「ほっ」と。キャンペーン
タグ:エプソンプロセレクションブログ ( 12 ) タグの人気記事
「写真を撮る」ということが好きになるかも
ウルトラスムースファイン・アートペーパーの大伸ばしプリントが出てきた。はっ!と息を呑んだ。 ディスプレイで十分画像は評価できる、と思っていたがディスプレイ表示解像度と、印刷解像度の違い!! 今更ですがビチーっと密度濃く感じられるアートペーパーの風合いがその感動を大きくしたのかもしれないっす。
a0032346_2256693.jpg
最高傑作と思っていたベルベットファイン・アートペーパーと比較すると、

ウルトラ・・・生成りの暖かさ、スムースな表面ゆえの圧倒的な滑らかさ、上品さ
ベルベット・・・漂白ホワイトっぽい明るさ、ざくっとした表面のパワー、エネルギッシュさ

そんな感じだ。 どちらも肌色の色乗りはフレスコジクレーより全然良いのだ。(ちなみに色味の不足感がもしあったとしても結局アイワンのロボットアームとか使って高精度プロファイルを作れば解決してしまう。と考えると補正前の色味をどうこう論じるのもあれだ。。。)

その感動のまま光沢紙のクリスピア用紙でも印刷してみる。今までなにかと「マット紙はパワー不足」「光沢紙こそがリアル」というような思いを持っていた私だったのだが、「光沢は良い、しかしコンテンツは光沢の向こう側にある」と感じてしまった。アートペーパーは作品の中身(表面)に触れる距離感、それゆえのリアル、ちょっと上品な風合いがいい。

とかく「アートペーパーはパンチ不足、なにか不足」と思っていた私の感覚が変わりました。こんなことなら私の仕事のすべてを、アートペーパーで仕上げたい!と思います。それもありでしょうww!! と、かなり熱くなった「初日です!」ww 膨大な残り枚数(22枚)ありますので、大掛かりに考えず、いたづら心で「ちょっと刷ってみるか!」のノリでプリントしてみたい。「写真を撮る」ということがあらためて好きになるかもしれないから。
by hanchan-jp | 2013-08-07 23:11 | Comments(0)
今日必着でエプソンにプリントを送る約束
いつだっけ?(締め切りを調べる)今日でしょう!orz 今日必着でエプソンにプリントを送る約束だったのです。そしてさきほど開封して、イマココ↓
a0032346_1591848.jpg
最初に習慣で紙をA4化していました。(せこいテスト刷り用)A4化して初めてウルトラスムースファイン・アートペーパーが「ごわっ」とした厚い紙だと気づきました。対してベルベットは薄い。単体では感じないですね。今までベルベットが薄いと感じたことは無かったので。

そして、ベルベットは「白い」です。。。ウルトラは(←そこで切るか!ww以下ウルトラww)比較上は生成り方面ですね!

(はっ!ブログやってないで印刷しようよ!!)
by hanchan-jp | 2013-08-07 15:17 | Comments(0)
エプソンから12500円の紙が到着しちゃってます
げげっ、エプソンから12500円の紙が到着しちゃってますよ!ウルトラスムースファイン・アートペーパー、25枚入り。
a0032346_18272526.jpg
おらひ先輩(仮名)は「ベルベットファイン・アートペーパーの格下の紙だよ」的なことを言ってました。(←いえ、気のせい、いや、記憶違いだったかも。。(^_^;))果たしてどんなじゃじゃ馬、いえ、ハイクオリティーペーパーなのでしょうか。(編集部注:価格的には両者同等です。)

エプソンサイトより、ベルベットファイン・アートペーパーの説明↓
ーーーーーーーーーーーーーー
コントラストや、彩度が高いファインアート複製出力にお勧めの、品の良い用紙です。
ーーーーーーーーーーーーーー

(うん、今まで自分も感じていた通りの説明だ。)


エプソンサイトより、ウルトラスムースファイン・アートペーパーの説明↓
ーーーーーーーーーーーーーー
自然な風合いの白黒フォト、ファインアート複製出力にお勧めの芸術性の高い用紙です。
ーーーーーーーーーーーーーー

うむ?白黒と、複製出力に向いているとな、、、、(・∀・)なんか業務用的な?!WW
おいらがターゲットとするカラープリントはどうなんだ、、、、(^_^;)

いったいどんな紙なんでしょうね。「どっちか買うとしたらベルベット買っちゃうんじゃね?」的な(そこまで言うか!WW)流れを打ち破るなにかがあるのか、、、あらたなる探求がはじまる。。。。
by hanchan-jp | 2013-07-11 18:39 | Comments(2)
エプソンの高級プリンター用紙のモニター本日締め切り!
エプソンの高級プリンター用紙のモニター本日締め切り! 今朝起きて「あっ!」と思い出して青くなって調べったらまさに今日だった。これから申し込んできまーす。今回は『ウルトラスムースファインアートペーパー(A3ノビサイズ 20枚入り)』です!
a0032346_140581.jpg

by hanchan-jp | 2013-07-02 13:57 | Comments(0)
絶対お別れできない、、PX-7V
PX-7Vのモニター期間もあと少しで終わりです、みたいなお知らせが届いた。我々はPX-7Vを2~3日使った段階で「こりゃいいわ!!」と購入を決めてたので、お別れにはなりません。モニターをしているからではなく、マジでPX-7Vはカラー写真を印刷するほとんどの人が、満足できるプリンターでしょう。私が7Vの好きと思うポイントは

