タグ:カメラマンのためのノートパソコン ( 7 ) タグの人気記事
カメラマンのためのノートPCの新型が発表になったので、
カメラマンのためのノートPCの新型が発表になったので、
それに触れないわけにはいかないと思いました。表示カラマネ、AdobeRGBとNTSCに100%対応とくれば動画静止画いったり来たりの業務用としてまずは完璧でしょう。

価格が安くなって性能が上がったのと、待望のeSATA端子搭載ということです。これがあるということは職場のすべての外付けHDDと高速で接続できます。 超ツボなスペックでした。これ私が買わないのは頭がおかしいか、お金が全くないか、どちらかでしょう。(頭がおかしくてお金もない私はどちらに入りますか)

私の構成例で24万円です。現行マックブックプロの2倍くらいの性能は常時出てると思います。私の関心はその先の5倍10倍と差がつくGPGPUがPremiereCS5との組み合わせで動くのかどうか、それです。

そして、これで自宅で倒れながらの徹夜動画編集ができる喜びを。私の仕事スタイルに革命をもたらします。

究極な徹夜作業を手に入れた、究極のオールインワン。
by hanchan-jp | 2010-01-19 00:02 | Comments(25)
撮影にノートパソコン
a0032346_1414395.jpg
昭和30年の撮影風景


昭和30年の頃はまだカラー撮影ではなかったので、正確でない表示のノートパソコンがこのように使われていたのだと思われる。

カメラマンのためのノートパソコンがソニー以外からもこの先続々出るらしいという話を聞いた。すばらしい。選択肢が増えるなんて・・・。この調子でぜひMac Bookも Mac Book PhotoとしてAdobeRGB100%カバー、別売のエックスライト社の測色器を直結してキャリブレーション、という仕様とかで出てきちゃってください!
by hanchan-jp | 2008-09-23 14:19 | Comments(0)
いつか買います・・・・。(あー早く使いたい)
昨日と今日、料理の撮影をやってました。昨日は中華料理のお店で、今日はホテル。昨日はノートPC単体でモニターしていたのですが、色はかなり忠実だったのですが、階調が悪く、ハイライトの様子が白が飛んでいるのか飛んでないのかわかりづらくてイライラしました。(実際は飛んでないのに飛んでいるように見えてしまった。)どんな写真でもハイライトの調子は大切ですが、料理では照りとかとても重要なのでボクのノートPCでは不十分でした。今日は
a0032346_23361335.jpg
出発前にキャリブレーションを済ませて外付けモニターを持っていきました。
a0032346_23371771.jpg
現場は色温度2600ケルビンというかなり極端に赤暗い部屋でした。肉眼が順応する感じがなく、自分たちは今赤暗い部屋にいる、という気分がずっとある、そんな感じでした。モニターは室内の明かりに関係ない普段の色温度設定で無理に低い色温度表示にはしませんでした。(そういう低いキャリブレーションって可能なのだろうか・・・。赤い部屋にいるときに赤いよねという自覚は最初から最後まであるし、そこで対応させて赤いモニターにしてどうするのかと・・・。撮影ライトは5200ケルビンだし、、、。よくわからないので今後の勉強課題にします。)表示に違和感はなく鮮やかですごく見やすかった。「あとで修正して見栄え良くしますから」みたいな撮影ではなく、撮影の時点で完成している前提で、色、コントラスト、ディテール、すべてピクセル等倍まで拡大してみんなでなめまわして(笑)OKを出します。すごく便利ですね。
a0032346_23531916.jpg
帰ってきてスタンドバッグを並べてみました。全部デザインが違うのはかっこ悪いような気もするけど実は便利で「あれはここに入れる」みたいな感じとか、忘れ物(忘れバッグ)がないか、というチェックにも良いです。
a0032346_23553257.jpg
安くて(実際本当に安物)お気に入りのバッグが一番おおきいやつ。なんでも入る、みたいな圧倒的なキャパシティーと、そのときの絶望的な重さにもびくともしない丈夫さ。私の中では禁句の「PRO」の文字も(笑)安物っぽさに輪をかけていてなんともグッドです。フォトイメージングエキスポで発見し、その足で立ち寄ったヨドバシカメラで9000円を切る価格(だったような気がする)で売っているのをみつけて即買いました。なんでもぶちこんでくれ!みたいながばっと大口あけてハードユースを待ち受けています。(ちなみに、ありったけぶちこむと、ボクには持ち上がらないほどの重量になる。ある種の限界とおもわれる。)

そんなバッグネタが書きたかったのではなかった・・・・。ソニーからカメラマンのためのノートパソコンだよねこれは、というすばらしいやつが明日発売になります。自分は2008年5月5日の日記に

「しかし、正確な色再現の可能なノートPCは売っていないし、使っている人は世界中にたぶん1人もいない。」

という痛烈なメッセージを書いたりして、そういうノートPCが欲しいという思いをぶちまけたのですが、現実は相変わらず外付けのモニターを持ち運んでいる貧乏風情の状態でありました。いつか買います・・・・。(あー早く使いたい)

<関連リンク>一足先に使ってるうらやましいブログ・・・↓
プロカメラマン永山昌克のVAIO Photo edition活用ブログ

良いレポートですよね。よだれが止まりません。誰か助けて。

ところでこのパソコン、Windowsなんだけど、、、もしも「マックブック フォト」(Mac Book Photo)とかいう製品としてApple社から発表されてたら業界の隅から隅まで一気に知れ渡る存在になってるよね絶対。つーかそれならそれで、そっち買うのもいっか。(<なんなんだよ・・・)
by hanchan-jp | 2008-09-20 00:37 | Comments(0)
現状世界一すごいノートPCです。
ソニー様ありがとう!(<のっけからなんですか)遂に出してくれましたね!待望の品。カラーマネジメント対応のノートPC、カメラマンのためのノートパソコンのVAIOとしての回答ですね!

