<   2017年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧
ドローンのデジカメ部、の攻略を。。
ドローンのデジカメ部、の攻略が出来てないことに気づいて、三脚に取り付けたの図。 「デジカメ」としてカメラに向き合えてないのは問題だなと思った原因に、いつも床に置いてたこと。なにかうまく三脚に取り付けられるソリューションがあればいいのにねえ。。 ピクチャースタイルのようなものとか、項目は多岐に渡るのです。
by hanchan-jp | 2017-06-29 10:01 | Comments(0)
DJIのドローン(ファントム)の飛行時の音はどこにあるの?と思ったら
a0032346_22450491.jpg
DJIのドローン(ファントム)の飛行時の音はどこにあるの?と思ったら、iPadの中に同時記録されたファイル
の中には、音が入ってるじゃん!(機体にはマイクがなく、iPadのマイクの音らしい。)(音付きの、1280×720の動画)
これを取り出す方法がこんなんだとは知らなかった。。解決!

by hanchan-jp | 2017-06-27 22:47 | Comments(0)
EOSでリモート撮影するときの状況
真俯瞰(まふかん)の撮影というのがあります。自分は大型の三脚で例えばこんな風に。
高さ的には天井くらいにカメラをセットします。
基本的に直接カメラを触りに行くのは、骨が折れる状況に。。。
a0032346_10163450.jpg

私の場合、ミラーリングしたディスプレイをカメラ近くまで引き回しています。
a0032346_09485960.jpg
PC画面にはEOS Utilityのリモート撮影の画面を出しています。
EOSの場合、このPCのリモートから、カメラの多くの操作を、
カメラに触らずに行うことができます。
上の写真の場合、ライブビューでグリッドを表示しています。
グリッドを頼りに、製品を並べます。
昔はグリッドが無かったので、画面にテープを貼ったりしましたが、
ライブビューと、このグリッドがついてから、撮影方法や精度も一変しました。
EOSではPC画面上から、AFも、シャッターもできます。
AFは拡大AFも可能。すごいのは「絞込み+拡大AF」です!
レンズは絞り込むことによって、被写界深度が深くなるわけですが、
フォーカスの移動(焦点移動)が発生するレンズも多く、「絞込み+拡大AF」
(またはクリックでの非常に微妙なMF)
をすることで、極めて高精度な撮影が可能になるのです。

EOSでのリモート撮影、PCとの接続撮影は、おそらく35ミリフルサイズの一眼レフとしては
最強のレベルにあります。 このようなリモート撮影は、プロカメラマンにとっては、
そもそも光学ファインダーも無いような、接続撮影専用の特殊なデジカメ
(中判デジタル)(デジタルバック)ではPCを使って撮影するのが当たり前というか、
そうするしかなく、EOSはデジタルバックで撮影するカメラマン(そういうカメラマンは最高峰ですよねw)にも、
違和感のない使い勝手を提供していると思います。

さて、なぜこのような説明を書いたかというと、、湯浅さんのブログを読んだからです。

これは、今大人気、最高に注目度の高いソニーのアルファが、
PC接続撮影ではまだまだ不便なことが多く、EOSをやめることはできない、
というような内容になっています。多くのカメラマンが、「そっかー、ソニーはまだまだかー」
と参考になったというコメントや、いいね!をしています。(涙)

PC直結撮影のようなことは、まあまさにプロが主に使うだけの機能で、
それの開発にコストや手間をかけるのは大変かもしれませんが、
キヤノンからソニーに入れ替えよう!なんて考える時に、
キヤノンでできたことのすべてが他社でもできる!ということであれば、
今までの機材を売却とかして資金にもできるし、
入れ替えでのソニー参入、とかできたらしてみたいわけです。
アルファ9、というプロ仕様の話題にカメラが出て、心が大揺れに揺れているカメラマンが多いと思うんですが、
(私もその一人)
しかし、「EOSでしかできない」という撮影がある限り、むしろEOSを選択し続けるしかありません。
単体のカメラを触って「よしよし」なんて世界ではありません。
カメラはシステム全体での評価で、私にとってはEOSは最強のシステムなのです。。