PX-7V良いとこ(1)カラーマネジメント的な正確性が前モデルのG5300より上がっている感じ(うちの場合は不調のPX-5600よりも良いくらい。)で、安心して使える。グロスオプティマイザーが光線の加減で青っぽく感じられる場合は、グロスをオフにしてもほぼ問題ないプリントが得られます。ぶっちゃけ我々はほとんどいつもオフで使ってます。

PX-7V良いとこ(2)フォトブラックとマットブラックを常時装着スタンバイ状態なので、切り替えなく光沢写真とマット紙写真、事務的なスーパーファイン書類、CDレーベル、あらゆる日常の印刷に対応できる。 PX-5Vで調子良く印刷していて、ときどき7Vを使うのはその懐の広さゆえ。

PX-7V良いとこ(3)ワイヤレス接続。これは5Vの時からそうなんだけど、便利すぎる。複数PCでの共有です。あのUSBつなぎ替えの手間がない。コンセントさえあれば部屋の隅とかとんでもないところにも置ける。一度セットすればワイヤレスでつないでいる、ということを日常意識することもない。

あまりたくさん列挙してもアレなので、3ポイントだけあげました。うちに過去のエプソンのプリンターがいろいろありますが、5Vと7Vの2台は格が違う感じで、他の古いやつを使いたい感じが全くしなくなっています。(唯一、マットブラック専用機として地味なマット紙仕事に、PX-5600のみ現役で使用)
a0032346_3175148.jpg
写真はなぜかPX-5Vですね。。。(笑)5Vは繊細なディテールを出したい印刷に最適で、何年も写真やってて、今年はこの5Vのプリントがキレイなので、過去最高の写真を量産できてると感じています。5Vはカラーマネジメント的な違和感、トラブルが全くなく、画面で調整した印象がそのままプリントに反映されます。明るさ感を間違えることはありますけどね、基本的な色味は常に合っている印象です。

PX-5VとPX-7V、どちらか一台だけ選べと言われたら、、それはやっぱり選べない。(笑)プロ写真としてのデリケートな世界とモノクロを重視ならぜひ5V、パンチのある写真(両者ほとんど同じようなものだけど、専門的眼であえて表現するならばくっきりしていてキレイ)と「グロス光沢」と日常の便利さといったら7V。

あと、5Vはインクが大容量なので、インクが終わると一本2200円くらい?心理的に今までと違うのです。(別に実際は高コストなわけではない。)印刷の量が少ないユーザーが長期間、揺すられもしない(撹拌なし?)の5Vだとインク内部沈殿とかで良くなかったりして?(全くの憶測)

7Vはなんと撹拌のオンオフみたいのがあって、要するに無駄にヘッドが往復してみるみたいな動作、あれで「インクシェイクシェイク!」させてるんだそうで。うーん、いいわ最強w。やっぱり7Vは「買い!」かもですね。我々貧乏なのに絶対お別れ(返却)できない機種でした。あ、あのー、買いま~す!(笑)
by hanchan-jp | 2011-12-20 03:27 | Comments(0)
【速報】PX-7V、お買い上げ決定【妻がGOサイン】
a0032346_1734980.jpg
【速報】PX-7V、お買い上げ決定しました!!【妻がGOサイン】

使い始めて2~3日のような気がしますが、(1)写真用紙、マット紙、CD盤面いろんな印刷を精度高くこなしてくれる (2)色が大丈夫だった (3)艶や保護膜としてのグロスも塗れる (4)いろいろできて実用性が非常に高い

だいたいそんな理由からもう「これは買おう」って決まりました。(^o^)やったーーー

さっき、CD盤面のパネルオープン状態で、A4印刷のジョブを流してしまった。画面になにか警告出てたけど、プリンターのパネルを閉じに行った。そしたら、、画面の警告みたいのも消えて、印刷が自動的に始まってた!!(今までの機種では間違えるとジョブ全体が無効になっていたはず。) エライ!!そうでなくちゃ。 

フロントパネルを閉めたままうっかりA4印刷開始していたら、コシのある写真用紙だからかもしれないが、自動的に「パンッッ!」とか音がして「おおどうした!」と(無線LANプリンターで席から結構遠いところにあるので、駆け寄って確認しているのです。)思ったら勝手にフタが開いて印刷開始してた。。今までの機種もそういう機構っぽくなっていると思われるが、ここまで完璧に動作したのを初めてみた。

追記:その後、フォトマット紙で再挑戦したところ、敗退(ジャム)しました。(笑)

