<   2017年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
VRソースとして360カメラで空間を地道にキャプチャーしておくw(2017年5月のパノラマ作品一覧 )
VRコンテンツのベースレイヤーにできるかもしれない、というような位置づけも考えつつ、細々と撮っている360度写真です。

↓六本木のオフィスビル。250度で4方向撮ったけど、適当すぎて合わず、結局2方向の合成。


More
by hanchan-jp | 2017-05-30 15:13 | Comments(1)
アルファ9 1年2年で同じレベルにキャッチアップできないと自負している
20分くらいのところで記者の質問「アルファ9の他社比のアドバンテージはどのくらい継続すると見ているか」についてセンサーをカスタムで開発したことと、特別なイメージセンサーを駆動する信号処理回路を完全に刷新していてその組み合わせに関してはなかなか追いつけない。今までの、ミラーレス5年の蓄積と含めて1年2年で同じレベルにキャッチアップできないと自負している、と答えてる。そうなんだ、、すぐにキヤノン、ニコンが追いつくと楽観的に考えていました。本日発売。アルファ9。

by hanchan-jp | 2017-05-26 05:42 | Comments(0)
明るさを1000カンデラ HDR制作用のリファレンスモニター CG3145
ちょっと古いニュースだけど、気付いてなくてスルーしていた内容なので、ブログで書きます。こういうマニアックな内容はフェイスブックに書いても友達が迷惑するから。。ww HDR制作用のリファレンスモニターということで、今まで300カンデラくらいだった明るさを1000カンデラくらいに高めて、高輝度を含むHDR撮影のデータを表示しやすいものになっています。 ディスプレイが高輝度化していくのはこれからのトレンドです。 太陽とか水面のキラキラの部分が、一部眩しく表現できる、ということと、従来低コントラストになっていたlog収録とかHDR撮影写真データが、もっと扱いやすくなる可能性があるということです。 ディスプレイの表示色域はsRBB とかAdobeRGBとか言っていた時代は終わりまして、次の段階がこれです。 要するに新しい広色域です。輝度方向に大きく広がるのです。 動画のカメラはすでにlog収録としてHDR対応が始まっていますが、スチルカメラの静止画撮影でワンショットでHDR撮影?みたいのはあまり聞きませんね。これからかもしれません。このディスプレイ、一部報道では54万円、という価格をどこかで出してたのが見えた気がします。 リファレンスとしてはこれからもしれませんが、もっと単純に、家庭用の4KディスプレイのHDR対応機を入れても、貧乏な場合はw 無いよりは断然楽になるかなーと思っていますがどうでしょうか。
by hanchan-jp | 2017-05-24 03:19 | Comments(0)
「フランジバック調整」のせいなのだろうか。
PDA GALLOPさんにカメラをオーバーホールに出した。確かにズーム全域でオートフォーカス撮影ができる!山下さんが言う「フランジバック調整」のせいなのだろうか。マイクロアジャストが不要になるとは言わないけど、依存度は減る。今日はオートフォーカスで撮影してみよう。

うん、、、未調整の予備機側ではズームや絞りによる変動でAF撮影はできないけど、オーバーホール機はAF撮影できる。。予備機も整備に出そう。なんだー、すごいよ。。これで僕も普通にバシャバシャ撮れるよ。。。。
by hanchan-jp | 2017-05-07 05:14 | Comments(0)
2017年4月のパノラマ作品一覧
病院のシーン。3方向をPTGuiで合成して、まあまあうまくいったなあ、と思えた作品。 手持ちで脳内で軸を決めて回転しながら撮るのです。


East i-D たまたま、見たことない車両が近づいてくるのが見えて、パノラマ用のカメラでとっさに撮影したものです。左側に対象物があります。パノラマ撮影では魚眼の超広角レンズを使っているゆえに対象物が遠くに写ってしまう、ということがあらためてよくわかった事例。


平原駅 電車が停車している間に、ささっと2方向撮ったものの合成。


小諸懐古園 外から この作品は、正面と裏がありながら、正面にしか意味がない場合、パノラマ全体としては変な感じになるなあ、と思いました。(笑)360度パノラマは立ち位置が大事!


小諸懐古園 中から こんなのが撮りたいな、って事前に思っていたアングルでしたが、もっと高画質に撮りたい。


小諸懐古園 石垣の上から 古城の石垣の上から転落したらどうなるんだろう、と思いながら、不安定な足元にめげず、回転しながら撮った写真。


小諸駅 歩道橋の上から 歩道橋の外に腕を出して、空中浮遊感が出ないかなと思って苦労して撮った写真。自分を消し込むためにはどうやったらいいんだろう、ということです。これは自分が写っている製作中のカットも公開すると面白いと思う。


新海三社神社 誰もいない早朝だったのが良かった。360度って、歩行者が誰かいると写真がかわります。


五稜郭 これは惜しくも三脚を構えたカメラマンさんがいます。 三脚を構えられてしまうと、移動していないため、合成でも消せません。スタンプツールとかPhotoshopで消す方法もありますねえ。。そうですねえ。。


八千穂駅 入場料の140円を無人駅なのに払う、、そこから撮影はスタートしています。プロ撮影だと線路付近は許可が大変なんですが、これは単に遊びで撮っているので問題ないでしょう。気楽です。


あぜ道ローアングル ローアングルの場合、撮影体制のきつさと、自分をどうやって消すか、撮影の精度など、いろいろ大変な感じがします。


ロケット型展望台のある公園 滑り台のプラットフォームから撮ってみましたが、足元は惜しくもつながりませんでした。合成前提の360撮影としては難度の高い構図です。
by hanchan-jp | 2017-05-01 22:10 | Comments(0)