「ほっ」と。キャンペーン
<   2005年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧
はーち、きゅーぅ、じゅっ。
この数日で、1歳1ヶ月のユウキくんの意識の雰囲気がまた変わった。

(1)食事のとき欲しくないものだとはっきりと「いやいや」のアクションをするようになった。以前は口に含んでから出していたのだが、目で見て判断して事前に意思表示で拒否することを覚えたらしい。
a0032346_15394562.jpg
(2)今日、従姉と押入でかくれんぼをして遊んでいた。(写真と本文は異なります。)

今まで単に戯れているような遊び方だったのに、今日は押入の中に隠れる、という面白さを使って遊んでいた。そして楽しいという感情を爆発させて遊んでいるので、見てるこっちも釣られて爆笑してしまう。

(3)8から11の数を言うようになった。「いーち、にーい、さーん、しーぃ」とお風呂で数を数えているのだが、「ろーく、しーち」まで言うと「はーち」とユウキ君が言うようになった。こっちが「きゅーぅ」といえばすぐに「じゅっ」と返す。そしてその後「じゅういーち」だけ言ってそこで終わり。

11以降は結構音が似ているので、本当に数を音でなく「数として認識」しないと言えないのかも。

ユウキ君をめぐって今は笑いが絶えない。出産以降、仕事や生活に大変に大きな支障が続いてきたのだが、彼の今の面白さはすべてを吹き飛ばす勢いがある。そういうものなのかなー。
by hanchan-jp | 2005-04-26 22:56 | Comments(0)
「パラボラアンテナの絵を撮ってきて」と言われて
「パラボラアンテナの絵を撮ってきて」と言われて
a0032346_15375785.jpg
撮ってきた。人里離れた山奥に、という表現がまさにふさわしい場所にそれはありました。携帯電話は当然のように圏外。たぶんテレビの地上波放送とかも受信不能。超近代的&未来的のように見えて、実は太いネット回線も届いてない陸の孤島のような世界かもしれない。(<とか言ったら失礼かもよ!)<真実はどうなのよ

あと、横長に使う絵を撮ってきた。
a0032346_15382518.jpg
撮影は大変だった。え?なにが大変かって、、、1歳一ヶ月のユウキ君と二人で移動&撮影だったから、クルマから降りるときはまずおんぶヒモを装着して、その後カメラ機材を持ち、、、。

行き帰りのクルマの中はゴキゲンだったし、撮影中も撮影しているということはわかっているのか、撮影をやめて欲しいときだけ「やめてーよぅ」(<実際の発音=いゃぃゃぇぇーぉぅぅぅ)と合図するくらいなのだが、なんつーか革ジャンの上にあかちゃんおんぶヒモで撮影してるにーちゃん@カメラ3台とかって、はた目に怖くないっすか?つーか遊びには見えないし仕事にも見えなくて、なにやってんだ?ってな感じか。
by hanchan-jp | 2005-04-23 00:45 | Comments(0)
ようやく外で遊べるようになり、外でハイハイを。
a0032346_15363981.jpg
さすがの長野県も暖かくなって、ようやく外で遊べるようになり、外でハイハイを。

まだまだハイハイのユウキ君。(1歳1か月)
a0032346_15365461.jpg
家の中のハイハイとはひと味もふた味も違うことだろう。

新たな世界が広がり、意識とか目線のやりかたが変わったと思う。スピードとパワー。どんどんあかちゃんらしくなくなって、幼児へと変化していく感じ。
by hanchan-jp | 2005-04-22 00:22 | Comments(0)
母の日向けの表現で使う素材写真を撮る
a0032346_15343631.jpg
母の日向けの表現で使う素材を、店の片隅で撮影した。前回花のアレンジを撮ったとき十分にセッティングできず、イマイチだったので、今回は少しだけ時間をかけた。

撮影が終わってからライトの比較画像を撮っておいた。
a0032346_15345578.jpg
これが小型ストロボ+傘。
a0032346_15351141.jpg
これが小型ストロボ直射。とても光がカタイのと、影も固くておもしろい。
a0032346_15352772.jpg
これが小型ストロボ+バンク。傘とほぼ同じような感じだがややマットな表現になる。

