「ほっ」と。キャンペーン
<   2007年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧
バージョン2.0
職場帰り、最近ずっと営業を休んでいたラーメン店が久しぶりにやっているのを見てユウキ君を連れて行ってみた。久しぶりの営業だったためか、満員だった。a0032346_22224242.jpg(by妻の携帯)
ラーメン店の名前は「力丸」(りきまる)ボクは地域でダントツに一番うまいラーメン店だと確信しているのだけど、この店は万人向けでなく通(ツウ)好みらしく、たとえば常連さんは友人や家族を連れてこない場合が多いとのこと。自分のお気に入りのラーメンなのに必ずしも「そうだねおいしいね!」と同意が得られないと、なんだか傷つく、ということもあるらしい。ちなみに我が家のユウキ君(2歳11ヶ月)は普通の子供と同じくラーメンは大好きだが、この力丸(りきまる)のラーメンは別格でたくさんおかわりをする。

この力丸(りきまる)のラーメンは和歌山ラーメンを基盤として独自に店主が発展させたもので、「けもの系」とか「にごり系」とかあまり聞かないたとえを使って表現されることもある。この力丸がなぜ最近休みがちなのかというと、店主の腰痛が悪化しているのが原因なのでした。常連客は楽しみに店に来ても「腰痛のためやすみ」というホワイトボードを見て悲しく帰る日々が続いています。

今日久々に営業して、満員状態が続き、我々の前の客でトッピングのための具材が終了し、我々が最後でチャーシューがなんと終了して本日の店の営業も終了した。(笑)

ひどい腰痛の様子に「入院とかして抜本的な療養はできないの?」と尋ねると、「入院してしまうとスープが維持できなる。スープが廃棄になるとまた元のようなスープを作り出すために大変な時間と労力がかかる。再現するのは困難で営業再開後の味は「力丸バージョン2.0」とでも言うものになってしまう」とのこと。店主は開業以来自分が開発してきた店の命のスープをとても大切にしていて、腰の治療のためにスープを捨てることなんてとてもじゃないができない、ということだ。

いつも力丸のラーメンを食べて、なんだか感動というかパワーを感じるのだが、つまりはラーメンに店主の「気」が入っているのかなと思った。熱意とか情熱とか、それが人の心を動かす。ボクも写真の気で人の心を動かして魅了したいと思いました。
by hanchan-jp | 2007-02-24 22:38 | Comments(0)
ライブビューが追加されることがわかって
新しいEOSデジタルにはライブビューが追加されることがわかって、特にスタジオでの撮影が多い自分は喜んでいます。昨年の11月頃に「この(撮影モニタの)PC画面がリアルタイムになったらすごい便利だよね」「いやそんなのはかなり未来でしょう」という会話をしていました。まさかもう実現されてしまうなんてうれしい限りです。
by hanchan-jp | 2007-02-24 17:48 | Comments(0)
圧倒的な新型
今日は午前中にカワイイ女性をひとり撮って、午後は会社員時代の2年後輩が東京から来て話をして、さて夕方もう一仕事と思ったら、、、キャノンから新しいプロ用一眼レフが発表されていることに気づいて一時間くらい画面に張り付いて全く仕事になりませんでした。(笑)古くさかった操作系が一新されてちゃんと今風のものになって、あとなんとレンズ毎にAF位置に誤差が出ることがあって困るというEOSの泣き所を解消するマニュアル調整機能が追加され、、、、とっても完成度の高いカメラになっていました。「旧型の中古など検討の余地もない」と思わせる圧倒的な新型、っていうのはすばらしいですね。今日発売されたEOS-1Dmark3という機種はスポーツとか報道の人向けという感じでいまいちスタジオ用という感じがしないのですが、1000万画素という画素数はボクの用途にはちょうど良いので、もしかしたら発想を変えてスタジオ用にはフルサイズセンサーの90万円の機種とこだわらずにうまく(安く)選ぶのも手なのかもしれません。

ところで、東京からの訪問者氏、到着していきなり感じたことは「でじたる屋がおもったより広くて格好良い空間だった」ということだったそうです。へー、そうだったのか、、、、もっと広々感が出るようにでじたる屋の店内を撮影しなおしてみよう。
by hanchan-jp | 2007-02-23 03:06 | Comments(0)
時代の流れ
a0032346_2139578.jpg
ボクは大学を卒業してから約10年ほど、品川の電機メーカーで働いていたのですが、そのときの2年後輩から電話がかかってきて、自分も会社を辞めて独立してだいぶたちまして、つきましてはでじたる屋で名刺をつくってもらったり写真を撮ったりウエブのこと相談したり、いろいろお話したいので来週お伺いします、とのこと。わざわざ東京から、、、、とも思うけど、よく知っている同士であれこれするのは楽しいことなので、「頼むから早く来て話ししようよ!」という気分になりました。

