「ほっ」と。キャンペーン
<   2013年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
エプソンに宿題プリント送付を忘れていた!!
3月18日までにプリントを一枚送って下さい、というお願いがあったのをスケジュールに入れるのを忘れていました!大急ぎでわたしの場合、予定していたテストからスタートです!
a0032346_825737.jpg
開封したときの印象は「あれ、意外と紙じゃん」というもの。もっと粘土っぽいものを想像していました。しかし触り続けると湿度的なものを感じ始めます。2タイプの紙が入っていましたが、より攻めた仕様が「TypeR」(深いテクスチャー)なのかなと勝手に想像。
なんといっても私は「せこい、とにかくせこい試し刷り手法の開発」をしないといけません。
a0032346_9245650.jpg
開封したフレスコジクレーを、おもむろにA4にカットしました。PX-7V+ファインアート用紙A4=背面給紙必須!!となります。(A3は前面給紙が選択可能)

~PX-7V背面給紙のコツ~
引き込みが「クイクイ」ってきたら、それに優しく手を添え続ける(3秒)という手順。その加減が重要!

a0032346_993047.jpg
そしたらフォトショップでA4を6分割したデータを作成して、1分割目→6分割目まで設定を変えながら、6回印刷テストをします。A3換算でテスト回数12回分!!これがせこい、とにかくせこい試し刷りだったのか!(構想はあったが、やってみたのは初)収穫はありました。
a0032346_9121066.jpg
まず、カラマネ的に有効で、PC画面の印象を印刷に表す場合に有効なのは(私の中では)二種類に絞られました。要するにいつもの
(1)フォトショップでICCプロファイルに変換して、プリンター無補正と
(2)フォトショップで「プリンターお任せ」にしてスルーで出して、プリンター側でAdobeRGB/sRGBを指定して変換させる処理 のいずれかです。

フレスコジクレーといえども、普通のアート紙としてのカラマネで印刷可能だと私は感じました。調子は(1)のICCプロファイル指定&無補正のほうがリッチ。 (2)のプリンターによる変換のほうが忠実なのかな?と感じます。(微妙な違いです。写真にも現れていますが。)

駆け足で検証してきましたが、フレスコジクレーは取り扱いにデリケートな部分があるものの、結局は普通のアート紙の表現力があり、ハイエンドとローエンドで確かに唐突に終わる部分があるかもしれないけど、ケアするとしたらそこだけで十分と私は今のところ感じています。 普通にカラー写真が印刷できるということもわかりました。 

鑑賞は、光線により大きく変わります。用紙のデコボコを影に落として彫りを深くするかどうかです。マットなライトより、固い光のほうがドラマチックな用紙になります。蛍光灯より球型ランプのほうがドラマになりそうです。(この写真は部屋の照明を消して、横方向のすりガラス窓からの明かりのみで撮影しています。(写真中央の影が証拠。)

TypeRとTypeSの違いはテクスチャーの大きさです。
a0032346_10242533.jpg
小さめの卵サイズにプリントされた顔の接写(部分)です。顕微鏡写真じゃなく普通に100ミリマクロで撮影。だいぶ激しい感じになってしまってますが、私の感覚では右のTypeSで十分なのに、さらなる欲求でTypeRと思います。
a0032346_13181928.jpg

by hanchan-jp | 2013-03-21 10:34 | Comments(4)
測色機を使ってプロファイルを作るのは一つの手
「測色機を使ってプロファイルを作るのは一つの手ですが」とエプソンプロセレブログのけんたむさんが言いました。それは(1)専用カラーチャートをまずストレートに超高級紙フレスコに刷る(2)それを一日寝かせて熟成した後に測定し弱点を補う補正プロファイルを生成させ(3)よっしゃーと超高級紙フレスコに対策済みカラーチャートを刷り(4)一日寝かせてからそのプロファイルが有効なのか検証するwww という流れだったりします。そういえば!!
a0032346_2357180.jpg
よっしゃー物置からこんな測定器も出してきて、やる気十分か!!
(いえいえ、これはヤフオクで買ったただのオブジェです。。。ww) やっぱり経験上、フレスコ・ジクレーというような特殊な用紙のプロファイルを素人が作るというのはやや無謀で、詳しい人こそ危うく近づかない話のような気がして来ました。。まずは刷ってみよう!!

さて、私のミッションは?まず「(1)せこい、とにかくせこい試し刷り手法の開発」でした。
毎日写真用紙モードで使っているプリンターを、マットブラックにチェンジして、気合もチェンジして試し刷りからスタートしますよ!
by hanchan-jp | 2013-03-06 00:08 | Comments(2)
さすがけんたむ先生!!
エプソンプロセレクションブログ、さすがけんたむ先生、「ファインアート紙を使いこなす一番の近道は失敗です。その2」は、今回の「フレスコジクレー」という紙の使いこなしの難しさとヒントがたん的によく分かる記事です。カラーマネジメント的には「じゃあ用紙のプロファイルを作るか」(着地する紙の特性データという意味。そこに色彩を縮小して印刷する。)、ということになるのかもしれませんが、、、それが提供されていないところに、「じゃあどうすんだ一体、、」という試行錯誤があります。

え?私? ああ、まずは「(1)せこい、とにかくせこい試し刷り手法の開発」からまずはスタートいたします。
by hanchan-jp | 2013-03-04 10:38 | Comments(0)