「ほっ」と。キャンペーン
<   2009年 03月 ( 40 )   > この月の画像一覧
寝ながらよーく考えてみよう
わたしのカメラのシリアルは0210102864です。
MACアドレスは00:00:85:D4:B8:89ですね。
あはっはっ。。。。(<すごく無意味だ。。。)

そんなことより、

>黒字機材になるまでの期間が1年の場合「立ち上げ1年の機材」って表現してみようかな。

の件で、この発想で500万円のバックタイプのデジカメはどうやって考えればいいの、って考えてみたい。

、、、、だけど、まだ考え方がわからない。寝ながらよーく考えてみよう。。


追記:
一応前提として500万円のデジカメは3年後に目に見えて陳腐化する(モデルチェンジがある)ので3年後にアップグレードすることとする。おもしろいことにバックタイプはユーザー囲い込みのためにアップグレード費用を抑えるために十分値引き&高価買い取り評価みたくしてくれる。よって

500万円のバックタイプデジカメは3年後に200万円の残存価値として3年間300万円の製品と考えても良い。(金額はかなりてきとうです。)

では年間100万円の償却の機材がおいくら万円の売り上げ「増」を生むのか、生むべきかを考えたい。

100万円を投資 結果売り上げ変化なし → 100万円の純損
100万円を投資 結果売り上げ+100万円 → プラマイゼロ
100万円を投資 結果売り上げ+200万円 → 100万円のお得

プラマイゼロでは意味ないじゃん、って最初思ってたけど、すべての投資が全部成長方向に作用するという前提もおかしいので、プラマイゼロならばいいじゃん、と考えを変えてみた。

実際はカメラ本体だけでは撮影できないのでレンズその他など投資金額は年間100万円ではなく200万円と考えてた方がいいかもしれない。

以上、自分に全く関係ない話しをしているので、信憑性説得力なにもない。(笑)
ちなみに同様の計算をすると最高級一眼レフデジタルの80万円のカメラも年間で考えれば20万円。考えれば考えるほど1Ds3とか安いんだなぁ。(<単なる金銭感覚のマヒだろう)
by hanchan-jp | 2009-03-29 22:32 | Comments(12)
レンズのこと
カールツアイスのブースで見たキャノン用の21ミリ、自分のカメラにつけたわけじゃなくEOS1n(だったと思う)のファインダーで見たのだけど、はっきりとしたタルひずみを残しているのはEF20mmより使いづらい。四隅のひっぱり(遠近感が誇張されたような、デフォルメーションを引き起こすもの)も結構目立つレベルであった。これが伝説のレンズの実態だったのかしら。。。最新なのか復刻なのか、どっちなんだろう。きっと写りはいいのでしょうね。でもたぶん私には使い道がないのでこれは予算からはずれました。。。。なんでもかんでも全部欲しくなったら大変です。(笑)(ちなみにEFの広角ズームはどれもダメでも、、、単焦点は使えますよね。)

yukinyaaさんのブログレポートを見て自分がTS-E17mmを見逃したことに気づきました。yukinyaaさんは購入に意欲を燃やしているようでうらやましい。私の脳内では「オレには金銭的に無理」という指令が出ており、それに素直に従うものであります。がまんできるのでしょうか17ミリ。触ったり試写したらやばい魅力があるかもわかりません。30万円の17ミリレンズ、買って初年度にいくら売り上げればいいのかな。レンズ一本買って初年で30万増あれば翌年から黒字機材となる。黒字機材になるまでの期間が1年の場合「立ち上げ1年の機材」って表現してみようかな。デジタル特有の価値の減少ともからめやすいし、いいかもしれない!

そういえば実は密かに期待していたEF50mmF1.4(2型)のリリースが今回はなかった、というのも今思い出しました。
by hanchan-jp | 2009-03-29 15:19 | Comments(2)
みんなやりそうなことを
フォトイメージングエキスポで「ど派手、高級、金持ち向け」みたいなブースがあって
a0032346_1226119.jpg
これが置いてありました。なんですかこれ?って聞いたら、パーマセル(撮影用の再剥離粘着テープ)に対抗して国産(岡山産)で挑戦します、みたいな話で気合い入ってました。サイト↓

mt foto | マスキングテープ「mt」- masking tape -

ね、クリックすると気合い入ってるでしょ。。

1グレーチャートとして使える
2遮光性
3表面マット性
4耐熱性
5熱の変化に強い
6巻き出しが軽い
7手切れが良い
8糊残りしにくい
9薄くて強い
10馴染みが良い