いやしかし、、もしかしたらパナソニックも、使ってみたらすごいリモートあるかもしれないし?!
研究してみる必要はあるのかなーと思います。


by hanchan-jp | 2017-06-24 10:13 | Comments(0)
27型 WQHDデザイナーディスプレイ PD2700Q
a0032346_02584813.jpg
27型 WQHDデザイナーディスプレイ PD2700QというBenQのディスプレイがやってきました。BenQの4KディスプレイPD3200Uもあるので、並べてみました。4Kの32インチはスタンド部分がワンタッチで外れる3ピースの構造ですね。27型はVESAマウントで梱包時からマウントされていて、2ピース。
a0032346_09242511.gif
左の32型4Kディスプレイのほうが高く上がるのは、よく見ると縦位置を成立させるためには、画面が大きいぶん、高くする必要があるのですね。
アニメーションで最後に登場しているのは55インチ4K。
a0032346_03000902.jpg
今度の比較対象は、自分の27型(左)EIZOのSX2761W(1920×1200) 右がBenQの27型。対角線は同じ27インチなのですが、縦横比が違うために、面積が小さく見えます。
a0032346_02584709.jpg
スクリーンキャプチャーして単純に並べて比較。上から4K、今回のBenQ27インチ、自分の27インチです。ピクセル数の大きさがそのまま出てます。
a0032346_02584700.jpg
しかし、実際の見え方の寸法を元に調整すると↑こんな見え方に。4Kディスプレイは2Kを4枚敷き詰めると対角線の長さは54インチになって欲しいのに32インチに収めてしまうと、字とかいろんな要素が小さくなりがち。
ウインドウズではOSの機能としてそんな小さな文字にならないように、自動で大きくするのがデフォルトになっています。 ただし、アプリによって大きくならない字があったり、解像感がグダグダになるアプリがあったり、、32インチ4Kをどのようにサイズ調整して使うべきなのか迷います。なにが言いたいかというと、32インチ4Kというディスプレイはなかなかに悩ましいサイズということです。(正直少し手を焼いています。)

 今回届いた27インチは、ほどよい高密度で、ほどよい解像度と感じます。 27インチ、2560×1440は、なかなかにちょうどよい、程よい「レチナ感」(高密度感)と言えます。

まだカラーマネジメントはなにもせず、届いた状態で使っています。色については明日。

BenQアンバサダーでお借りしています。 アンバサダーといっても、ノーギャラです。w マニア心を満たすための遊びとしてやっていることなので、本音で、欲しい機種かどうか、考えていきます! 以前に評価したカラーマネジメントディスプレイSW2700PTは、すごかったですよね。あれは超良かった!
a0032346_03222206.jpg
価格は6.5万円。色の精度、ピクセルのキレイさ。SW2700PTは今でもイチオシで欲しい機種です。EIZOのカラーエッジのかわりに使える、ハイエンドディスプレイです。
a0032346_03250455.jpg
今回届いた機種デザイナーズディスプレイ PD2700Qは約4.9万円です。 まだ攻略してませんが、、なんとなく、、フォトグラファーの自分としては、素直に「カラーマネジメントディスプレイSW2700PT」にしておいたほうが楽そう!って感じています。。 いえいえ、まだキャリブレーション(調整)してないんだけど、、、、ww だいたい、デザイナーズ、って書いてあるんだし。。。フォトグラファーは「カラーマネジメント」に決まってる! いや、デザイナーさんも、カラマネよろしくお願いします!ってば!ww いやいや、、とにかく続きは明日w (追記:キャリブレーションを済ませると、約4.9万円のPD2700Qは落ち着いた調子・快適になりました。sRGB色域なのでいろんな発色も暴れず快適に思えます。)
by hanchan-jp | 2017-06-24 03:27 | Comments(0)
HTC Vive 不具合発生?!
a0032346_23062750.jpg
HTC VIVEというVRゴーグルが通電しなくなってまる二日。さすがに焦ってきました。
スタジオ内で移設するたびに、電源が入らなくなるトラブルが起こりました。
a0032346_15120642.jpg
ソフトを再インストール試みても、デバイスを探し続けてぐるぐるのまま。
この「リンクボックス」というユニットが冷え切っていて、全然通電している感じがしないのです。。
a0032346_15153812.jpg
a0032346_15302701.jpg
こんなエラーが出て全然起動しない。
困って、HTCのサポートに連絡をしました。
ちゃんと意外なほど(失礼)スピーディーに!日本語でサポートのメールが来て、
こちらの状況をいろいろ調べてサポートに返信したりしていました。

ふと、あやしいと思っていた「リンクボックス」をいつもと違うコンセントに差し込んでみました。
今まで刺し直しは、何十回もしていたのですが、別のコンセントにはあまり刺してなかった。

「あ、、、、、」あっけなく、ヘッドセットのグリーンランプが点灯。

超詳細に、ヘルプデスクにレポートを書いて送信していたのに、
いざ解決してみれば、単に電源がちゃんと入ってなかった、というだけの症状だったのです!!(愕然)