いろいろブラッシュアップして、とにかく使い心地がいい。高性能実用機、そんな風に位置づけて付き合いたいと思う。これからもよろしく、PX-7Vサマ。
by hanchan-jp | 2011-11-09 17:18 | Comments(8)
せっかくたくさん
a0032346_23523376.jpg
PX-7V研究中。今グロスオプティマイザーの使用を一時的にやめて、写真印刷をやってみてます。7Vの前の機種G5300でグロスを省略すると、少し違和感があったと思うのですが、7Vでは違和感がかなり軽減されている気がします。まあね、インクのあるところと無いところで「盛り」のエッジが見えるときもあるんですけどね。(もしかしてそのエッジがくっきり感につながっている?)←憶測すぎ

なんていうか、グロスを塗ることによる青みの違和感と、グロスを塗らないことによる青みが無いという幸福感、どっちをとるんだ!!というところ。で、とりあえずグロスなしで。(笑)←せっかくたくさん買ったのですが、、、、、

グロスなしのプリントを手にとって「これは不満」って思う人は、おそらくあまりいないと思います。ぜひ興味あるなと思った方、グロスのあるなしを評価してみてください。もちろん、光沢をかけたいときは塗って塗ってピカピカにしますよ!!(当然です)

追記:グロスを塗らないときもプリント全体に光沢感がありますよ、、、なんで? そうです、ペーパーそのものの光沢感です。 今ピクトリコのベルベッティーペーパーっていう、バライタ系の紙にグロスなしで出したら、すごくバッチリ!! バライタの風合いが出てて最高。しかも解像度設定普通で出しているのに、キリキリに解像してる感があるんだよなー。(すみません、冷静さをかいているインプレだと思います。あくまで仕事中に仕事用のプリントをしているだけでして。検証不十分です。)
by hanchan-jp | 2011-11-08 23:52 | Comments(5)
PX-7Vには楽しみ
a0032346_23492962.jpg
インク番号66番~! エプソン最新プリンターPX-7Vのインクです。手前に買い込んだのは「グロスオプティマイザ-」艶が出るのと、顔料インク塗布面に平滑性が出ます。最近使い始めて、早速グロスオプティマイザーが大量に必要になりました。これでも足りないでしょう。

さて、(比べられませんって話題の!)最新最強のPX-5Vと、7Vの比較をほんの一枚の写真だけでやりました。(マットブラックインク装着時)

PX-7Vの好ましい部分、それは「なんだかメリハリが、パリっとカリッと見える気がする」ということです。比べる5Vがやや軟調に見えたりします。ただ5Vは「もしも比較の上で軟調のように見えても緻密!」で、7Vは「なんだかメリハリがカリっと心地よく、見栄えが良い!」のです。(体験者の感想です。w)

うーん、なるほどこれは「5Vを売ってお金にして7Vを買う」っていう人の気持ちが良くわかりました。7Vのマットブラック装着使用は、光沢のある写真印刷と、美しいマット紙(スーパーファイン専用紙)への印刷が両立している夢のモードなのです。極めて実用性が高いです。7Vの性能とめりはり描写があれば、設置場所との兼ね合いで5Vをリストラするのも本当にアリだと思います。

7Vはさすが「ヒト桁」フラッグシップ機。最新最強の5Vをも押しのける魅力を、一発目の印刷から私に見せつけてくれました。一枚のプリントから7Vを評価してないで、他にもいろいろプリントしてみようと思います。ブルーインクを装着してポジフィルム調の色彩の印刷を試みるとか、PX-7Vには楽しみがたくさんあります。

おわび追記:人物写真を印刷してみたら、なんか初出時と違う印象だったので、記事をシンプルにしちゃいました。現在調査中です。すいません。m(_ _)m

調査報告書1:アプリケーション側でカラマネをすると良好なプリントだが、プリンタードライバー側でカラマネ(AdobeRGBデータをAdobeRGBで印刷)させるとわずかに色が違うようだ。(当方のPhotosnopCS3 Win764bitにて)orz Ver6.71 ←とにかくアプリケーション側でカラマネしておけば間違いない!バッチリ色合いますよ!

調査報告書2:グロスオプティマイザーを塗布すると、紙白が変化します。空っぽの真っ白なデータを印刷すれば、グロスオプティマイザーがやっぱりほんの少し青い、ということがかすかにわかります。仮に色温度で考えれば100K~200Kとかそのくらいじゃない?これ完全な透明ならいいのになぁ。。
(扉写真 リコーGRD4で撮影)
by hanchan-jp | 2011-11-06 23:39 | Comments(6)
いつものように愛する箱を
PX-7V
a0032346_13382524.jpg
ハンダユウ爺さん(43歳)、いつものように愛する箱を積んでいます。気をつけて。
a0032346_13393393.jpg
(説明書を読んで正しく使いましょう。)
by hanchan-jp | 2011-10-04 13:40 | Comments(10)
PX-7Vと散歩

引き続き「箱萌え」のまま進行しております! お散歩だなんて。愛だなー。愛。

PX-7V
by hanchan-jp | 2011-10-03 15:49 | Comments(8)