なるほど。。。。

a0032346_12322775.jpg
みんなやりそうなことをいち早く試してみるの図。

実際チャートとして使う必要はないのだけど(当然です)、確かにまじめなテープかも。手触りとか切れ方とか確かに良い。黒はボクのQPの旧型よりも優秀だし!(爆)(QPの黒部分は改良されて現在はもっとちゃんとしているらしい。そして値上げされた。)<繰り返すが色味はどうでもよい。「1グレーチャートとして使える」に触発されすぎ笑<いやしかし白は、巻きのままぽんって置いて白の露出のターゲットにできる。(どの色も自分のEOSでは無彩色として撮影されてます。おもしろい付加価値。)

価格はパーマセルよりも安い。各色一律価格だし。価格で競争力があるならば置き換わるかもしれないですね。
by hanchan-jp | 2009-03-29 12:31 | Comments(2)
しつこく何十枚も
フォトイメージングエキスポ、二日間も行ったわけですが、セミナーが主だったので展示を見る時間が十分にとれませんでした。キャノン、ニコン、ソニー、オリンパスなど大メーカーの大型ブースは全く見なかったです。まあ見なくてもいずれヨドバシカメラでもヤマダ電機でも見られそうなものは省略可能、自分は小規模なブースだけを早足で見ていきました。
a0032346_23285252.jpg
しつこく何十枚も撮っています。(笑)もはやれっきとしたテスト&データ取り?
a0032346_23452561.jpg
こっちはなんと1万円のびっくり低価格LED。メーカー(というか代理店か)の人が「これ色温度は7300Kなんですよ」とのことでしたが早速ここでも何枚もシャッターを押しながらEOSで設定すべき色温度とGM方向の補正値を探っておきました。
(どうなんだろう。LEDは少し難しいかもなぁ。。。蛍光灯以上に難しいのかもしれない、というのが現場では気づかなかったけど、今画像開いてみて感じたこと。)

他にいろいろあるけど、、、書ききれないんだけど、、、ベンロという格安のフリクション自由雲台に初めて触ってみた。名品のアルカスイスの自由雲台と初めてフィーリングを比べてみる。え?なんか遜色ないというかむしろベンロのほうが良くない?(笑)野鳥撮影とかで超望遠ユーザーが使うウインバリーもベンロが類似品をリリース。これも代理店の人いわく「遜色ないというよりも、、、」と優位性をむしろアピール。そうなっちゃいますか、、、勢いあるなぁ。トキスターのワイドトレードっていう会社から目が離せないです。。。。

プロフォトのワイヤレス対応のモノブロックのD1、PC連携の場合はUSB接続用のコントロール装置が189,000円なのだそうです。この価格にびっくりする人が多い、って代理店の人が言ってました。確かに、、、、、。(笑)しかしそのお金を投じれば天国が待っているわけです。

自分は今ジェネレータ(大型のストロボの電源ユニット)に対する興味がどんどん薄れています。金銭的にぶっちゃけ30万円超える固定資産&減価償却のジェネよりも経費で短期に処理できる金額のモノブロックはおいしい。9万円を6灯買って54万円なのと、54万円のジェネ、買い物としてたぶん結構違う。今までは性能が劣ると言われることが多かったモノブロックが、ついに色温度の安定まで踏み込んできちゃったらねぇ。どんどんダウンサイジングがすすんでいくのでは?なんて思ってしまうのでした。今回のフォトイメージングエキスポで「この電源部どうだー!」って大きいのをたくさん展示していた会社って今回どのくらいあったかなぁ。。。前回より確実に減っているような気が。私だけ?

D1AirのUSBセット、出力調整でWs表記モードがなく、欧米で最近主流と言われるF値表示なのだそうです。うーん、その表記結構好きになれそうだけど、表記の違う機材が混在しているとなんだか変だろうね。。。きっと。全面刷新が理想だよねぇ・・。(遠い目)
by hanchan-jp | 2009-03-28 23:38 | Comments(6)
この人が
フォトイメージングエキスポにこの人が来たーっ!
a0032346_21531658.jpg
この直後、抱き合って再会を喜びました。(感動家族)
by hanchan-jp | 2009-03-28 21:53 | Comments(2)
セミナー2本
a0032346_22561390.jpg

a0032346_22561388.jpg

フォトイメージングエキスポでカラーマネジメントのセミナーをふたつ受けたあとはいつもの新宿のホテルまでほぼまっすぐに来ました。新宿に来ると行かずにはおけない桂花ラーメンで久しぶりにターロー食べてきました。

