「ほっ」と。キャンペーン
<   2005年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧
でじたるなんでも屋
a0032346_1573152.jpg
昨日作成して、今日納品したダイレクトメール。撮影したボクがそのままDMのデザインまでやって出力して納品してしまった。まさにデジタル何でも屋だなー、とやりながら思った。
a0032346_1574576.jpg
こっちはA1サイズのパネル貼り。先日撮影してデザインしたものを、大伸しして貼り付ける。実はA3プリンターで出力したのを貼り合わせしているので、とても地道で細かい作業でもあります。

カメラマンがデザインからパネル貼りまで(!)やっとります。おー、まさに何でも屋だな!

都会だとそれぞれの仕事に専門家がたくさんいるのだけど、地方ゆえに、「なんでも屋」みたいな人がいれば便利だと思う。
a0032346_158266.jpg
この仕事の一番良いところは、出来上がったときに必ず相手に感謝されること。喜ばれたり感謝されたりしながら、代金もいただける。とてもわかりやすい。そこが良いのですね。こんな感じのことを長くながーく続けていけたらたぶんすごく幸せだと思う。
by hanchan-jp | 2005-03-23 23:55 | Comments(0)
バースデイにケーキより点滴
a0032346_1561716.jpg
3月20日はユウキくんの1歳の誕生日。同時にママはママになった記念日。パパはパパになった記念日でもある。ユウキくん本人の体調不良の中急ぎパーティーをした中の写真でした。このあとすぐに病院に行って60分程の点滴。バースデイにケーキより点滴とは気の毒なユウキくんでした。
by hanchan-jp | 2005-03-21 02:28 | Comments(0)
仮設スタジオの図をふたつ
a0032346_1543088.jpg
これは、私がときどき出張して撮影している特設(仮設とも言う)スタジオなんです。スタジオ?!と思うかもしれませんが、歴史ある呉服店の2F。1Fで着付けをしたお客様が2Fに上がって撮影ができる、ということをすべてデジタルでできないかというお話をいただいたのが11月。それから様々な試行錯誤をしてこのような状態になっています。撮影した写真がリアルタイムでパソコンに転送されて画面で確認しながらナットクのいく写真をみんなで創り出す。従来写された人は数週後に届いた写真を見て一喜一憂してたのですが、デジタルの場合は現場で一喜一憂&安心&満足して一日が終わるということで、みんなの精神衛生上にもgoodなわけです。

実はデジタルカメラ(データ)の性能の極限(頂点)を極めた出力(プリント)を得るためには、タイヘンに苦労してしまったのです。今日東京に行って写真館の人向けのセミナーに出席してきたのですが、そこではまさにボクが苦労して習得したエッセンスがところどころに出てきていました。あの頃この話を知っていたらなぁ、と思わされることが多かった。出席者70名の中にはちょうど今のボクと同じような境遇の人もいたらしく、デジタル写真館の世界は「意外な方向からの力学」がもしかしたら働いているのかも、、、、と思ったり。

先日、「証明写真も撮れますか?」というお客様がいらしたときに、わざわざ全身撮影用の2Fスタジオを使うことになってしまったので、それは大げさだという話になって、自分らのとても小さな店舗内にこのような急ごしらえの証明写真セットを組んでみた。
a0032346_1544826.jpg
うーん、雑然としているし、色々恥ずかしいのだが、ちゃんと証明写真はクリアに撮影可能にはなりました。(ちなみに、ストロボは左右ともに電池でも動く小型のストロボを使っています。)←デジタル時代っぽく。
by hanchan-jp | 2005-03-17 23:42 | Comments(0)
11か月児、スプーンで食べる練習中。
今日、他の人の育児ブログを見ていたら、「カメラ恐怖症」になってしまった2歳の娘の笑顔写真が残せない、っていうママの日記があった。幸いうちのユウキクンには、そのような兆候は全くない。
a0032346_1525382.jpg
たとえば今日はこんな感じで連写三昧でわずか10分の間に150枚。(汗)そんなにしつこく撮られたらタイヘン?!

最初ヨーグルトをあげていたのだけど、そしたらボクが持っているスプーンを奪いとろうとして暴れはじめた。こういう場合別のあそび用スプーンを渡して気をそらすのが常套手段なのだが、ボクは試しにボクの使ってたのを渡してしまった。そしたらうまく口に運べないし、スプーンを振り回してあたりにヨーグルトをまき散らしてしまうし、ひどい。しかしまき散らされたヨーグルトを「無言で」ガマンしてふきながら見守っていたら、次第にちゃんとヨーグルトが食べられるようになっていくではありませんか!

