これが見せたいという欲望が大切。

360パノラマ写真をいろいろ見ていて、空間全体を引きで撮る、空間記録が多いなあと思ってた。カメラマンだけでなく、誰もいないのが多い。 そんな中で、美女が微笑みかけてくれる360パノラマ写真を発見。これらの写真のすごいところは、これらの写真の美女は、カメラマンにではなく、無機的な360度カメラ向かって微笑みかけていること。加えて、作品8点全てに、おそらくカメラマンは写り込んでいないこと。どこに隠れているのか、巧みですね。。 自分はまだ本格的に撮影してないけど、画質とかを含めて、これを越えるものを撮るのは大変に思える。どんな写真でも本質的に同じかもしれないけど、「魅せたいもの」に寄ることが大事です。美女を360カメラに周りに配置したこんな写真は、ひとつの理想の絵柄です。 普通のスチル写真でも360度でも、これが見たい、これが見せたいという欲望が大切だと思いました。
by hanchan-jp | 2017-03-15 19:03 | Comments(0)
<< 没入型ジャーナリズム。うん、そ... シャッターを押す、それしか操作... >>