「ほっ」と。キャンペーン
<   2017年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧
80インチとか100インチ程度で大画面を語るんじゃねえよ!」と言われた気がww
a0032346_17561487.jpg
#BenQアンバサダー でお借りしていた、ホームシアタープロジェクター HT1070を返却する日が来ました。最後に、いつものスタジオモニターとの画面の大きさを、スタジオで比較してみました。いえ、こんなんじゃなく、もっと全然「大画面」に投影できることがわかって、びっくりしましたwww

 「80インチとか100インチ程度で大画面を語るんじゃねえよ!」と言われた気がしましたww 300インチまで行くんですww 

でっかく投影すればもっともっと、大それた遊びになりそうです。ホームシアターのある暮らし、巨大な壁面をぜひリビングに!ww

あー、欲しい。シアターが! シアターがあると、楽しいです。リビングが。地デジでも。 BenQさん、ありがとうございました!

by hanchan-jp | 2017-01-25 17:56 | Comments(1)
ShutterSnitch パナソニックのカメラとスマホを直接接続撮影できた

iPad用撮影データ表示アプリ、ShutterSnitchで パナソニックのカメラと、直接、接続撮影できました。

パナソニック純正アプリでの接続だと、アシスタント・デザイナー・ライター・クライアントに撮影状態を見せながらのテザー撮影ができません。カメラを操作すると撮影リモート(撮影モードへの移行)になっちゃうからです。 ShutterSnitchだと、アシスタントにライブビューを見せること無く、結果のjpegだけを都度転送(数秒後に届いて全画面表示)できて、アシスタントとか編集者が、前後に戻ったり、レーティングしたりしながら撮影がすすめられるのです(分業)が、今回、パナソニックFZ1000でそれができることを確認しました。きっとGHシリーズでも同じことができるでしょう。知らんかったです。。自分の仕事のスタイルにパナソニック機が対応できることを知って驚愕。 AF撮影での仕事ができそう!


<まずはカメラ側の操作>
Wi-Fi>Wi-Fi機能>新規に接続する>撮影中に画像を送る>スマートフォン>直接接続>手動接続

<つぎにiPadの操作>
Wi-Fi>カメラの名前が出ているので(私の場合はFZ1000-A38EEE)を選ぶ>インフォメーション「i」をタップ>ルーターの下のDNS欄を、ルーターと同じ値にインプット(私の場合はルーター欄が192.168.54.1なので、それと同じ値をインプットした)

Shutter Snitchの立ち上げ コレクションビュー 「+」(新しいコレクションを作る)
a0032346_11131333.jpg
<カメラ側>
「ネットワーク内の機器を選んでください」の「ShutterSnitch xxx」(xxxは端末の名前)を選ぶ
「接続完了しました」 の画面が出て 画面にWi-Fiマーク、本体のWi-Fiランプ点灯で撮影待機

<iPad側> 時折、画面の上部、IPアドレス等が表示されるところに「DLNAに接続」と出る

これで、カメラのシャッターを押すと、JPEGがシャッターを押すたびに、都度数秒後に転送されて、「転送しながら撮影」ができます。

注意としては、iPadのLTE通信(モバイルデータ通信)にならないようにオフにすると安定するのと、
カメラのスリープとかで別のWi-Fiをつかんでしまったときは、慌てずに、ipad側の設定>Wi-Fiからカメラ名を選び直してあげることです。

※ShutterSnitchのフォーラムにありました。カメラが日本語操作なので理解しづらいけどww そこは気合でw
https://www.shuttersnitch.com/forums/viewtopic.php?f=36&t=1418

by hanchan-jp | 2017-01-15 11:09 | Comments(0)
よーし、4K放送をプロジェクター HT1070にぶち込んでみよう!と思い立ちました。
a0032346_20164458.jpg
#BenQアンバサダー で、ホームシアタープロジェクター HT1070を試用しているのですが、大画面ゆえにカメラマンのミスのピンぼけや、カメラによる画質の違いに敏感になります。 正面のカメラは超高画質だけど、舞台上のクレーンの小型カメラはなんだか2Kっぽい感じとか!w テレビ局の収録カメラ体制の違いがあるのかなーと感じます。NHKの紅白は4K・8Kカメラ収録なのか?めっちゃくちゃ高画質。しかし、そうでもないチャンネルもあります。(ただし、これは私が長野県在住で、地方局による再配信のインフラが悪くて、特に民放の地上波は画質が劣化している可能性もあるのかも。)

