<   2017年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧
Windows10最短再インストール挑戦記
Windows10最短再インストール挑戦記。

前提:
・インストールUSBを事前に作ってからのスタート。作る時間は含まず。
・いつも使うソフト、環境を気づく範囲でほぼ完成するまでやる。
・OSドライブはSSD

結果:
・ざっくりいって、1時間10分でかなりのところまで出来た。
・アプリごとに再起動を要求されることがなぜか少なく、それゆえの高速化もあった。
・ダウンロード、インストールは、構わず複数並行した。

22:30 作業スタート。USBを刺して電源オン
22:35 ファイルコピースタート
22:42 再起動
22:45 再起動
22:48 更新プログラム 完了 ログイン
22:50 こんにちは 数分かかることがあります 表示
22:53 起動
23:00 グラフィックドライバNVIDIAダウンロード開始
23:01 Adobe CCダウンロード開始
23:10 EOS関連ダウンロード開始
23:15 Windowsアップデート開始
23:17 GoogleChromeインストール開始
23:35 iTunesインストール開始
23:40 Adobe CCインストール完了(1時間10分。ここでほぼほぼ、完了の雰囲気。)ーーーーー
23:41 HTC VIVEインストール開始
0:44 プリンターインストール完了 インストールほぼ完了。再起動。

by hanchan-jp | 2017-08-10 12:42 | Comments(0)
トイドローンについて 私の覚え書き。
トイドローンについて 私の覚え書き。

私の一号機 手のひらサイズのコンパクトのやつ。 20分充電して5分くらいしか飛べない。 小さすぎるけど、安全で、家族も顔面に当たりそうになってもよけないくらい。(写真右) 交換バッテリーにすることもできず、充電が頻繁過ぎて練習に集中できなかった。まさかこんな小さくておもちゃとは知らずに注文したもの。高度は安定し(ある程度ホバリング)操縦は楽だった。 翌日には左のもう少し大きい機体を注文。
a0032346_18565384.jpg
左の機体は、がぜんパワーがあり、ケガの危険性を感じた。操作を良く読まずにスイッチを入れていきなり浮上してプロペラ破損。そこからのスタートだった。 (1)飛ばすどこではなく、まずは地面を這わすように、徹底的に地上でわずかに浮かすようにして、単にラジコンの練習を1時間以上。(2)その後慣れてきたら浮かせてみる。しかし微妙に狂っていて、まっすぐ浮かない。 「浮かせたら微調整ボタンを速やかに連打してホバリングを達成するのが大事!」 (3)そもそも同じ高度を保つのすらも最初は難しいので、同時に微調整をするのは大変! (4)なんとなくホバリングができるようになったら、少しずつ動かしてみる。 前後、左右、上下。思うように出来るまで数時間かかる。 (5)動かすことも大事だが、狙った場所に止めるのも大事。 (6)慣れてきたら、ドローンをお尻側から見てる方向だけでなく、対面にしての飛行も練習。左右の操作が逆になるので、一気に難しくなる。 (7)スピードを上げたり、わざと乱暴に操縦したりして、さらに慣らす。 (8)屋外で飛ばしてみる。 屋外は室内よりも楽といえば楽。しかし気が大きくなると屋根の上にロストするだろう。 (9)プロペラの破損以外にもモーターの故障も起こってくる。 モーターの故障は、衝突の瞬間にパワーをかけていると起こりやすいかもしれない。 トイドローンは壊れにくいけど、いたわることも大事だと思う。
a0032346_19123285.jpg
モーターは消耗品なので、「ない!」「壊れた!」って嘆く前に、元気なうちに、事前に取り寄せておけば、ゆううつにならずに済みますw 自分の機体の場合ははんだ付けが必要です。 (10) トイドローンだけじゃやだから、DJI Phantom4など、本格的なドローンも買う。 しかし、ファントムとかは大きく、そしてコンピュータでど安定していて、あんまり面白くないことが判明。 (11) 結局日々、トイドローンで、無駄なくらい高度な練習をくみ上げて、自由自在に操縦できるように練習している。 (12)その練習の成果は、そのまま実際の空の飛行、DJIファントムなどのちゃんとしたドローンの操縦に即生きてくる技術だとつくづく思います。
by hanchan-jp | 2017-08-08 19:18 | Comments(0)
本来有償だったはずのVR編集用プラグインのダウンロード案内が「確かにきた!」
たしかに、この記事のとおりに、機械的にメール出しただけで、
本来有償だったはずのVR編集用プラグインのダウンロード案内が「確かにきた!」よ!ww

アドビ様が、SkyBoxというVR編集用の有償プラグインをまるごとお買い上げて
ユーザーに無償配布してくださっている、という流れでありますww

きっとまあ、PremiereProCCに標準搭載されるまでの仮の処理なのかなーと
思いますけれど、、VR編集をする人はぜひ!

by hanchan-jp | 2017-08-08 13:51 | Comments(0)
僕はカラーグレーディング、ってgrade、っていう英単語に寄って考えます。
ふーん、僕はカラーグレーディング、ってgrade、っていう英単語に寄って考えます。
重みづけとか、トーンの勾配を変えるとか、まるっきりへんてこな?logの映像も、しっかり
再配置すること、グレイド(grade)してあげることを指していると思います。