速やかに、サポートに調査中断をお願いして、
私は、セットアップを無事完了しました。

教訓としては、、、
このような慣れない機器は、
いざ不調になったときの勘どころもわからず、
パニックになりがちだけど、落ち着いてがんばろう、、そんな感じでしょうか。。

うーん。。

今回、トラブル発生時のサポート体制として、私が購入したショップに、
1ヶ月あたり1000円で「即時新品交換」などの特別保証体制が受けられることを、
私は後になって知りました。サポート入会資格を失ってから気づいたのです。
メーカー(HTC)のサポートが2-3週間、決着にかかることがあるらしく、
ショップ側が、サポート体制を持っているようです。

一ヶ月あたり1,000円で、一年間なので合計12,000円。
今回、回復したから良いものの、
回復の道筋が見えなかった場合は、手厚いサポートに入っておくべきだった、
と、深く後悔していたと思います。
結果的には、もしも電源コンセントの接触かなになの、不具合だけだったっぽいのに、
即時新品交換、みたいなケアがとられたら、もったいなかったですね。
販売店にもメーカーにも、良くないことだったろう、、

まあ、とにかく、自分が詳しくない未知のモノを買う時に、万一の場合を考えて、
良く調べたほうが良いですね。(教訓)

by hanchan-jp | 2017-06-23 23:18 | Comments(0)
4K動画のドローン用に、格安な並行品にチャレンジ!
a0032346_12581975.jpg
4K動画のドローン用に、格安な並行品にチャレンジ! (価格は国内版発売時の1/3くらいで、4,699円)さて、ホンモノなんだろうか?ww
a0032346_12584858.jpg
パッケージの内側のレスキュープロが通れば、結構ホンモノっぽい雰囲気かもww

a0032346_12590580.jpg
実測ではほぼカタログ表記に近い数字でした! 手持ちの似たスペックのトランセンドより書き込みが二倍以上早い。。


by hanchan-jp | 2017-06-19 13:01 | Comments(0)
マイクをスーパーブームに付けたら良かった件w
a0032346_12140324.jpg
先日の動画撮影で、音声用のガンマイクをスーパーブームにつけてみたら、角度調整も含めてめっちゃ使い勝手良かった。
by hanchan-jp | 2017-06-17 12:16 | Comments(0)
没入系のもの
a0032346_11110627.jpg
妻が不在中に届いた、没入系のものが、、ww

a0032346_11103916.jpg
昨年夏に初体験したのと、同じやつだと今確認。
by hanchan-jp | 2017-06-17 11:12 | Comments(0)
4K表示のためにも、強そうなグラフィックカード
a0032346_02024714.jpg
4Kディスプレイをドライブするために、前から使ってきたグラフィックカード(左)ではパワー不足な気がします。さすがに4倍の面積を表示しているからでしょうか。 強そうなグラフィックカード(右)を買ってきました。。。 いや、4K表示というだけでなく、実はVRゴーグルをPCに接続するための投資でもあるのですけれど。。 強いグラフィックカードにしたら、4Kディスプレイを2台!w接続wしても特にストレスは無いようです。 #BenQアンバサダー
by hanchan-jp | 2017-06-13 02:10 | Comments(0)
55インチのスタジオモニターをやってみる。スチール撮影なんですけどねww
a0032346_01313741.jpg

4Kの55インチで撮影してみた。モデル側にはミラーリングで4Kの32インチ。ライブビューが大きくて楽! 撮影後のビュー(シャッター2秒後くらいに表示)を並べても、さらに右に参照用のウエブページとか表示出来た。55インチ近接はしかし大きすぎるけど、まあカメラの位置ぐらいからも見やすかった。いやカメラマンはPCの大画面ライブビューを見ながらマウスで撮影するので、結局とにかく近くて大きかったんだけど、細部にまで気を配るには良かったです。#BenQアンバサダーでお借りしています。

追記:しかし、この55インチディスプレイ、BenQ ST550Kをフォトグラファー向けのパソコン用ディスプレイとして評価するならば、理想的とは言えません。ドットは少し省略があり、至近距離では少しのざらつきを感じます。家庭用テレビの液晶からチューナーを外したような成り立ちに思える、そんな感じ。モデル側に配してる、32インチ 4K UHDデザイナーディスプレイ PD3200UはsRGBに準拠した使いやすいものです。ただし32インチの4K、というのは欲を言えばちょっと高密な感じ。4Kディスプレイは想像するに、自分には40インチくらいが理想に思える。。
by hanchan-jp | 2017-06-12 23:19 | Comments(3)