ヨーグルトをほぼ完食した後おもむろに振り返ると今度はこたつ板の上に密かに用意してあったご飯のお椀めがけてすぐにスプーンをさして自らお召し上がり開始。すごい、やる気っていうか食に対する行動力がすばらしいと感動したので、すぐにカメラを持ちに行って夢中でシャッターを切った、というわけであります。

調子に乗って連写したために、ほぼビデオ撮影のような状態に。(だったらビデオで撮れよ、というのはなしで)
a0032346_1531058.jpg
しかし、スプーンの使い方がヘタなユウキ君の食事につきあうのは、とてもパワーがいることであります。現場写真はちょっと載せられないくらいくらい「悲惨に飛散」した感じに・・。(汗)でもねばりづよくがんばりましょう。本人がそれを望んでいるようなのだし。そのうち上手になったらホントにいいなぁ。
by hanchan-jp | 2005-03-14 23:16 | Comments(0)
あかちゃんをあかちゃん扱いしてはならぬ?
a0032346_14565257.jpg
先日のブランコの写真にはちゃんと続きがあって、振り返った2歳半女の子(いとこ)。
一緒に遊んでいると姉弟(きょうだい)のようでもあるけれど、さすがお姉さんでやさしい。だから本気で倒されたりとかしても手加減してくれるから、時に被害を被ったり。そのガマンがとてもエライのだ。その気配りとか行動を見ていると、まだおむつがはずれない幼児でも、幼児扱いできないものがあるなと感じる。同様にあかちゃんも単純にあかちゃん扱いしてはならん、と思って真摯に対応している私でありました。
a0032346_14571667.jpg
そろそろややこしいので、自分のあかちゃんの名前を紹介。ボクの名前のユウジから頭をとってユウキ。病院の呼び出しで初めて「ハンダユウキさ~ん」と聞いたとき、あまりにも自分の名前と聞いた感じが同じでびびった。ちなみに、名付けするときには、ワープロソフトとか携帯の日本語変換で普通に出てくる字、書き方にした。そうじゃないと常に不便だと思うから。今後もそうする。(<今後って、、、あるのか?!)

教育テレビの朝の番組をHDD録画して、歌の部分だけカット編集してCDのように好きな曲を聴けるようにしてみた。そうすると、、、、ユウキくんは曲の出だしの0.5秒くらいの超ウルトライントロどん(<懐かしいぞおい)でその曲の振り付けを開始することが調査委員会の調べで明らかになった。おしりフリフリの曲ではフリフリの動作、ぐるぐるどかんの曲ではぐるぐるの動作。間違えずに即座に開始する。それどころか、曲を選ぶときのインデックス画像(サムネイルアイコン)を見ただけで動作を開始することがある。それはちょっと、、、なんだかイヤだ。(アイティー世代っぽくて。)

アイティー世代といえば、、、
a0032346_14573760.jpg
パソコンのキーボードの触り方は、やや優しくなってきた。ばんばんたたくのではなく、写真のようにこすったり、やさしく触っていれば長時間触れるようにしているのだが、こちらの思惑は伝わっているのだろうか。

2日ほど仕事に全力だったのだが、今日の午後は久しぶりに息子のユウキくんに密着できた。思いっきり仕事ができないストレスというものがある一方で、考えてみれば思いっきりユウキくんと接することが可能なこの生活というのはもしかして贅沢な時間ともいえるかもしれない。
by hanchan-jp | 2005-03-12 22:39 | Comments(0)
11か月、はじめて外でブランコに乗る。
a0032346_2404319.jpg
11か月の我があかちゃんが、はじめて外でブランコに乗った。案外器用にバランスをとっていて、とにかく大喜びだった。(写真はその大喜びのピークが終わった後の気の抜けた写真である。)<そういうタイミングを逸するのは致命的じゃないっすか。。。
a0032346_2414530.jpg
手前の女の子は、2歳半の同居の従姉。最近うまく遊んでくれる。ありがたい存在。しかし大人にはタイヘンな存在。2歳半にもなると、とても知恵がついて大人顔負けのことを言ったり考えたり行動したりする。そこがやっかいで、大人の言いなりにしようと大人が画策すると、失敗に終わる。泥沼のバトルへとラウンドが変わったりする。育児の世界、奥が深い。

11か月のうちのあかちゃんのほうが、そういう意味ではまだ楽な部分もあるのだ、って思ったりもする。

うちは10人の大家族。3世帯で所有するクルマは5台。横浜で3人で暮らしていたときよりすごくにぎやか。10人暮らしをはじめた当初は大丈夫かなと思ったけど、今はみんなこういう生活もありだと思っている。助け合って生きる、というところはいい。というかとてもありがたい。

さて、明日は仕事。(仕事をやっても良いよ、と時間をもらえた日。)先日スタジオ撮影した人物写真(4人20枚)を一気に仕上げる予定。
by hanchan-jp | 2005-03-10 01:05 | Comments(0)
ダミーPC
a0032346_2334463.jpg
「ダミーPC」である。あかちゃんでも手軽にパソコンを触っているような気分になれるアイデア製品。これがあれば、突然のあかちゃんの「PC触りたい欲求」でも安心。

・・・なわけない。
a0032346_2341090.jpg
ふむふむ、なるほどね。ラジカセだね。
a0032346_2343391.jpg
パソコンはこっちだろがおりゃーぁぁぁっ!

