<   2005年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧
冬が来る前に
a0032346_17293082.jpg
ひさしぶりの休日に、仲間とサイクリングに出かけた。家族から離れて自分の遊びの時間を持った、ということがとにかく久しぶり。子供が生まれて以来、そんな時間は全くなかったのだから。最初はサイクリングの誘いもお断りしたのだがあまりに仕事に過熱気味&煮詰り気味だったのでここは思い切って。
a0032346_17294158.jpg
思い切って出かけたパパ37歳。

久しぶりに組み立てた自転車は固着してシフト操作がまったくできない状態だった。ひさしぶりに漕いでみたら足に筋肉がなくて前に進まなかった。人間もマシンも両方ともだめだめじゃん。(さすがにシフト不能状態では走れないので急きょオイルを射す。)
a0032346_1730233.jpg
帰宅してメーターを見ると、「50.19km」おうおう、あれで50キロも走破したのかと驚いた。秋晴れで暑くなくちょっと寒めの、つまりちょうど良い気温だった。冬が来る前にツーリングに行けてヨカッタ。室内トレーニングマシン(エアロバイク・・・<当然全然使ってない。)で冬トレーニングをすれば春先には脚力ついてるかな。そしたらもう一度同じコースを走ってみたい。
by hanchan-jp | 2005-10-31 23:56 | Comments(0)
お風呂に入るときに、一番最初にすること。
お風呂に入るときに、一番最初にすること。
a0032346_17275318.jpg
手桶で
a0032346_1728539.jpg
お湯をかけます。
a0032346_1728195.jpg
お気に入りはポルシェ。写真で指さしているのはカイエンだけど、その下の「ポルシェカレラGT」は超弩級の特別扱い。絵本の朗読とは違う。親子で「これは?」「ニッサンフーガ」  「これは?」「ホンダエリシオン」 とかずーっとやってて「これは?」「ポルシェカレラGT」が来ると どーん とのけぞってわっはっは。 この特別扱いの意味は不明。とはいえ、本人的にもたぶんすごくかっこいいのだろうね。

ずっと休みをとってなかった。明日(というか今日)は休みをとった。久々の日記更新。
by hanchan-jp | 2005-10-31 03:37 | Comments(0)
午前中掃除しながらニヤリとする父。
a0032346_17261837.jpg
さきほど、冷蔵庫にクレヨンで描かれた壁画を消去しながら気がついた。
a0032346_17263362.jpg
「これは!」紙には書けない(書いても見えない)「白色のクレヨン」じゃないかっ!

彼は白色のクレヨンが書けないことに腹を立てテレビ画面に書き、書けることに気がついてその後除湿器、冷蔵庫へと続けざまにアート作品を描かれた。(に違いない。)
a0032346_17265019.jpg
部屋の壁紙のクロスには一度書いて怒られてからはまだ書いてない。意外と奥が深いんじゃないか?(と、午前中掃除しながらニヤリとする父。)
by hanchan-jp | 2005-10-19 11:00 | Comments(0)
商店街も自由に、走る。
いつマスターしてくれるのだろう、と思って見守っていたのだが、
a0032346_1724192.jpg
クルマのカギの差し込み、本日マスター。(写真は余裕のカメラ目線。)<笑

いつもカギは取り上げずに与えておいた。可能なものはおもちゃではなく本物を持たせるようにしている。やはり満足度が違うらしい。(と思う。)カギの場合カギを差し込むクルマもホンモノだから、、、当然のようにクルマの鍵穴周辺は傷だらけだ。(涙)
a0032346_17244982.jpg
走りが素早いね、と保育園で出会ったおじいちゃんに言われた。確かに写真で見るとこの歩き方はほぼ「走り」だな・・・。都会の子供と違って外を自由に歩かせたり走らせたりする機会が圧倒的に多いと思う。
a0032346_1725912.jpg
商店街も自由に
a0032346_17252456.jpg
走る。
by hanchan-jp | 2005-10-17 22:03 | Comments(0)
ボクはもうすでに追い抜かれているのかもしれない。
a0032346_17225346.jpg
EOS5D EF35F2 (ISO800 f2.0)

