新プリンター5V2の主に色域を見るための比較をしてみました。
a0032346_17124093.jpg
エプソンの最新最強プリンター5V2と、その前のモデル5Vの主に色域を見るための比較をしてみました。(添付は不正確なスキャンでして、しかも残念ながらsRGB化しており、単なるイメージです)
印刷したものは、緑色が、sRGBでは表現できないもの、赤色がちょっとシビアな着物の赤です。

まずICCプロファイル指定印刷がどちらの機種もタイトな感じでした。なので、「プリンタードライバーによるAdobeRGB指定」でベストを比較します。

そして、緑も赤も、旧型5Vよりも新型5V2のほうが色域として余裕がある、そのように感じる結果になりました。

この事は、少し印刷すると、あれ?あれれ?というくらい違います。Macでそうなったので、今回Windowsでやり直してみて、やっぱりそうかなと思いました。あくまでこのテストの色についてです。

メーカーのPRでは「シャドーがいい」というような事を言っていた気がしますが、私の感触ではその他にもあちこちの色域が(ドライバーによる印刷時において)広がっているのではないかなと感想を持ちました。

我々は仕事でプリンターを使っていて、5Vと7Vの2台でやってきました。その2台はそれぞれ持ち味があります。7Vはマットブラックのインクチェンジがない、というところが最強で幅広い印刷ができます。ただし色の正確性はちょっと難しい。ダイナミックに刷れますけれども。

5Vは色の正確性(色域変換)が良く、そして故障が極めて少ない優秀なプリンターでした。いえ過去形ではありません。今でも最高です。

5V2はその5Vとほぼ同じようなプリンターだと感じます。ざっくりくらべて、特に肉眼で(笑)比べて違いが出ないっしょ!的なところも私は感じました。しかし、違いが出ないといいつつ、実は微妙に違うんですよね。。誤差かなぁ、という部分と、今回のテストのように色域について「頭打ち」的な諦めていた色飽和に強い。

今までは飽和と思ってなかった。それがインクジェットプリンターの限界だと思っていた。それを5V2は少し超える。その少しの差に期待するならば、、、 今後いろいろ本番で使うと、またいろいろ気づくかも。

お待たせしました、SC-PX5VⅡ登場!!(エプソンプロセレクションブログ) ←昨年9月に発表された最強のインクジェットプリンター 
by hanchan-jp | 2015-04-11 17:31 | Comments(3)
Commented by PLIE at 2015-04-11 17:47 x
EPSONのインクジェットプリンタ初代機から購入している私です。
色域飽和なんて事よりも
きちんと sRGB領域内を印刷できるマシンの方がよっぼと利用価値が高いと思います。
ほとんど全ての結婚写真で初めてストロボ配下で撮られる花嫁さんは多いものです。
しかし、彼女達の肌の色の再現が、10万そこいらのインクジェットプリンタでは、
ほぼ壊滅的に表現できません。

お勧めは唯一EPSONの10色プリンタですよ。
それさえあれば、とりあえず色に関しては、Maxで、あれやこれや考える必要性がなくなります。
Commented by hanchan-jp at 2015-04-11 18:11
PLIEさん、エプソンの10色機、ってなんだろう、、大判機? 画面の肌色がプリントで出ないということですよね?
Commented by PLIE at 2015-04-11 18:45 x
私のサイトで
2012年10月23日の日記から 各種評価していますので 参考にしてみてください。

通常のインクジェットでは、ほとんど、女性の高彩度
例えば L=90 a=b=15
なんて普通の肌色ですが 印刷できませんから 安心してください。

一生に一度の写真を撮られる彼女達の写真をー適正に印刷するのはカメラマンのミッションだと
思います。
<< PLIEさんへ、その肌色って ソニー ヘッドホンケーブル M... >>