わざわざ東京から、といえばわざわざ東京から製品カタログの撮影にきてくださった会社のカタログが出来上がってきました。従来からの継続製品以外の新製品はでじたる屋の中で撮影されたもの。そして中の挿絵となる風景写真もボクが撮影したものです。両方同じカメラマンなのは珍しい? 半年後に出る「秋冬シーズンのカタログ」のためにとっておきの写真が残されているのでボクとしてはそっちもとても楽しみなのです。ボクは主に「写真館のおやじ」というジャンルの人なわけですが、ときどきあるそれ以外の仕事を今後どれだけ増やしていけるか、というのが楽しみなところです。作品・実績が少しずつ増えていくと新しいところを開拓しやすくなりますよね。
by hanchan-jp | 2007-02-19 22:03 | Comments(0)
ふにゃふにゃに
a0032346_21235444.jpg
ユウキ君(2歳11ヶ月)を保育園まで夫婦で迎えに行きました。ユウキ君は女の子のお友達とキティーちゃんのおもちゃの奪い合いをしていつものようにひときわでかい声で大泣きしていました。(笑)先生によると「ユウキ君はこうと決めたら譲らないところがあって」とのこと。あまりにも親の性格をそのまま反映しているようなユウキ君の生き方に驚き、笑いました。
a0032346_21245694.jpg
「ユウキ君キティーちゃん好きなの?」と聞くと「うん」と小さくうなずきました。我々はユウキ君のキティーちゃん好きについては全く知らなかったのでそこにも驚き、笑いました。

その後は展望の良い近所の温泉施設にいってふにゃふにゃになってきました。本当にふにゃふにゃになりました。
by hanchan-jp | 2007-02-19 21:32 | Comments(0)
diadora-racing.com
a0032346_1492254.jpg

by hanchan-jp | 2007-02-19 14:10 | Comments(0)
それもよし
ちょっと面白かったので、最近たまに読んでる英語の勉強の本から

(1)テイカフ
(2)ピキッタップ
(3)ファースタヴォー
(4)アイヴゴタバアッコウ

発音のカタカナだけ抜き出すとなんか楽しい。カタカナ英語もいける(ような気がしてきた)。


あと、セットショップで売っている色温度変換用フィルター、わかりにくいので
エクセルで計算してフジのフィルター表記に対応させてみた
#3202 3200°→5500°K  LBB13
#3203 3200°→4700°K  LBB10
#3204 3200°→4100°K  LBB7
#3206 3200°→3800°K  LBB5
#3208 3200°→3500°K  LBB3
#3216 3200°→3300°K  LBB1

#3407 5500°→2900°K  LBA16
#3411 5500°→3200°K  LBA13
#3408 5500°→3800°K  LBA8
#3409 5500°→4500°K  LBA4
#3410 5500°→4900°K  LBA2

もしかしたらなにか考え違いしているかもしれないけど、、、たぶんこれでOKかと思う。
(こうやってブログに載せておけばいつでもどこでも参照できて便利。)

今日は職場が休みでのんびりと過ごしている。息子サン以外のものをたまには撮ってみようかしら。(それもよし)
by hanchan-jp | 2007-02-19 13:20 | Comments(0)
色温度が高い。
a0032346_18574689.jpg
最近、「プロ機材ドットコムって知っている?」なんて聞かれました。知っていますとも。3年前からたまにいろいろ、、お世話になっています。ちょうど今セールやっていることもあり、おもしろそうな新製品を購入しました。開けばすぐに傘トレになる、なんて便利な製品なんだろう!ありがたい!

届いて早速試写。色温度が高い。めちゃくちゃに高い。普通の傘トレより1000ケルビンも高い。。。。。しかもA(アンバー)←→B(ブルー)方向の色温度補正だけでなくグリーン方向の補正も必須。しかし調べておいたので、いざというときにちゃんと素早く(!)使えそうです。(?)
by hanchan-jp | 2007-02-17 19:17 | Comments(0)
今日は一日浮かれていました。
a0032346_18432689.jpg
突然マッキントッシュが届いた。妻から知らされてなかったのでびっくり。24インチの大画面でCore2Duo2.16GHz。妻のマシンはとんでもなく古いマッキントッシュだったので、ついに最新の環境に入れ替えることになる。妻の仕事環境のことなのにボクも興味津々。セットアップとか結局ずっとみていた。セットアップのような事務的な画面でもマッキントッシュはくやしいほどクールだった・・・・。マックOSを一流ブランドのイメージでとらえるならば、ウインドウズOSは明らかに二流の格好悪さ。それが今日はよくわかった。フォトショップCS2や、キャノンのツールなど、いつもボクが使っているのと同じツールを入れてしまえば、いつもと変わらず同じ作業ができる。ちなみに注目のパフォーマンス比較なんだけど、ボクのCore2Duo1.8GHzのマシンとデジカメ画像の表示に関してはほんの少しだけマックのほうが重い感じ。それは24インチの馬鹿でかい画面に表示しているからでもあるかもしれない。また今日の段階ではまだ1GBしかメモリーを積んでいないので2GBのボクのマシンとの比較はかわいそう、という感じ。CPUスペックがほぼ同じといえるので、本来どうやら同等の作業効率なのかもしれない、というのが今日の印象。こういうハイスペックマシンで妻がこれから作業できる、というのはでじたる屋にとってはめでたい。ありがたい。今日は一日浮かれていました。
by hanchan-jp | 2007-02-15 18:56 | Comments(9)
良い連鎖
a0032346_0195446.jpg
EF50F1.4をF1.8で使って「とろける表現」で。

