「ほっ」と。キャンペーン
<   2005年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
マザーボードを破損から守れ
a0032346_220614.jpg
あかちゃんの様子がまた変わってきた。自分の希望、やりたいこと、意志を表現するようになってきた。特にパソコンに触りたい時は強烈だ。触らせてもらえないときの不満の爆発はすごい。

家族が言う。「だから、ダメなものは最初からダメって教えないから後で困るんじゃない。」

うーむ。あれダメ、これダメ、みたいなのって、まだ分からないだろうしと思っていたけど。そろそろ「教育」を開始してもいいのかな。

ダメ、とかイケマセンとか言うのは、合理的だ。しかし一日中ずーっと「だめ!」とか言い続ける親にもなりうる。(実際いる)

ダメの理由は大体大人の都合だったりする。あれもダメ、これもダメと言われてなにもさせてもらえないと、あかちゃんは本当になにもすることがなくなる。「このおもちゃで遊びなさい」という風に規定したりしても良いのだろうか。発想が貧困すぎないだろうか。

あかちゃんに限らず、コドモの発想の柔軟性には驚かされる。よく観察していれば、身の回りのあらゆるものをおもちゃのようにして手にとって遊んでみたりする。そんなものが面白いのかい?と思うようなものも、一旦はターゲットにする。

うちのあかちゃんのお気に入りの遊びに「お仕事」というのがある。雑誌類が横積みになっている棚からすべての雑誌を床に落とす。それを始めると家族は「あー、またお仕事が始まった!」と言って見守る。とにかくすべて落とせば終了。一日何度かそれをやる。

それから、おもちゃ箱は基本として、戸棚をあけて中のモノをすべて取り出すのも彼の「お仕事」だ。それも彼の脳を鍛える重要な「仕事」として認知されているので、我が家では公認の遊びである。

しかしながら、パソコン関連はややこしい。パソコンのキーボードは、パソコンの電源オフの状態ではダメで、ちゃんと電源が入っていないと怒り出す。そしてとにかく強くバンバン叩く。これはホントまずい。キーボードの下には、マザーボードという心臓部があって、それを強打するのは深刻なトラブルを招いてしまう。しかし「だーめ!」とかいいながらパソコンを遠ざけるといわゆる「かんしゃく」を起こす。うーむ。

ここで今後自分がとれる行動は2種類だ。

(手法1)パソコンは一切触らせない。
(手法2)強打はダメ、やさしくして、と教える。(<ううむ)

どっちなのだろう。仮に2ヶ月後にキーボードを優しくタッチするようになってくれていれば、問題は解決、大変な進歩となるに違いない。
by hanchan-jp | 2005-02-27 22:22 | Comments(0)
泊まり込みで・・・
都内某所に二泊三日、泊まり込みで撮影をやりました。最近のボクは体調のこともあり、すぐにへろへろになりやすいのですが、本来写真を生業とするカメラマンならば、毎日8時間とか撮影しても耐えられるはずなので、そういう意味でボクはホントにダメダメであります。今回の撮影で唯一ヒットだったのは、「本当は濡らしたら台無しになっちゃうあの製品が、濡れてもへっちゃらの画期的新技術で登場!」っていうのを写真で表現しよう、ってやつ。企画(発案)を出して撮影を開始して画像処理(合成)もその場でやって「おー!!」っていうかんじ。やってみて意外性とか驚きとか喜びを共有できる仕事ができるとうれしい、って思います。