ここで、小型ストロボ+バンクというのがさらりと出てきたけど、それを実現するために便利だったパーツが販売終了になってしまい、もう一灯増やそうと思っても増やせないという事態になっていた。そのパーツがこれ
a0032346_15354157.jpg
なのだが、先日売れ残りを発見して無事「確保!」 発見したときは「まさかっ!」と手に汗握ってしまった。
by hanchan-jp | 2005-04-16 23:03 | Comments(0)
わいわいとテスト
a0032346_1530960.jpg
テストでCD盤面印刷を何枚もやってしまった。思うような色が出なかったので買ってきた10枚のホワイトレーベルCD-Rをすべて印刷してしまった。後半はユウキ君の懐かしい写真とかでわいわいとテストして、真剣なテストのはずなのに、まるっきり遊びでした。(<どっちなんだよ。)

なんでかといえば、そもそもカセットテープをダビングして欲しいというお客様の要望に応えているうちにエスカレートしてしまったのでした。そもそもカセットテープなんてもう10年も使ってないから機材がなくてカセットを一旦PCに取り込んでデジタル化してノイズ除去とか調整して再びカセットに書き出す作業をしたので、せっかくデジタル化したのだからオーディオCDにも焼いてサービスしちゃえ、ってなことをやったのでした。そこで一応盤面印刷も。うーん、デジタルでやんなくて良いことまで無理矢理デジタル仕事にするなんて、さすがデジタルなんでも屋だ。(<デジタルすぎるよ。)

そんなことしてたら、「これ写真撮ってください」という依頼。「このデジカメではうまく撮れない」と渡されたソニーのコンパクトデジカメでボクも挑戦。
a0032346_15302630.jpg
オートホワイトバランス(蛍光灯照明)にて
確かにダメです。ダメなのでちゃんとストロボ照明をセットして一眼レフで撮って
a0032346_15304635.jpg
まあまあ撮れました。でももっと時間かけて撮りたかったなぁ。
by hanchan-jp | 2005-04-13 00:10 | Comments(0)
こんな狭いところで、、、
a0032346_15285332.jpg
今日は超狭い店内のスペースで、マネキン(トルソー)を使った全身撮影に挑戦した。
a0032346_1529767.jpg
セッティング中はこんな感じ。この後服を着せて撮ったのだけど、正直店の使い方が撮影方面にエスカレートしていっていると思う。(笑)あまりに手狭なので近いうちにホントに撮影専用のスペースを確保したいとさすがに思う。

撮影した写真は左右がギリギリなので、そこは慣れたCG処理(汗)で背景を足して「まさかこんなところで撮ったとは思えん!」と思われるような仕上がりに。

ストロボはやっぱり電池駆動のキャノンの小型ストロボだし、こんな機材でこんなスペースでこんなことができるってのはすごい。(そのチャレンジが面白い。)

ところで、今日一歳児のユウキ君をダッコした状態でいつものコンビニにいったらレジで「もしかしてお子さんですか?えー!独身かと思ってました!」と初めて話しかけられたとは思えない内容に・・・。独身だったら、、、、ボクとつきあってくれたとか、そういう特典があったのか?!(<まるで見当違い。)
by hanchan-jp | 2005-04-09 04:53 | Comments(0)
新しいダンスのうごき
a0032346_1527996.jpg
音楽に合わせておどるようす。曲によってダンスが違う。おしりフリフリの曲が始まればとにかくこの写真のように腕を大きく素早く振る。ぐるぐるどかーんの曲ではとにかく腕をぐるぐる回す。今日、新しい動きが出た。倉木麻衣のその名もズバリ「ダンシング」。この曲のプロモーションビデオが始まったら今までの「おかあさんと一緒」系の曲とはぜんぜん違う、タテ乗り系の腰の動きと、左右の手をゴーゴーの感じで交互にモモに打ち付ける独特のダンスを始めた。面白い。1歳児だからといって、「おかあさんといっしょ系」だけ聞かせていてはいかんなーとあらためて思った次第。

だからといって、最近はなんとなくクラッシックとかピアノの楽曲はあまり聴いてない。最近の我が家では癒し系というよりは、育児全体がノリノリの雰囲気になっているらしい。やはりユウキくんが一歳児になってムードは大分変わってきたというとこだろう。
by hanchan-jp | 2005-04-07 22:26 | Comments(0)
ジーンズを買う
a0032346_1524061.jpg
ジーンズを買いました。最近ユニクロからノンウオッシュのジーンズが発売されたっていうのは知ってて気になってたのだけど、ようやく店にいけた。そしてそのゴワゴワしたあまりの本格的な固さに一瞬で魅了されて購入。帰宅していきなり水洗い開始。なんだよ、あまりにも固すぎるので洗剤を少し入れてみた。ごしごし。手が冷たいのでお湯も入れる。おお、染料がいい感じに溶けだしてきた。(<おいおい)いやー、たのしい~。

