「ほっ」と。キャンペーン
レンタル代で買えるくらいの格安のストロボ NEEWER TT560
a0032346_06520971.jpg

電池駆動のストロボが1台壊れたが、お金がなく(1台5万円くらい)、レンタルしようと思ったら(注:電池ストロボのような常時必要なものがレンタルというのはありえない(T_T))、「レンタル代で買えるくらいの格安のストロボ」を思い出して、3454円で買いました。 
(1)色温度がやけに高い(7000K/フルパワー時)なので写真の薄い色温度変換フィルターをつけて純正と同じ5900Kにしました。
(2)光を小さく絞るとどんどん色温度が下がる・下がりすぎじゃないのか!
(3)ヘッドを動かすとき、カチッカチッと音が派手で安っぽく、嫌だ
(4)照射範囲をズーミングできないのは、やっぱりなんか嫌
(5)形状が同じなので期待されたキヤノン純正外部バッテリーは、光らない

などなど、まあちょっと純正などとは品質が違いますが、

(1)単純明快な操作部
(2)なんか軽い!
(3)光学スレーブ作動が気軽
(4)なによりめちゃめちゃに安い 6個買って2万円!

など、良いところも多く、3454円で手に入るストロボとしては満足であります。

追記:しかし、実際使ってみると、色をかぶせる色温度変換フィルターを通過した光は、演色性がストレートでなく、いつもより不安な仕上がりになる気がします。ww かぶせるのではなく、特定波長を吸収するような高級フィルターもあるようだが、、、

追記:やっぱり画像を整理していて、このようなイレギュラーな光を混ぜるのは良くない。目指す精度によるけど、こんなのは緊急用で、ちゃんとそれなりのストボを使わないとだめだ。

by hanchan-jp | 2016-01-16 06:57 | Comments(0)
<< 銀一の色温度変換フィルター(ロ... このトーク、タイトルがものすご... >>