今回の都内の仕事の写真じゃないのだけど、先日の写真。
a0032346_2174862.jpg
製品の特徴的なカタチを、ブランドのロゴマークとして繰り返してみたもの。
これを撮影して持っていったときも「意外性&驚き&喜び」を共有できてボクもうれしかった。「一枚の写真がブランドイメージに変化を与えたり、ビジネスに影響を与えたり、とても大きな意味を持つ事があるんですよ、はんださん!」ってなことを昨日言われたのだけど、マーケティングと写真が両方できるカメラマン、ってな感じの自分の場所(と能力)が確立できれば最高なのになぁ。
by hanchan-jp | 2005-02-24 23:18 | Comments(0)
背筋、あります
a0032346_2145583.jpg
おお、背筋ありますねー。
(撮影カメラはEOS 20D EF50F1.4 鉄アレイ(持ち上げカメラ)はEOS10D EF100macroUSM)

最近1キロを超えるものも、持ち上げているようです。たいしたもんです。

いままで「誰か誘ってくれないのかなぁ、、、、」とその存在のウワサは知りつつも入れないでいたソーシャルネットワーキングサービス(SNS)。友達が少ないボクだからなぁ、、、仕方ないということも(!)あるが、ようやく後輩が誘ってくれた。(めでたし) それで初めてその世界を覗いてみて瞬時に面白さがわかった。友達の紹介のメールではじめてその世界に入れる。ボクもそれでは、と自分の友達を「紹介する」。紹介の文章を互いに書き合ってお互いを確認する。お互いの近況とかお互いの友達、嗜好などがよく分かる。そのようなページが人と人の友達の網(WEB)でぜーんぶつながっているのだから、あー、これは実にインターネット的なアプリケーションだな、と思った。それからこのサービスのすごさは全員が実名でやっていることだ。「インターネット=匿名」みたいなへんな縛りがあって「とても怖いところ」というイメージすら最近はつきまとっていてイヤだな(だからボクは実名も電話番号も入れている!のだけど)と思っていたのだけど、今回のサービス(SNS)ではとにかくみんな実名だし、どの会社とか、どの学校とか、あっけらかんとみんな書いてある。どうしてなんだろう。安全が保証されているのだろうか?(笑)でも、「インターネット=怖いところ」みたいな疑いが消えてくれば本当に生活に浸透したごく普通の「場」になるのだろうなーと思う。

今日はひさしぶりにネットの世界に没頭したような気がしましたよ。
by hanchan-jp | 2005-02-15 21:47 | Comments(0)
背筋、あります
a0032346_14531658.jpg
おお、背筋ありますねー。
(撮影カメラはEOS 20D EF50F1.4 鉄アレイ(持ち上げカメラ)はEOS10D EF100macroUSM)

最近1キロを超えるものも、持ち上げているようです。たいしたもんです。

いままで「誰か誘ってくれないのかなぁ、、、、」とその存在のウワサは知りつつも入れないでいたソーシャルネットワーキングサービス(SNS)。友達が少ないボクだからなぁ、、、仕方ないということも(!)あるが、ようやく後輩が誘ってくれた。(めでたし) それで初めてその世界を覗いてみて瞬時に面白さがわかった。友達の紹介のメールではじめてその世界に入れる。ボクもそれでは、と自分の友達を「紹介する」。紹介の文章を互いに書き合ってお互いを確認する。お互いの近況とかお互いの友達、嗜好などがよく分かる。そのようなページが人と人の友達の網(WEB)でぜーんぶつながっているのだから、あー、これは実にインターネット的なアプリケーションだな、と思った。それからこのサービスのすごさは全員が実名でやっていることだ。「インターネット=匿名」みたいなへんな縛りがあって「とても怖いところ」というイメージすら最近はつきまとっていてイヤだな(だからボクは実名も電話番号も入れている!のだけど)と思っていたのだけど、今回のサービス(SNS)ではとにかくみんな実名だし、どの会社とか、どの学校とか、あっけらかんとみんな書いてある。どうしてなんだろう。安全が保証されているのだろうか?(笑)でも、「インターネット=怖いところ」みたいな疑いが消えてくれば本当に生活に浸透したごく普通の「場」になるのだろうなーと思う。