結果、いきなり色を落としすぎた。(<初心者にありがちなミス。)

すまんかった。自分が丹念に育てようと思って最初の洗濯からがんばってみたのに、いきなりふにゃふにゃだよ・・・・。

ユニクロの「シャトルデニム」のノンウオッシュジーンズは、4900円くらい。できればもう一本買って違う履き込み方をしてみたい。ホントは別のブランドのも履いてみたいけど、リーバイスのジーンズとか今ちょっといいやつはかなり高いので、なかなか手が出ない。(なんつーか違いがわからん。)

いや、わからんといいつつ、実はユニクロのジーンズはかなり弱い(かった)と思う。
a0032346_15242199.jpg
右は昨年初めて買ったユニクロのジーンズ。一年経たずしてヒザに穴が開いてしまったジーンズなんて初めて。この日記を書きながら裏で弟とメッセンジャーして教えてもらったのだけど、リーバイスのノンウオッシュ(501)って9800円で買えるらしい。なるほど。次はぜひそれに挑戦してみたいっす!(同じ過ちはなし!って方向で、最初は洗剤はつかいませんよ!<涙)
a0032346_1524381.jpg
先日のタンポポの翌日、朝いきなり雪。タンポポの様子を見に行ったら、、、なるほど寒そうにこんな風になってました。(長野県の春は遅いナー。)
by hanchan-jp | 2005-04-05 03:50 | Comments(0)
腕時計型音楽プレーヤ その後
a0032346_15221318.jpg
写真は初期に分類されるGショックで、音楽プレーヤのイメージと全く異なるのだけど、手持ちの写真がこれしかないのでこれで。時計の文字盤の周囲をぐるりと取り囲む「ベゼル」を回せば選曲、というのはもうそれしかない、というくらいばっちり自然な操作だ。あとは左手に腕時計をはめていると仮定した場合、親指で操作する左下のボタンは「PLAY」のボタンにするのがやはり自然だと思った。またメニュー画面を操作しているときのENTERの機能もこの親指で操作するボタンに割り振るのがいいと思う。そうすると、メニューボタンは人差し指で操作する左上のボタンだ。

腕時計型の音楽プレーヤっておそらく世の中にはもうすでにあるとは思うのだけど、、、、と思ってググってみれば、当然のように腕時計型のプレーヤは出てきた。(なーんだがっくし)
http://www.thanko.jp/analogMP3.html
http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0407/06/news043.html
だけど、なんでレアモノショップのようなところにしかない(又はマイナーな)の?誰かが特許にでもしているのかな?しかもこの製品をいざ見てみればぜんぜん欲しくならない・・・。これじゃ誰も企画したくならないかもなぁ。(昨日からの熱が一気に冷める。)トホホ日記になっちゃった。

腕時計の時代ではなくなったので、空き地になったスペースを狙え、という「ポスト腕時計」の発想だけは面白かったんだけどねー。
by hanchan-jp | 2005-04-04 00:39 | Comments(0)
イオスデジタルキス突入!
a0032346_1592745.jpg
イオスデジタルキス突入!
2秒前
・・・・
1秒前
・・・・
イオスデジタルキス開始。
a0032346_1595511.jpg
彼がキスしたレンズは、購入時の定価が21万円のEF17-35F2.8L。デジタルカメラで使うために前面に保護フィルターなどをつけてないので、「ダイレクトキス」。すばらしい。うらやましい。あやかりたい。

さきほど、NHKで「格差」を扱う番組をやっていた。デリケートなテーマでボク自身はその問題から距離を置いていたいのだが、しかし重要な問題だ。特に職場環境における格差というテーマで成果主義のテーマの部分では考えさせられた。(つーかそこまでしかまだ見てないのだが。)成果主義にしたら人気のテーマとかヒット作にしか人が集まらなくなった会社の例が出てきた。失敗のリスクの大きそうなものに取り組んでいる場合じゃなく、大ヒット作の勝ち馬に乗れ、って感じになってしまうらしい。なるほど。