「PC触りたい欲求」の恐るべき強さはどこから来たのか、まったくもって謎である。あまりにも触りたがりすぎる。しかも画面が消えていたり、ニセモノだったりすると意味がない。

ところで、たまにはビジネス系の話。前に自分がつとめていた会社の経営陣が、会長・社長から丸ごと入れ替わり、ボスが日本語がまるで駄目な外国人に(!)なることが発表になった。最近業績が冴えなかったし、スムーズなバトンタッチも仕事のうちなんだし仕方ないけど、会長の出井さんという人はとても魅力的な人だったから、引退はいちファンとして少し寂しい気持ちがした。

しかし発想を変えて考えてみれば、出井さんに今のソニーを引き続きやらせておくのももったいないような気もする。エレクトロニクス製品を次から次へと生産するだけのソニーとか、ハリウッドと音楽とゲームを個別にやっててやっぱりシナジーが出てないソニーにもはやあまり魅力はなく、今最も注目されているライブドアのホリエモンみたいに「インターネットと放送の融合を、放送局をぶっ壊すような勢いでやってみる」ってな非常識なトライこそ、「人のやらないことをやる」というチャレンジャーの精神で面白いと思うし、そういうちょっとへんてこなトライとかして遊べるような人生もいいと思う。
by hanchan-jp | 2005-03-09 01:05 | Comments(0)
親の勝手・親のわがまま
a0032346_2275093.jpg
親と子で、意見が対立するときってあると思う。

親「だめーっ! 早く寝なさい! 静かにしなさい!」
子「いやだもん。寝ないもん。べーだっ!・・・・うぇぇぇ~ん!」

このやりとりは自分のあかちゃん(11か月)ではなく、同居の2歳の女児と家族の会話なんだけど、2歳になるとある程度の善悪とかわかっていて、必死に大人に抵抗してみたり、自分の意見を通そうとがんばっていることがある。

そうなると、大人もイライラしたり憎らしく?なってきて八つ当たりのような大声をだしたりする。
a0032346_2282339.jpg
それがなぜダメなのか、
なぜ今寝ないといけないのか、
なぜ今静かにしないといけないのか。

それぞれに明確な答えがない限りは、それは「親の勝手・親のわがまま」かもしれない。
a0032346_2284839.jpg
さて自分はこのエネルギッシュな男児と今後どうやって向き合っていこうかな。今はとにかく我が家のアイドル的存在で、めちゃくちゃにかわいがられているのだが、成長するにつれてコントロール不能だ!って事態になることがあると思う。「コントロール」っていう発想はどうなんだ?!そうそう。コントロールなんてできやしない。共生していく、ってことですよね。
a0032346_2295664.jpg
お、なんだろうこのスポーツカー!
(今日は写真が多い。)
a0032346_2302398.jpg
フレーミングを変えてあかちゃんを入れ込んで首都高併走の記念写真。
ちなみに、ランボルギーニの、、、なんだっけ。ガヤルドというモデルだと思うのだけど、こちらが熱い目線を注いで併走しているのをちらりと見たドライバー氏(なんとなくディーラーの人っぽい)は、サービス精神なのか?思い切りアクセルを踏み込んで良いサウンドを聴かせてくれました。確かアウディーが作っているはずの新しいランボルギーニは、それまでのディアブロとかムルシエラーゴよりもぐっと大人な感じがした。
by hanchan-jp | 2005-03-05 23:31 | Comments(0)
食べ放題のバイキングでハイハイやり放題
a0032346_22321.jpg
東京ビッグサイトで開催されている展示会を見に行ってきた。これがなんつーかその、、、急きょ赤ちゃん連れになってしまったので、なかなか大がかりになってしまったのだが、全行程としては思い出に残るものになった。
a0032346_2235250.jpg
ちなみに、展示会は完全に「その道のプロ・関係者向け」で、その分野で素人の自分らにはわからないものだらけだった。そして(これは当然予想していたが)あかちゃん連れの人が来るような空間ではなくビジネスショーだったので、これもまた面白い違和感だった。
あかちゃん連れで東京日帰りは厳しいので、ちゃんとホテルを予約していくことに。当然ホテルの中でもあかちゃんの好奇心は全開。「食べ放題のバイキングでハイハイやり放題状態」っていうのは大げさだけど、今はじっと静かにさせるのはとにかく難しい。

今日の最後にもう一枚だけ写真。
a0032346_2242860.jpg
使用カメラ:ソニーサイバーショットW1(+レイノックスセミフィッシュアイPRO)(撮影:妻)

妻が撮影した写真に、ボクの撮るのと違う味があることに気がついた。
明日からそこから得た教訓をヒントに撮ってみよう。(すぐにモノにできるかなぁ?)
by hanchan-jp | 2005-03-04 00:21 | Comments(0)