<   2006年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧
イメージっぽく。
a0032346_17205528.jpg
EF100macro/5D/ストロボ2灯
今日も花を撮影した。イメージっぽく。
a0032346_1722395.jpg
舞台裏はこんな感じ。ライトがどっち向いているの?って感じで。
a0032346_17351450.jpg
こっちは普通に撮って素材。
a0032346_17385167.jpg
ほんの少しフォトショップで処理してこんな感じに。
by hanchan-jp | 2006-03-31 17:26 | Comments(8)
みたままに撮れれば一番キレイなのに。
a0032346_2374975.jpg
EF100mmMACRO/5D/ストロボ2灯
突然花が撮影したくなって、花を買ってきてもらった。昨日キタナイものを撮った(キタナイは言い過ぎか、、、自分のこと。)反動か、美しいものが見たくなった。「欲した」という感じ。
a0032346_232131.jpg
花は黄色いバラだった。見ていたらとってもなごんだ。信じられないほどキレイな物体だなーと思った。みたままに撮れれば一番キレイなのに。時間があいたときは、また花を一輪買ってこよう、って思った。
by hanchan-jp | 2006-03-30 23:05 | Comments(2)
ライティングの奥の深さ
a0032346_2221131.jpg
ちょっと怖い顔をして、ノートPCを踏みつけている人?

いえいえ、その右足でパソコンを左クリックしてシャッターを押して、撮影テストしているのでした。ライトのテストはモデルが必須。一番身近なモデルは、残念ながら自分自身。(涙)こんな風にカメラ直結のパソコンからシャッターを押します。

いつもたくさん人を撮っているんじゃないの?ってそりゃそうだけど、本番で実験はできません。たまに実験的な試みをして、、、、(以下略)<笑
a0032346_2264315.jpg
せっかくなので自分のウエブサイト「はんちゃんJP(www.hanchan.jp)」のトップページの画像をこれに入れ替えてみました。一年半ぶりの入れ替えです。

今日半日くらいライトのテストをして、今までの考え方がうまくいかなかったりして、ライティングの奥の深さを思い知りました。以前よりも意欲的にダイナミックに動かしているので、このまま追求していけば本質的なところから深く理解できそうな気がしています。

このまえ、埼玉で写真館をやっている、という中年の夫婦がうちの店にふらりと立ち寄って「ちょっとみせてもらっていいですか?」って見学していった。なんでも店頭に飾ってある写真が一目で見て「写真館の写真とは違う」のだそうだ。(コマーシャル系ですね、とか。)

どういうことかと聞いてみると、写真館の写真のライティングは、ストロボのメーカーなどが来て機材を売りつつ、セットしていくのがほとんどで、写真館の店主は組まないそうで。(驚)だから写真館の店主は自分がライト組めないからって、メーカーの言いなりに次々に新しいライトセッティングを「購入して強化」していくのだと。

ほほー、なるほど、、、。そんなのからすれば、うちのライティングはボクの手作りなので(笑)まるで違うわけですね。
a0032346_22163452.jpg
最後はグラビアなどでよく見るアップショットのセッティングにして、今日は終了。ここで飛び込みの証明写真の方がいらっしゃったら、、、、いいっすねそれも。(ありなのかなー、そういうの。)
by hanchan-jp | 2006-03-29 22:18 | Comments(0)
遠いあこがれの対象
個性的なヘルメット。
a0032346_0141976.jpg
こんな写真を撮っていると、オートバイへの想いがつのります。しかし今は通勤用の125CC以外、オートバイは持っていません。(育児と仕事で乗るチャンスが無いし、撮影機材が必要だったのでRVF400はだいぶ前に売却してしまったのです。)次にオートバイに乗れるのは、年収が1500万円に達したくらいでしょうね。それまでは無理です。そう考えるとオートバイっていうのはとても贅沢な乗り物だと思う。ロサンゼルス近郊でオートバイ遊びをしていた人々は、みんなピカピカの新車で一見して「道楽」だった。今のボクの生活にとってオートバイは全く必要がない。だからこそ、遠いあこがれの対象になるのですね。
by hanchan-jp | 2006-03-29 00:25 | Comments(0)
また連れて行きたい。
家族で東京ビッグサイトに行ってきた。
a0032346_5362898.jpg
フォトイーメージングエキスポという、写真関連の展示会を見る目的で。
a0032346_5373179.jpg
昨年はボク一人で行ってきたのだが、今回はどうしても妻にも行って欲しいとボクがお願いした。違う目線でなにかを見つけて欲しいと期待して。(実際結果として妻はボクとは全く違う分野のパンフをたくさん収集してきた。)
a0032346_5391293.jpg
今回はしかもユウキさん2才を連れての東京行き新幹線であった。ユウキさん2才はことあるごとに「しんかんせん、のりたいねー」などと発言しており、今回は単に新幹線を体験させるという目的で連れてこられた。
a0032346_540584.jpg
我々の標的とするのは業務用の展示だ。地味な展示が多いので一般の人が少ない。しかし我々にとっては宝の山のような展示会だった。可能な限り丁寧に見ていく。最後にコンスーマー向けのブースも見てきたけど、カメラ小僧(といってもおじさんが大半だが)がギャルを撮りまくる、というほほえましい絵柄を眺めつつ、コンスーマー向けを見る精神力と必要性があまりないので、足早に。
a0032346_5461187.jpg
帰りはゆりかもめの代わりに船で浜松町へ。船はゆりかもめよりもある意味素早い乗り物で驚いた。ユウキ君はそれなりに喜んでいた。しかしユウキ君2才が今回最も気に入ったのは、浜松町の高架橋の上から「新幹線ばいばーい」と手を振る行為で、そこから彼を遠ざけるのがとても大変だった。
帰りの新幹線は、ユウキ君2才にとってとても退屈な空気感だったらしく、連結部にある洗面所で手洗い遊びをしたくてごねて泣いて大変だった。いつもだったら手洗いし放題にもできるけど、新幹線の限られた水資源を水遊びには使えないので。それを言っても彼には理解されなかったけど。ところで、怒った彼がまっすぐ客席のママのところに泣きながら一人で戻れたときには感心した。他にも彼の方向感覚の確かさを驚くシーンがたくさんあった。初めての場所、空間でそれをぱっと認識して記憶する能力。驚いた。