アップルのアイポッドが音楽プレーヤで「一人勝ち」になると、それに対抗してもっとデザインの良い音楽プレーヤを出そうと各社躍起になってがんばる。ソニーの新型ウオークマンの開発者はテレビ東京のインタビューで「今回のウオークマンはデザインを徹底的に磨きました」と誇らしげに語っていたけど、きっと企画会議の中では「購入者アンケートの結果では「デザインが良かったから」という理由がトップ」というような話が当然出ていて、それに基づいて「最強のデザイン」を考えたのだろう。それが「勝ち」の組への最短・最強の道だと思う。

しかし、ボクだったらそんな雰囲気の中であえて別のアイディアをひねりだして、周囲に問いかけたい。たとえば「音質最強」ってのはどうなの?という「いまさら音質かよ?!」という人へのアンチテーゼ。実は音質の善し悪しとか感覚として捉えられない人って多くて、ネクタイの人同士の議論ではどうにもならなかったりする。「今の音質で十分市場に受け入れられている」とかもっともな表情で言われればどうにもならない。また技術的な問題としてはポータブルデジタルプレーヤに格納する際のビットレートが低かったり、そもそもCDの音質ってどうなのよ、というのもあったりする。

しかし、もしブロードバンドとかDVDメディアを使ってCDを超える音質のものを消費者に提供できるならば、全く新しい音楽ビジネスになるし、独占的利益を生むかもしれない。ポータブルプレーヤに音質関係なし、とか言っている人は「逝ってよし」だとボクは個人的に思ったりするのだがどうだろうか。

もうひとつ、ポータブル音楽プレイヤーの形態でアイディアがひとつある。今持ち物として欠かせないのは(1)携帯電話(2)お財布(3)なし という感じで携帯電話はとにかく必須である。そして携帯電話があるゆえに腕時計は必須ではなくなった。つまり腕時計があったスペースは今「空いている」可能性が高いのである。これも「いまさら腕時計かよ!」と言われそうだが逆転の発想でぜひとも音楽プレーヤを腕時計型にすべきだとボクは提案したい。しかも巻き取り型イヤホン内蔵の腕時計型だ。バッグの中をモゾモゾ探すあの煩わしさがなく、そもそもバッグとか持ってない軽装でも即座に音楽が聴ける。当然腕時計としての機能は充実。腕時計としては大型で構わない。かつて流行した大型の「Gショック」のような大きさで良い。バッテリーはコイン型にして、実際にお財布のコインを入れるスペースに予備バッテリーを格納する人多数。なにしろ、お財布は欠かせない持ち物のナンバー2だから、お財布に入るバッテリーは最強なのだ。

話が脱線したけれど、成果主義の中で常にヒットとか勝ち馬に乗ろうと「王道路線」を行けば、各社で似通ったモノが生まれてきたり、イタズラ心とか遊び心の欠如した企画になりがちだと思う。ボクが13年前の1992年に入社式を向かえたとき、ボクの頭の中にはすごく熱いアイディアが満載だった。アイディアだけの夢想家では話にならない、っていう部分と、アイディアと感性がまるっきりないヤツでは話にならない、って部分の両方があって、そのあたりが難しいのであります。
a0032346_15112590.jpg
家の近所の今日の様子。つい先日まで雪が降ったりしてたので、実は緑は少ないのだけど、一部で春らしい感じも見られる、という感じ。(撮影データ・・・ EOS10D 17-35F2.8L 絞り開放 ピントMF 目測&ノーファインダ)今日はユウキくんととても久しぶりに山に登ったのだけど、二人でほんとに一言も会話せず、ぼーっとするのが気持ちよい。彼もそういう時間をとても好んでいるらしいところが不思議。
a0032346_15203069.jpg
一歳になったユウキくんの発する言葉は「わんわん」「ぎょーざ」「まんま」に加えて、でこぼこふれーんずの最後の「ず」。こっちが「でこぼこ・・・・」とか言い始めればもう「ず!」とか言っている。テレビのお気に入りの歌が始まるとその振り付けを素早く始める。日々の成長とその意外な習得成果?に家族で笑いが絶えない。すごく苦労が多かった一年間のゼロ歳児育児だったが、一歳児のステージにはもっと情報量の多い複雑なコミュニケーションが増えて楽しみが増えていると思う。

彼が生まれてきたために、自分たちは思うように仕事の量を増やすことができずにいる。交代でしか仕事ができない。生産量はざっくり半分以下だ。しかし彼が生まれてくる前の生活では自分たちは「今」を生きる存在でしかなかったのに、今は「未来」に夢と希望を見ている。そこがあまりにも大きな違いなので彼に感謝することにしている。
by hanchan-jp | 2005-04-03 01:50 | Comments(0)