カラーをグレイド(grade)してあげることと、色を調整することは、相反することではないです。

グレイド(grade)は色域変換のようなことも含んでいて、カラーコレクションは
まさに色調整だと感じます。まあどちらも単に直訳で。 どっちもお互いの意味を含有しているけど、
グレイド(grade)のほうが単なる補正を超えた、がっつりの変換作業、って
イメージでも良いのではと、記事をさらっと読んで思いました。


by hanchan-jp | 2017-08-08 12:31 | Comments(0)
ちょっとまて、なぜこのタイミングで旧型(いや現行ですw)の販促をするんだw
ちょっとまて、なぜこのタイミングで旧型(いや現行ですw)の販促をするんだ?!
受注期間は9月1日正午~10月31日正午まで。」ってさあ、
そこから読み解けば、新型のシータ4Kってその期間に発売されるとは思えない。。。
ですよね、、、部品や在庫の一掃の期間がそれなの?って思えちゃう。
シータ4Kが発売されたら、シータSCってさすがにコラボ製品仕立てたって、
動かなくなることは想像できるし。または、シータ4KがSCとかなり異なる
価格帯(結構上位価格)なのかもしれないですね。。などと読んでみましたww

えーん、待ち遠しいよお、シータ4K。。。



by hanchan-jp | 2017-08-08 12:17 | Comments(0)
9800円くらいで買った、おもちゃっぽい220度パノラマカメラ(魚眼)水中カメラが、価格の割に案外良かったw
a0032346_00092780.jpg
a0032346_00043628.jpg
9800円くらいで買った、おもちゃっぽい220度パノラマカメラ(魚眼)水中カメラが、価格の割に案外良かったw


by hanchan-jp | 2017-08-08 00:06 | Comments(0)
複眼のVRカメラ(立体) 180度だからカメラマン写らないやつ。
VRカメラ、79800円。「シータ4Kの発売前じゃん」、と思うじゃないですか。
こいつは、複眼で立体視なのです。。 VRコンテンツには立体と平面があって、
立体はやっぱりリアルなのです。。。カメラが人間の目と同じくらい離れている
この手のカメラが良いですね。。。そして、360度ではないので、カメラクルーが
写らなくて済む。。こっちだよなーーーww


by hanchan-jp | 2017-08-07 11:45 | Comments(0)
Entapano2今までありがとう!
a0032346_14204686.jpg
Entapano2、という250度パノラマカメラをずっとお借りしてきました。黒いマスキングテープで全体を保護していたので見た目はこんな感じw いつも気軽に持ち歩くには、借り物のカメラってプレッシャーあるので、糊残りしないマスキングテープ(mt foto)で保護してました。
a0032346_14204637.jpg
このEntapano2で撮ると、魚眼レンズで250度の光景がワンショットで得られます。「リコーのシータだったら360度じゃん」ということですが、その通りです。
a0032346_14204602.jpg
シータ(私のはシータSC)だと180度くらいのカメラが前後張り合わせになっていて、シャッターを切ると、内部でくっつけられて保存されているようです。
a0032346_14204591.jpg
等倍比較してみましょう。まずはEntapano2。Entapano2の画質を知りたい、なんて人はこのブログの読者でもほぼいない、って確信できますけどwまあ一応ねww
a0032346_14204501.jpg
こっちがリコーのシータSCの等倍です。(多少明るさを補正ずみ)

実際のパノラマは、↑こっちがEntapano2です。(リンク先)



で、こっち↑がリコーのシータSCの実際のパノラマ(リンク先)


「250度片面しかないじゃん」と思われちゃうEntapano2のほうが多少キリリとしているのです。そこは業務機であるEntapano2の面目躍如でしょうか。リコーシータSCの静止画も、実際使っていると、十分に高画質と思えるのですが、、、

冒頭の書き出しで、「Entapano2、という250度パノラマカメラをずっとお借りしてきました。」と過去形で書きました。。画質の良いEntapano2ですが、約2.3万円でシータSCを買ったあとは、なかなか家から持ち出せませんでした。理由は(1)シータSCは軽量コンパクトでカバンの中に存在を感じさせないくらい小さい(Entapano2はそうでもない。ずっしりw) (2)シータSCはスマホからライブビューでばんばん撮れて楽しい(Entapano2は本体SDメモリーに保存。Wi-FiのSDカードにしたら転送撮影できたけど、、でもシータSCのほうがさすがに楽しい。)  (3)リコーシータSCは甘い2Kパノラマ動画だけど、一応動画も撮れて楽しい。。

ああ、もうリコーシータSCの良さを書いてもしょうがないですね。。ww まあ、そんなわけで、僕にパノラマ撮影の面白さを教えてくれたEntapano2とお別れすることにして、マスキングテープも取り去りました。
a0032346_14213796.jpg
おお、写真は適当だけど、新品同様の雰囲気で蘇りました。。。ありがとう。。ちなみに、はかりと一緒に撮影していたのは、マスキングによる重量増は何グラムだったのか知りたくて、はかりをスタンバイさせていたのです。結果は、、4gでした。どうでもいいですねw 4gという重量はほぼ感じないものです。 Entapano2今までありがとう!

More
by hanchan-jp | 2017-08-05 14:49 | Comments(0)