ユウキ君2才は都会が好きらしい。刺激が多くて退屈しないみたい。また連れて行きたい。
by hanchan-jp | 2006-03-25 05:55 | Comments(0)
痛い刺激を伴う明かり
先日ネット上で見つけて注文した巨大な蛍光灯電球が、今日届いた。
a0032346_2254745.jpg
店舗用エコ電球、というものらしい。

業務用エコ電球 55Wで250W相当の明るさ!2,709円
http://www.rakuten.co.jp/joy-assists/1072072/

なんで店舗用とか業務用とか書いてあるんだろう、ってわからなかったのだけど、点灯してみてすぐにわかった。
a0032346_2292942.jpg
超まぶしい。直視できない痛い刺激を伴う明かりである!(笑)消費電力たったの55Wでこの光量は店舗用にはありがたいので、早速使って店舗のライトアップ。「お客様は明かりに向かって吸い寄せられる風習を持つ」って誰かコンサルタントの先生が言ってたけど、ちなみに本日のでじたる屋は来客が多かった!むむっ。もう一灯増やしてみるか!(笑)
by hanchan-jp | 2006-03-22 22:13 | Comments(4)
「偶発的?」と言われそうだけど
a0032346_21395072.jpg
EF50mmF1.4 / EOS5D 絞りF1.8 ISO800 1/90
機材のほとんどを職場に置きっぱなしで、いつもカメラ本体とレンズ一本だけ持ち帰りしているのだけど、今日は久しぶりに標準レンズの50ミリ。昨日の建築用レンズ(TS-E24mm)とは違って撮りやすい。(建築用に主に使うレンズで子供を撮るってのがそもそも鬼だった。)
a0032346_214394.jpg
今日は朝からスタジオで幼稚園卒園記念&ついでに入学お祝いイメージ&家族写真、という撮影があったのだけど、うーん、ボクのテンションがすんごく低くて、、、、やる気がないとかイヤだってわけじゃないのだけど、気分の低さをコントロールできずに困っていた。
a0032346_21454597.jpg
撮影が終わって写真の出来映えは、完璧だった。完璧というのは、当初予想の100%を超えているということ。妻とボクとモデルの3者が一体となって、良い瞬間を残そうっていう気持ちが高まったときに、本当に偶発的にすごい写真が撮れる。「偶発的?」と言われそうだけど、写真は一瞬のことだから、必ず偶然性がある。
a0032346_21485269.jpg
ボクは写真を撮り終えて、簡単に整理して、帰宅して速攻で寝ました。(汗)明日もあさっても、スタジオの撮影は入っています。今日は良いモノが撮れたからいいけど、明日はどうだろう。どんな出会いと空気感なのだろう。
by hanchan-jp | 2006-03-21 21:54 | Comments(0)
「ありがとう」って大きな声で返事をした。
今日はユウキ君の誕生日だった。今日から2才。
a0032346_2220725.jpg
最近のユウキ君は今までで一番面白い。それは会話、というか意志の疎通ができるようになってきたから。
a0032346_22221482.jpg
遊びも盛んというよりも激しい。とにかく激しく遊ぶ。
a0032346_22225330.jpg
テンションがめちゃくちゃに高いのがユウキ君の特徴だ。
a0032346_22232420.jpg
彼の中で今最もブームなのは流し台、洗面台での水遊びだ。放っておくとずーっと手を洗って、うがいをしている。なにがそこまで彼の心をとらえるのか、大人のボクには全くわからない。
a0032346_22244118.jpg
そして彼はたくさん活動して消費したエネルギーを、猛烈な食欲でチャージする。おかわりしすぎ。食事の回数が多すぎる。そして写真のように「めざし」のような難しいと思われる食べ物も好物でこなす。魚が好きで肉はあまり食べない。なんとなくヘルシー。
a0032346_22274542.jpg