セミナーは郡司さんのはこれ90分のじゃないだろうに、というような盛りだくさんのやつを早回しでてんこ盛り、サービス満点なのか不親切なのか(笑)いえ私は大満足でしたよ!長年の疑問が晴れる超肝になるポイントもゲットできました、これで帰宅してから色彩の教科書読んでおさらいすればなおよし。

柳沢さんの印刷寄りのカラマネ話も静かな語り口とは対照的に熱い内容で、最先端の考え方と心構えが良く理解できとても質の高いセミナーだったと思います。ボクはどちらのセミナーも最後の質疑応答で遠慮なく質問させてもらっていたのですが郡司さんはわからないことメールくださっていいですよ、なんてすごく気さくでそんなところにも頭が下がりっぱなしでした。

収穫が多かった1日でしたが明日の3本のセミナーはどうでしょうか。湯浅さんのやつもあります。超期待です。セミナーを3本入れると展示はあまり見られません。

今日ざっと見たら面白いの結構見つかりました。こんな時代だから展示で見る前にプレスリリースとかをWebで見ちゃうだろうなとか思っていたらインプレスとかニュースサイトが細かいプロ用の製品まで網羅して伝えてくれてはいないのかなと感じました。だから会場でおー、みたいな出会い結構あって楽しめました。詳細はまた落ち着いてからにします。
by hanchan-jp | 2009-03-27 22:56 | 写真・デジカメの話題 | Comments(2)
フォトイメージングエキスポに向かう新幹線から
a0032346_2146355.jpg

今フォトイメージングエキスポに行く新幹線の中から更新にチャレンジ中。先ほど移動のクルマの中で家族に携帯を操作してもらって新幹線の席を取ってもらったのだけど、乗ってみたら俺の中で「神シート」の孤立してる席でした。乗ってみたいと思っていたので大喜び。しかし少しどこかバランス感覚が崩れてます、ってバランス感覚欠如はいつも俺自体の問題か。汗

本来は原付で東京ビッグサイトに行くつもりだったのですが起きてみたら雪がすごくて断念しました。県境さえ超えれば群馬県からとても良い天気。。。くぅーっ、残念。
今日はプロ対象のカラーマネジメントのセミナーがふたつです。
by hanchan-jp | 2009-03-27 10:37 | 写真・デジカメの話題 | Comments(2)
DVDから
a0032346_18343430.jpg
昨日のことだけど届いてました。DVD付きなのでまずはDVDから楽しみました・・・・・。(遠い目)
by hanchan-jp | 2009-03-26 18:38 | Comments(0)
超プロ仕様
今日気づいて「なんだと!すげーーーー!」と声を出してしまったのが、使い方が分からない人がヘルプを求めていったら飛ばされていったビデオのページ

Adobe TV

私がわかってなかったのは届いたばかりの動画編集ソフトAdobe PremiereCS4で出来上がったムービーをDVDにする方法。体験版ではDVD化するところまでやってませんでした。(体験版ではできないという説もあり)a0032346_1381514.jpg

ビデオのページで見て知ったこと。DVD形式とyoutube用とブルーレイ向けなどの複数のエンコード指示を一気に出すことが出来て、しかも指示出して演算に入ったら演算は裏で動かしておいてその直後また本編の修正作業に入れる、という並列処理! 「超プロ仕様になってるんじゃん?」という驚き!(まあそういう驚きはある意味失礼でもあるかもしれない。)<でもCS3からの進化があまりにもすさまじいような気がする!

Photoshopは(イラレもそうらしい)慌てて新型にしなくてもとりあえず旧型でも遜色なく作業できる、みたいな、いまいち新型に「これ!」というキラーアプリがないような気がする(感じ方には個人差あり&プラグインへのウエイトが高いユーザーなどはプラットホームとしての基本機能で満足してるかも)のですが、動画のPremiereの進化、(他にも語れていない重要な機能などあるのですがここでは割愛)よくわかってなかったので実際の動作を見て感動しました!
by hanchan-jp | 2009-03-26 01:31 | Comments(3)
耐久で
今は3月24日(火)の午後7時半なんですけど、これから26日(木)の夜7時半までの48時間耐久で
仕事してみたいと思います。(<ただし仮眠は可)
無事に金~土曜日の展示会(PIE)のセミナーに参加できるでしょうか。

追記:無事仕事が予想以上のスピードでノルマ達成したために、今24時間後の25日(水)午後7時ですが
帰宅することになりました。ばんざーい!
by hanchan-jp | 2009-03-24 19:29 | Comments(7)