「ほっ」と。キャンペーン
<   2004年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧
新聞を読む時間=至福の時
a0032346_17573852.jpg自分は新聞を読むのが好きだ。しかし読む時間がない。今日久しぶりに読んだ。うれしかった!

ちょっと極端な書き方だったけど、最近ほんと新聞が読めない。読み始めて途中になってる無惨な新聞もしょっちゅう。(あかちゃんに呼び出されてしまうから中断しちゃうのだ。)

自分にとって新聞を読む時間は思いを巡らす瞬間だと感じる。気持ちが落ち着かないときには新聞を広げる意味があまりなく、記事を読みながら「はー、ははー、、、」などと考えるのが一種の「至福の時」。日経新聞の他に、日経業新聞も併読しているのは「新聞フリーク」の証。さらにこのほかに家族が最近「読売新聞」まで購読を開始して(!)3紙併読という怒濤の様相になっているのであるが、しかしさすがに自分の日経新聞ですら読めずに溜まっているのだから、読売新聞に手を出したことはほとんどない。

当然だが、新聞が読めてないなら、テレビも見られてない。そんな生活だから、オリンピックが始まってからしばらく、自分はそれに気付いてなかった。(<重症です!)
by hanchan-jp | 2004-08-22 18:04 | Comments(2)
見栄とハッタリの価値
「見栄とハッタリの価値」は最近大暴落したと思う。(思うよね、そうだよね!<とかいっても、唐突すぎてなかなか反応得られないとおもうのだが。)

自分なんてバブル世代とか言われる年代で、高級ブランドとかステータスうんぬんみたいなことが好きだったと思う。でも三菱自動車の不正とか、「まさかあなたが?」みたいな人や企業がインチキとかデタラメで生きながらえていた実態を目の当たりにして、正直にやる、とかコンシャスに生きることの美徳っていいよねって思う。

風を切ってかっこよくさっそうと生きる、というよりも、みんなで協力して盛り上がっていきたい、という気分なのである。自分だけ勝ちたいというのではなく、みんなの勝ちムードの中で一緒に勝ちたい、という感じかな。地球規模で言えば、地球みんなで盛り上がる、ということか。(それって市場経済においてあり得ないのでしたっけ???)

a0032346_23223235.jpgところで、先日クレジットカードの会社から、非接触ICカードへの移行に伴ってカードの読み書きをするためのアダプタが送られてきた。3年くらい前にも一旦これが自宅に送られてきたことがあったけどその頃は世の中にまるっきり普及してなかった。今回のはJRのスイカが読めるみたいだし、携帯でも「お財布携帯」とかいって盛り上がっているから少しだけ期待。

でも、すでにETCカードとか類似の電子マネーカードが手元に増えて、結構煩雑になっているのも事実。(今週このソニーの電子マネーシステムの対抗馬のNTT系の電子マネーカード&リーダーも自宅に届くのであります。ううむ文章化するだけでもうんざり感たかい。)
by hanchan-jp | 2004-08-18 23:37 | Comments(0)
フィッシュアイレンズ
コンパクトデジカメに、セミフィッシュアイレンズをつけて使っている。
a0032346_0432837.jpg
異様に大きなレンズとなるが、写り具合がかなりおもしろくてイイ!のであります。
a0032346_044366.jpg
このレンズで撮ると、、、、
a0032346_047261.jpg
空がどーんと広く写る。とてもよろしい。
by hanchan-jp | 2004-08-18 00:50 | Comments(0)
炎天下ライディング
今日は涼しい信州からひとり、炎天下の中をバイクで戻ってきた。お盆の帰省と反対方向だったためか、妙にすいている区間もありはじめて「川越→狭山→八王子→相模原→横浜」のR16区間を下道だけで通過することに成功した。たまに使って「なんじゃこりゃ!」とがっかりすることが多かったあの八王子バイパス(有料)は、実はかなり有益なルートだってこともわかった。
a0032346_23413681.jpg
自分のバイクはレーサータイプゆえに積載性が悪く、大きめのノートPCがうまく積めない。よって今回は自分のメインのノートPCを信州に置いたまま横浜に戻ってくるという、なんだか不安な帰宅になった。

帰宅していつも使ってないほうのPCに電源を入れてメールチェックをする。自分がノートPCで受信していたメールと同じものがどーんと来て、まるでいつものPCから返事しているみたいに会話が再開された。場所や道具が別でも、コミュニケーションはいつもと変わらず存在していた。「ユビキタスな感じ」がした。あんな猛暑の中、時には違法なスピードも出しながら必死のライディングで移動したのに、帰宅してメールのチェックと返信からスタートするのですな。

あれ、ひとつケーブルを忘れてきた。カメラの中の写真データがPCに吸い上げられない・・・・。ああ、たった一本のケーブルに思いをはせるこの感じ、、、真のユビキタニスト(<勝手な造語です)になれる日は遠い。
by hanchan-jp | 2004-08-12 23:47 | Comments(5)
ポリシーとか信念とか
ポリシーとか信念とか最近考えたことはなく、とかくいつも流されるように生きている。テレビのワイドショーとか週刊誌のスキャンダル記事とか悪いソースなどには動揺したり翻弄されたりするので、極力触れないようにしている。「勝手なる平和主義」ってな感じかな。いやもしかすると「独善的」(自分だけが正しいと信じ込んで行動する態度。ひとりよがり。>by辞書)ってことになるのかもしれない。現物のボクに触れたことのある人ならそのマイペースな感じに好感も反感も両方感じるかもしれない。

しかしそんな流される自分の中に最近ベンチマークとしていつもあかちゃんがいる。a0032346_155250.jpg
あかちゃんは本能的に生きていて、まだ善意も悪意も戦略性もかけひきもなにも持ってない。しかし意外と敏感に空気を感じて、イヤだとすぐに泣く。書店の雑誌の接着剤の刺激臭が大嫌いだし、よどんだ空気、あたふたして落ち着かない雰囲気もキライっぽい。

妙に気合いを入れて「これがオレの信念だ!」なんて不自然に生きるよりも、あえてなすがままに流されるように生きてみるのもまたいいのかな。そんなポリシーのない生き方でどうする!なんて誰かに一喝されそうだけど、考え方が凝り固まってしまっているよりは、そのときその時代になにかを感じとりながら今にふさわしい生き方とか心のあり方を探していくのもいいのかな。

ある程度自分勝手に生きてみたり、逆にある程度自分を失う程に周囲に気を遣ってみたり、とにかく一貫性がなく落ち着かない恥ずかしい状態であったりしても、それはそれで良かったりするのかもしれない。えーとつまりは「のびのびと自由に生きる」ってひとことで良いのかな。(<よく子供の教育現場で出てきそうなフレーズですね。)じゃあ次回のテーマは「のびのびと自由に写真をとってみようよ」ってことで、自分への宿題にしてみよう。(夏休みですからあえて「宿題」に。)
by hanchan-jp | 2004-08-10 02:08 | Comments(0)