色をめぐる葛藤、、、最近多いです。

(1)ディスプレイ・・・・ディスプレイの色って写真を扱う仕事をする上でものすごく重要。ボクが使っているメインの液晶モニターは高級なんだけど古くてたぶん色の冴えはもうイマイチになっていると思われ、最新のモニターがあれば売上が向上するならば投資する価値はあるけど・・・。「モニターを買う→売上が上がる」という方程式を解くのは難しい。

(2)スキャナー・・・・ボクはめったに使わないのだけど、昨日と今日久しぶりに使った。写真の複製。忠実に複製するために、忠実なスキャンの条件を手探りで探す。スキャナーをキャリブレーションするツールは持っていないので・・・何度も何度もプリントしてかなり忠実な設定を見つけた。今回初めて「スキャナーによる自動露出」をキャンセルした状態でセッティングをした。エプソンのスキャナーにありがちな「エプソン臭」とでもいいたくなるような誇張された表現が抜けて上手なスキャンをしてくれるようになった。なるほど、「オート」の機能を使っているうちはダメなんだなと痛感。

(3)カメラ・・・・実はカメラも本当はキャリブレーションツールでプロファイルをつくってカラーマネジメントしないとだめだろこりゃ!って最近思うようになってきた。しかし!そのためのツールは、、、すごく高価!

(4)ストロボ・・・これを書くと読み手によっては「はんちゃんまじかよ!」って思われちゃうのだけど、ボクは今までストロボの色はなりゆきで使ってました。傘バウンスのライトには傘バウンスで合わせてやることでそろえるようにしたり。。。。でも最近300~500ケルビンくらいの差異にさすがに気づくようになってきた。「まずいなぁ。ミックスになってるよ。」フィルター買わなくちゃ、と思いながら、、、今日ようやくまじでやばいと思ってちゃんと調べてフィルターをようやく発注しました。やったー。これで少しだけ「精度が上がる」

最近、「仕事の精度を上げるための道具」が欲しい。精度が低い状態でもそれをなんとかカバーしたりごまかしたり放置したり、、、ついついこなして先へ進んでしまうのだけど、それだと要するに仕事のクオリティーが低いまま進む、ということで本当に良くないなぁと思ってる。「仕事の精度を上げるための道具」はとても地味で面白くない道具でしかも高価な場合が多い。(涙)それでもやっぱりそういうツールを使って自分の仕事の質を高めていきたい、良い仕事→良い評価→良い仕事、、、という風に良い連鎖になっていくだろうと思って。

思いつくままに乱打するように作文してしまいました。年末年始から仕事が全く途切れていません。(<というと、とても繁盛しているような書き方になりますね。)訂正。仕事が全く片づきません。(<正解)撮影よりもパソコンにしがみついての雑仕事が大半という感じです。カメラもパソコンも職場に放置したまま帰宅して爆睡。ユウキ君の写真も増えません。(涙)

そういえば!今日衝撃的な出会いを!した一台のカメラ。
ビッグジョブ(大きな仕事)という名のデジタルカメラ
カメラのキタムラで触ったり試写したりすること数分。最近のコンパクトデジカメって小さいのは良いのだけど握るところがなくて落ち着かない(撮る気にならない)と思っていたのだけど、このビッグジョブはたっぷりとした握りしろがある。なんといっても「現場で手袋をしていても撮れる、操作できる」ということを念頭にしたユーザーインターフェース。「うーん!これぞプロ仕様だ!」(<その場合のプロって)思わず深く納得。液晶画面とレンズは厚い強化ガラスでカバーされ、とてもタフな感じ。そして最後の駄目押しはマニュアルモードで使用時の露出補正の操作性。EOS-1Nを思い出す縦型の1/3刻みの露出補正スケールが泣かせる。しかもその補正結果が極めてわかりやすい視認性に優れた3型の大型液晶。いかん、これはすばらしすぎる!(ほめちぎり)

仕事に必要なもの以外のものについて単純に物欲で欲しくなったものが出たのはものすごく久しぶり。もちろん仕事の道具が最優先なので、ビッグジョブを購入できる可能性はゼロ。(涙)あー、手の届かないものに恋いこがれて思いをはせる、ってすばらしいことだなー。(寂)
by hanchan-jp | 2007-02-15 00:48 | Comments(4)