今日はひさしぶりにネットの世界に没頭したような気がしましたよ。
by hanchan-jp | 2005-02-15 21:47 | Comments(0)
ブログ引っ越しします。→so-netブログへ
突然ですが、ブログ引っ越しすることにしました。→so-netブログ

引っ越しをしようかな、って思ってから作成まで15分くらいとは、、、実行にうつしてみれば今までのエキサイトブログへの忠誠心?みたいなのって、なんだったのだろう、って感じだなぁ。。。(しみじみ)でも、使いやすさとなぜか文章が書きやすいのがエキサイトブログの良さだと思う。なぜ書きやすいのかは、よくわからない。(文書入力スペースの幅の狭さがちょうど良いのかも!)
by hanchan-jp | 2005-02-10 02:30 | Comments(2)
あかちゃんのピアノは
a0032346_211377.jpg
今日もあかちゃんをおんぶして山に登って夕焼けを撮影してみました。
a0032346_212186.jpg
あかちゃんのピアノは、少し弾き方が変わってきた。今まで大喜びでバンバンたたくだけだったのに、ぽろん、ぽろんと音を一つずつ出すこともするようになってきた。ピアノのある部屋にいっしょに行こうとするだけで、足をバタバタさせて大喜びする。実はピアノも楽しいが、その後の「メトロノーム遊び」こそが、最高に楽しいクライマックスだったりするのだが、そのメトロノーム遊びとはいったいなんなのか、、、それはまた次の機会に。
by hanchan-jp | 2005-02-10 02:18 | Comments(0)
劇薬ゆえに
やりたい仕事、やらねばならぬ仕事がありながら、仕事をする時間がとれずにダウンして数日。ようやくボクが思い切り仕事をできる体制が整備された。詳しく書けばいろいろあるが、おおざっぱにいえば、あかちゃんが寝ている夜中に思い切りマシンを広げてやる、というもの。つまり徹夜仕事をおおっぴらにやった。やりまくった。やらせてもらいました!(笑)意図的に数日間の昼夜逆転させて過ごしたのは初めての経験。しかし仕事はみるみるすすんだ。ヨカッター。あと数日でずーっとかかってたあの仕事がようやく完了!

a0032346_285034.jpg明け方まで仕事をして、家族が起きてくるとボクは片づけて寝る。お昼頃になると起きてきて、そこからはあかちゃんの相手。

あかちゃんは10ヶ月。おかゆでなく、ごく普通のご飯を食べられるようになった。テーブルに落ちたご飯つぶを一粒一粒丹念に拾って食べるのが面白い。次から次へとスプーンであげているのだけれど、もったいないとかそういう気持ちがあるのだとしたらいいな。(<ないだろ。)そういう気持ちはこの豊かな時代でも忘れてはならないことだし、むしろ努めて大人から率先して食べ物とかいろいろ大切にする姿勢をみせたい。。。。(なかなか難しいね。)

テレビのリモコン、携帯電話、固定電話の子機、これがあかちゃんにとっての三種の神器かな。テレビのリモコンはよく観察すればいつも決まったボタンを押し、押してから画面の反応をうかがっているようだ。それじゃいっそのこと、と、電源ボタンはこれだよ、とか教えてみることに。(しかしさすがにまだ覚えられない。)

携帯電話は、着メロがお気に入りなのだが、ボタンをむやみに押すと着メロの再生が止まってしまうことまでは覚えたらしい。最近はボタンに触れないようにうまく携帯を触るようになってきた。だからある程度安心して渡せる。(しかしあくまで「ある程度」だ。)

固定電話の子機は、ごく最近偶然手に渡ってしまった。固定電話のワイヤレス子機はボタンの光が明るいし、音がするし、刺激が強すぎる。しかも「119」「110」など簡単な3つのボタンで緊急発信までできてしまうスリリングな機能まである。劇薬ゆえに、これだけは絶対に手の届くところには置けない逸品なのである。
by hanchan-jp | 2005-02-08 02:20 | Comments(0)