思い立ちました。
a0032346_20164458.jpg
#BenQアンバサダー で、ホームシアタープロジェクター HT1070を試用しているのですが、大画面ゆえにカメラマンのミスのピンぼけや、カメラによる画質の違いに敏感になります。 正面のカメラは超高画質だけど、舞台上のクレーンの小型カメラはなんだか2Kっぽい感じとか!w テレビ局の収録カメラ体制の違いがあるのかなーと感じます。NHKの紅白は4K・8Kカメラ収録なのか?めっちゃくちゃ高画質。しかし、そうでもないチャンネルもあります。(ただし、これは私が長野県在住で、地方局による再配信のインフラが悪くて、特に民放の地上波は画質が劣化している可能性もあるのかも。)

そっか! よーし、いっそのこと、4K放送をプロジェクターに
ぶち込んでみよう!と思い立ちました! どうなるのでしょう! きっと、プロジェクターの性能を限界まで発揮できるのでは!と。
がしかし!wwうーむ、そうか、、HDMI接続が、著作権処理のHDCP2.2に対応してないんだって、、えーんえーんww 2Kの放送も十分キレイと思える放送もあるので、プロジェクターの性能的には80インチ投影程度では十分満足なんですけどね。 HDCP2.2対応さえしていてくれたら良かったのになあ。。 BenQさん、4K対応バージョンが出たらぜひぜひ(^o^)
あー、発表されてた。。66万円、2月24日発売、本体重量約15キログラム! これは全然別物だわ!大汗


# by hanchan-jp | 2017-01-13 20:11 | Comments(0)
プロジェクターにMacをつないで、「秒速5センチメートル」
a0032346_09145060.jpg
#BenQアンバサダー
で、ホームシアタープロジェクター HT1070を試用しているのですが、Amazonプライムでビデオを見てみよう、ということで、プロジェクターにMacをつないで、「秒速5センチメートル」を。予想はしていたけど、少し問題発生。ノートPCからプレゼンのときみたいに普通に「ミラーリング」とかで接続しても、画面の複製になってしまうから?だろうか? 著作権処理だと思われる動作でノートのMacからは再生が止まってしまいます。再スタートしない。面倒なので再生機をMacミニに変更。無事にAmazonビデオを再生できました。 
a0032346_10091899.jpg
プロジェクターの大画面で見る映画の没入感は、やっぱり良いですね。 プロジェクターで映画が表示されると、リビングが「そういう雰囲気」になります。プロジェクターが来て二週間。だんだん目が慣れてきました。画面に近づいてよーく見ると、1920✕1080ドット、と思われる格子が見えます。4Kのプロジェクションだとこれがさらに細かくなるのでしょう。 とにかくキリリとした解像感、レンズや光学系の精度は素晴らしいと感じます。
a0032346_10190887.jpg
モニター期間はあと20日。プロジェクターのない生活に戻れるのだろうかw。


# by hanchan-jp | 2017-01-09 10:27 | Comments(0)
It's a Sony展で幻の製品に涙する48歳。
a0032346_00082455.jpg
中学の頃、放送委員でビデオ撮影をやった。放送室にはベータマックスの他に、オープリンリールのビデオもUマチックもあって、校内のスタジオは白黒カメラだったので白黒放送でした。(リアル昭和です。)このF1がデッキ部で、これの操作感覚は、はっきりと覚えているし、この操作パネルを見ていたら、涙が出てきた。懐かしすぎるって。ベータマックス。
a0032346_00082341.jpg
このイヤーパッドの色が、、ボロボロに崩れずに、残っているのが神なのです。(通常使用していた場合は、素材の劣化で崩壊して残ってない。)
a0032346_00082281.jpg
トライジー、というラテカセ。これぞ、本当に欲しかった、出会いたかった品。 ソニーの展示でこれを見たのは僕は初めてでした。だから30年ぶりに見た。
a0032346_00082184.jpg
ソニーロゴが使われる前のソニー製品は、本当に貴重。ガラス越しが基本と思っていたのに、目の前にあった。 資料ではよく出てくる、有名なラジオ。
a0032346_00082591.jpg
家族に「ソニービルは、まずは最上階にエレベータで登って、上から階段を下るに限るんだ。(楽だから。老人だからでなく、若い社員当時からそう思っていたからいいのw)上からなんだ!」と、わけもわからない人をまず最上階へ連れて行った。 なので展示は逆順で見てしまった。


# by hanchan-jp | 2017-01-06 00:11 | Comments(0)