パソコンの電源スイッチは当然として、最近はビデオカメラの操作(タッチパネル)にも挑戦中。物理的なボタンとしての境界がないものでも、器用に操作する。やらせておけば、勝手に上達するなぁ、それが実感。
a0032346_22315059.jpg
彼は歌が好き。空で歌えるうたが確実に10曲はある。伴奏やビデオといっしょならもちろんもっとだけど。
a0032346_22335620.jpg
保育園で「おんがく遊びの時間」というのがあるのだが、その時間が来るとユウキ君はものすごく喜んで歌とリズムに熱中するらしい。
a0032346_22344750.jpg
さすが2才になったんだなーと思った。元気いっぱい(というか余剰)で相手するこっちがパワーないときはホント困るんだけど(笑)家族・近親者のみんなからものすごく愛されている。夕飯のときにって従姉妹とおばーちゃんの4人が訪問して「ユウキ君おめでとー!!」ってプレゼントを渡したら、ユウキ君は「ありがとう」って大きな声で返事をした。ボクはびっくりした。
by hanchan-jp | 2006-03-20 22:38 | Comments(0)
それにまつわる全般のことも含めてボクにとっては楽しい
ある画像ソフトウエアをテストしてたらできた不思議な画像。
a0032346_22401857.jpg
最近いろいろ興味を広げている、というか、勉強熱心になってきた。逆に言えば勉強する時間的なゆとりが出てきたともいえるけど。(汗)主に写真がどうやったら上手になるのかな、という研究で、積極的に本を買ったり、ウエブを見たりしている。今日もネットでみつけた写真集が宅配便で届いた。写真よりも文章が面白い、という不思議な写真集だったけど。(笑)
a0032346_22431927.jpg
写真は撮ることそのものよりも、それにまつわる全般のことも含めてボクにとっては楽しいらしい。今日夕方「カメラが壊れたみたいなんだけど、みてもらえませんか?」というご婦人がやってきた。うーん、うちの店はイマイチそういう店ではないのだけど、たぶんボクが見ればどうすれば良いのか対策(指針)は示せるだろうと思って対応した。なるほどご婦人のカメラは昔のイオスキス。暗いところでポップアップストロボが光ろうとすると「BC」というエラーが出てしまうトラブル。しかし明日の卒業式で写真を撮らなくてはならないと困り顔。ボクの手持ちのキャノン用外付けストロボを試しに取り付けてみたらちゃんと撮影できたので、急きょそれをお貸し出しすることにした。ものすごく感謝されたけど、喜ばれることができる、ってことが一番うれしい。明日の卒業式、ボクの大光量のストロボがステージ上のお子様を無事照らすことができるかなー。
by hanchan-jp | 2006-03-16 22:59 | Comments(0)
建築写真に初挑戦した。
昨日、今日と二日間で建築写真に挑戦した。専門外であることを承知の上でのご依頼である。ギャラは正直○万円の仕事なのだけど、建築撮影用の特殊レンズをボクは持ってなかったので急きょ購入。購入代金は、、、、15万円。(驚!)大赤字なわけですが、それだけ真剣だということです。「竣工写真」といって、完成したばかりの家の撮影であり家具や人が入るまえの空っぽな状態を撮る。チャンスは入居前の今だけなわけです。
a0032346_22383813.jpg
二日間で500枚ほど撮って「これだ!」という写真が何枚かあり、プロとしてのクオリティーが出たと思うので、今日はすごくほっとしています。

ボクは人物を撮るのが得意だけど、たとえば風景写真は苦手。建築写真は風景写真に似ているところがあるのでどうかと思ったんだけど、ボクにとって建築は普通の風景よりも興味ある対象で撮っていて楽しいな、ってことに気がついた。同じ建物をまた来月撮る(入居後の風景)ことは決まっているのだけど、、、、作品(ポートフォリオ)を増やして建築事務所まわりをすると、良い出会いがあったりするかもしれないなー。
by hanchan-jp | 2006-03-14 22:49 | Comments(0)