絵本の「かおにめがふたつ」というページで、自分の目を指さして「めんめ」と言い、「サイレンカー」のページ(救急車、パトカー、消防車のページ)で「ぴーぽーぴーぽー」と言う。絵本を楽しめるようになってきたようだ。寝る前に自分の好きな本を探して「はいはい」とうるさい。でも絵本好きなのはありがたい。

絵本で物足りないときは、すでに消灯していてもリビングに手を引っ張っていき、ビデオの歌をかけて欲しいとリモコンを手渡す。しばらく踊ったりしているが、そのうち横になる。さらには、寝室に自ら戻る。(笑)

ぐんぐん成長している様子に、危機感すら覚える。彼は若いし、ある意味ある部分ボクはもうすでに追い抜かれているのかもしれない。
a0032346_17231262.jpg
EOS5D EF20mmF2.8 (f8 1/350)

突然のように秋らしくなった。今日日中はおだやかだったけど、通勤スクーターに乗るときの装備はもう冬に匹敵。でも秋っていいなぁ。いい季節だなぁ。
by hanchan-jp | 2005-10-13 03:43 | Comments(0)
参加型のエンターテイメントとして
ハードな撮影の仕事が終わりました。2日間で1200枚。
a0032346_17211493.jpg
晴れ着のお嬢様の撮影です。成人式当日前に(写真館が空いている日取りで)ヘアメイク&撮影会をやりますという企画。デジタルカメラのシャッターを押すと即座にPCに転送されてモニターに拡大表示されて、みんなでワイワイ楽しみながら撮れます、というのがウリで晴れ着の当人は緊張気味のケースが多かったものの家族の方は「キレイ!」「かわいい!」の大盛り上がり。撮影結果を確認しながらのデジタルスタイルでの撮影はお客様にとって新鮮な体験になっていたようです。

また、場内での家族カメラOKはもちろん、「おとうさん・おかあさんシャッター」の時間も企画してなんと本番のカメラのレリーズをほいっとご家族にお渡しして自由な撮影タイムを設定してみたところ、これが参加型のエンターテイメントとしてすごく喜ばれたし、実際に生き生きとした表情の傑作ポートレートがたくさん撮れてしまいました。(俺いらない、っていうくらいのも!)<おいおい
a0032346_17213966.jpg
セッティング中の緊張の表情のテスト写真。不安と緊張でもう大変でした。カメラを新しくしたせいで転送データ量も増大。無事に連写に耐えるのかな、とか。でも本番はトラブルもなくみなさんにフォローしていただいたおかげで大成功に終わりました。(いや、本当は終わってなくてこれから怒濤の仕上げワークに入ります。)<ちゃんと終わるかなぁ・・・。
a0032346_17215414.jpg
EF20mmF2.8 EOS5D (f2.8 1/45 ISO800)
終わって家族3人で外食。通勤途中の「力丸(りきまる)」というラーメン屋さん。オープンして4ヶ月くらい。初めて行ったときは「あのラーメン屋さん、お客さんがいるところほとんどみたことないけど、いってみようよ」と恐る恐る入ったのだったけど、「まじで?!」と思うほどうまかった。その後雑誌で取り上げられたりしてちゃんと混雑する店になってきたようですが、まだまだ一部の人にしか知られてないって感じ。実はスープに手間暇をかけていすぎて、出せる数が少ない(限定食)なのが悩みなのだそうです。それは食べればわかります。たしかにこんなに濃厚なうまみが出るためには丹念に仕込まないと。味を薄くして多くの方に食べていただけるようにするか、今のまま売り切れ閉店でいくか。味を薄くしたら新規&大量の客をさばけて一旦は売り上げUPだけど、常連客は味が落ちたら離れてしまうというジレンマ。

なるほど。我々の仕事にも通じるものがあります。量とか効率を追い求めすぎると、どこかで穴に落ちる(かもしれない。)丹念に一枚一枚の写真を仕上げる、ボクの本番はこれからです。
by hanchan-jp | 2005-10-11 02:18 | Comments(0)
ちょっとレトロ感あるスペック
今日職場に届いた20ミリレンズ(EF20mmF2.8)で試し撮り
a0032346_17193985.jpg
おお?今までのレンズ(EF17-35mmF2.8L)となにかが違う。と思って比較撮影。
a0032346_17195693.jpg
大きな違いは「周辺減光」。今日届いた20ミリレンズは絞り開放の場合は中央部から減光がはじまってる。この20ミリレンズは設計が今までのレンズより古いのでこういうのも不思議じゃない。