そっか! よーし、いっそのこと、4K放送をプロジェクターに
ぶち込んでみよう!と思い立ちました! どうなるのでしょう! きっと、プロジェクターの性能を限界まで発揮できるのでは!と。
がしかし!wwうーむ、そうか、、HDMI接続が、著作権処理のHDCP2.2に対応してないんだって、、えーんえーんww 2Kの放送も十分キレイと思える放送もあるので、プロジェクターの性能的には80インチ投影程度では十分満足なんですけどね。 HDCP2.2対応さえしていてくれたら良かったのになあ。。 BenQさん、4K対応バージョンが出たらぜひぜひ(^o^)
あー、発表されてた。。66万円、2月24日発売、本体重量約15キログラム! これは全然別物だわ!大汗


by hanchan-jp | 2017-01-13 20:11 | Comments(0)
プロジェクターにMacをつないで、「秒速5センチメートル」
a0032346_09145060.jpg
#BenQアンバサダー
で、ホームシアタープロジェクター HT1070を試用しているのですが、Amazonプライムでビデオを見てみよう、ということで、プロジェクターにMacをつないで、「秒速5センチメートル」を。予想はしていたけど、少し問題発生。ノートPCからプレゼンのときみたいに普通に「ミラーリング」とかで接続しても、画面の複製になってしまうから?だろうか? 著作権処理だと思われる動作でノートのMacからは再生が止まってしまいます。再スタートしない。面倒なので再生機をMacミニに変更。無事にAmazonビデオを再生できました。 
a0032346_10091899.jpg
プロジェクターの大画面で見る映画の没入感は、やっぱり良いですね。 プロジェクターで映画が表示されると、リビングが「そういう雰囲気」になります。プロジェクターが来て二週間。だんだん目が慣れてきました。画面に近づいてよーく見ると、1920✕1080ドット、と思われる格子が見えます。4Kのプロジェクションだとこれがさらに細かくなるのでしょう。 とにかくキリリとした解像感、レンズや光学系の精度は素晴らしいと感じます。
a0032346_10190887.jpg
モニター期間はあと20日。プロジェクターのない生活に戻れるのだろうかw。


by hanchan-jp | 2017-01-09 10:27 | Comments(0)
It's a Sony展で幻の製品に涙する48歳。
a0032346_00082455.jpg
中学の頃、放送委員でビデオ撮影をやった。放送室にはベータマックスの他に、オープリンリールのビデオもUマチックもあって、校内のスタジオは白黒カメラだったので白黒放送でした。(リアル昭和です。)このF1がデッキ部で、これの操作感覚は、はっきりと覚えているし、この操作パネルを見ていたら、涙が出てきた。懐かしすぎるって。ベータマックス。
a0032346_00082341.jpg
このイヤーパッドの色が、、ボロボロに崩れずに、残っているのが神なのです。(通常使用していた場合は、素材の劣化で崩壊して残ってない。)
a0032346_00082281.jpg
トライジー、というラテカセ。これぞ、本当に欲しかった、出会いたかった品。 ソニーの展示でこれを見たのは僕は初めてでした。だから30年ぶりに見た。
a0032346_00082184.jpg
ソニーロゴが使われる前のソニー製品は、本当に貴重。ガラス越しが基本と思っていたのに、目の前にあった。 資料ではよく出てくる、有名なラジオ。
a0032346_00082591.jpg
家族に「ソニービルは、まずは最上階にエレベータで登って、上から階段を下るに限るんだ。(楽だから。老人だからでなく、若い社員当時からそう思っていたからいいのw)上からなんだ!」と、わけもわからない人をまず最上階へ連れて行った。 なので展示は逆順で見てしまった。


by hanchan-jp | 2017-01-06 00:11 | Comments(0)
大画面で「ビリギャル」を家族で視聴しました。
#BenQアンバサダー で、ホームシアタープロジェクター HT1070を試用しているのですが、先日は地上波で放送されて録画されていた「ビリギャル」を家族で視聴しました。 再生をはじめたら中1の息子から「それはこの前iPodでAmazonビデオで観たよぅ。。(だから観ない)」という不平が、、 そうそう、CM入りの地上波の映画放送なんてねえ。 しかし、まあせっかくの大画面だし、少しは観てみよう、ということに。
a0032346_16085327.jpg
プロジェクターで大画面で観ていると、とにかく主人公の可愛さとか、話の面白さに、ぐいぐい引き込まれてしまいます。30分くらい経過して息子が言いました。「なるほどね、スクリーン(大画面)の良さってわかったわ。。。」 可笑しいところは大笑い、ほろっと来るところは泣いてしまう。 年末年始の夜長に、大画面シアターに浸りました。 やっぱりいいですね。。 10万円程度でここまでの感じがリビングに得られるのは、コスパ的に凄まじいです。 いつものテレビ視聴と、スクリーンでの大画面を、状況や番組に応じてスマートに切り替えできたら、(そういうスタイルが作れたら)ベストでしょう。 テレビの前に「さらさら~」ってスクリーンを下ろしたら、さあ大画面、みたいな場面転換が理想ですね。 しみじみ。



by hanchan-jp | 2017-01-01 16:09 | Comments(0)