昨日なにげなく写真がすごくうまい人の写真サイトをみつけて見てたんだけど、個性的な手法を使うことで、個性的な世界・雰囲気に到達することって多いんじゃないかな、と思った。このすごくうまい人(Tomさん)は1999年に写真をはじめて(!)最初はデジタルカメラでそのうちデジタルカメラの画一的な描写に満足できなくなって、フィルム式に移行、その後大きなフィルムを使うカメラ(6×6のブロニカ、ハッセルブラッド、6×7のペンタックス67など)も使うようになって、現在の代表作はやはりその大きなフィルムを使ったものが多いみたい。写真を見ていると、僕もその機材を使ってみたくなった。特にレンズをとおして見える世界がまるっきり違う。あとはフィルム独特のトーンと色。

今日届いた20ミリレンズは、決して完璧な高性能とはいえない。しかし大きめの周辺減光という「ちょっとレトロ感あるスペック」でボクを少し魅了した。しかもその周辺減光はF5.6くらいまで絞れば解消されていってしまう。レンズ先10cmまで寄れる驚きの近接撮影能力と併用してあれこれ撮影してみようと思う。
by hanchan-jp | 2005-10-07 05:26 | Comments(0)
コメット ツインクル04F (2型)
a0032346_17182764.jpg
コメット ツインクル04F (2型) というストロボ。届いたのは数日前なのだけど、さわる時間がなくてようやく今日テスト撮影できた。
a0032346_17183814.jpg
今までのストロボだと光量が大きすぎて奥のたいやきまでピントがきちゃうような写真しか撮れなかった。今回のこれが来て、表現の幅が広がる。ありがたい。
by hanchan-jp | 2005-10-05 03:38 | Comments(0)
ノープロブレム。というか、それでオッケー。
a0032346_17171972.jpg
長年お世話になったこのレンズをヤフオクに出すことにしたので、今日ぱぱっと撮影。ブツ撮りの経験も技術もまだまだ浅く、未熟ですが、日々やっていると少しずつ気づいたり工夫したりすることが増えてきます。
a0032346_17173642.jpg
困るのは実物以上にキレイに撮れてしまうこと。実際のモノはこんなに新品みたいじゃないのに。「ありのままに写せる技術」というのも重要なので、それは今後の課題。

女性に撮るときも「実際よりも、よりキレイに」写ってしまうのであれば、ノープロブレム。というか、それでオウケイ。焼き増しなどの注文に反映されますから、重要ですね!がんばりますよ。(来週何十人も撮りますから・・・・。)<ファイト。
by hanchan-jp | 2005-10-02 22:56 | Comments(0)
さらに濃密に。
保育園入園わずか1ヶ月目でいきなり「運動会」の大行事。ユウキ君ひとりの初舞台のために、家族4人が駆けつけるという「大事」に。
a0032346_1715564.jpg
しかしユウキ君はなにかにつけて「涙・涙・涙」。これは親子競技のスタート前に遠方ゴール付近に隠れてた我々を素早く見つけて即座に向かってきて涙の図。(ボクのカメラとか白いレンズとか、目立ちすぎだったかもしれない。)
a0032346_17161027.jpg
すぐに先生に無事保護されて、再度スタート地点に。
a0032346_17162323.jpg
結局「もぐらトンネル」通過ならず、ママに抱き上げられて次ぎのマット転がりへ、、、。しかしマットどころでもなし。

保育園に通うようになって一気に成長したユウキ君なのだが、もちろん親と一緒にいるときに比べると寂しいんだとあらためて思った。親のぼくらといえば、常にユウキ君の満足100%を目指すかのようにサービス満点。それがユウキ君の標準。まだまだ集団の中とか一人遊びに興ずるとか、そういう段階ではない、そこまで慣れてないのかもしれない。1歳6ヶ月だもんなー。帰宅してたっぷりユウキ君と遊んだ。さらに濃密に。
by hanchan-jp | 2005-10-02 02:22 | Comments(0)