・液晶パネルとバックライトに、広帯域対応のための贅沢なパーツをぶちこんだ
・液晶画面のカスタムのICCプロファイルも搭載して一台一台調整して出荷とのことで、要するに測色調整済みで出荷という意味になる。見事にカラーマネジメント対応を宣言。
・今のところよくわからないのだが謎の新機能「LEDの経年変化による劣化のばらつきを自動補正で防ぐ、「ビルドインユニフォーミティ機能」搭載や常に「正しい白」を表現するための「自動白色点補正機能」を搭載。出荷時の精度をずっと維持する、ということだろう。すごそうだ・・
・オプションでどうみてもプロ仕様って感じのすごいフードを用意
・重量やバッテリーはかんべんしてくれ、という性能第一主義

うん、現状自分の中で世界一すごいノートPCです。今までノートPCで正確な色を見て作業している人はいなかったはずだ、と私は思っていましたが、このノートPCを使えばいきなり色に自信をもって作業ができるようになるのでしょう。なんたる幸せ。

(って、まだ物を見てないし想像でしかないのですけど、、、まいっか。)

EOS5Dの後継とか、アルファのプロ用の新型カメラの発表直前という絶妙なタイミングはまるで
「そのお金ちょっとまったーっ!このノートパソコン買っとけー!」みたいで
さらに神業のようでした。

カメラ40万円、カラーマネジメント対応ノートVAIOが30万円、
いったいどんだけ裕福だったらこれらの幸福なシステムをすべて享受できるんでしょう!(爆)

よく考えたらこれでカメラマンに人気のApple社のマックブックプロの立場は厳しくなって、普段はMacというカメラマンですら、現場用のノートPCにこれ買うかもしれない。(祭りの予感)(<しかしWindowsというプラットフォームのカラーマネジメント機能について最後の不安が残る。そこにVAIOオリジナルのチューニングなどが施されていたら本当に神。)

面白そうなブログ発見。
プロカメラマン永山昌克のVAIO Photo edition活用ブログ
いいなぁ。ボクにも貸してください・・・・・。
by hanchan-jp | 2008-09-09 17:58 | Comments(0)
続続・カメラマンのためのノートパソコン
ソニーから新しいノートパソコンが発表になったみたい。
type Z
ポイントは新しい液晶、クリアソリッド液晶の能力。たたき台として旧モデルtypeSZ(まさに僕が買ったタイプ)を比較に出して優位性をはっきりとアピール。

ソニーの商品企画の大塚さんが企画のポイントを語る熱いムービーを見ていると、こっちも熱くなります!

大塚さんは、今までメインのPCとモバイルのPCを別に所有していた人に一台で済ませられるパワフルさとモバイルを高次元で融合しました、って言ってました。これはつまり職場で徹夜しなくても自宅にそのまま仕事持ち帰る「仕事モバイル」を実現するPCってことですか?!いいなそれ。家庭平和。最高っす!
a0032346_13481483.jpg
過去のモデルとなったtypeSZの在りし日の姿を残す貴重な写真(戦前かよ)
by hanchan-jp | 2008-07-16 13:33 | Comments(0)
続・カメラマンのためのノートパソコン
「カメラマンのためのノートパソコン」
で検索すると、当ブログが検索順位第一位になることがわかりました。

・・・というか、単独一位でして、他にないらしい。

先日、「カメラマンのためのノートパソコン」を欲する私が、撮影のために使うつもりで安物のノートパソコンを買いました。満たしたかった条件は

・RAWデータをある程度処理できる能力CPU(Core2 Duo)
・バッテリー(L)を使えば8時間くらいバッテリーで撮影可能(だといいな)

調べると、ノートパソコンにはバッテリー駆動で長時間使えることを目的とした小さく薄いタイプと、ある程度据え置きでデスクトップに負けないくらいの処理能力を持つタイプがあることがわかった。自分はバッテリー稼働状態で撮影のモニターとして使いたいので小さく薄いタイプを選ぶ必要がありそうだった。

しかし、ソニーのVAIOでその両者の性格を併せ持つようなモデルをみつけた。モバイル性能がありながら処理能力が高く、なおかつモバイル時は省電力のために画像表示のための回路を切り替えられる「VAIO type S」これだー!とばかりにそれをオーダー。しかし田舎住まいなのと、モデル末期(もうすぐ新型が出る)ために展示品を見ることができず、モノを見てない状態でのオーダーとなった。

届いて電源を入れてすぐにわかったんだけど、、、液晶は「カメラマンのため」のものではなかった。(涙) 先日のカメラマン向けの勉強会であるメーカーの人が「発色などの良いディスプレイをノートPCに搭載するのは消費電力の観点から難しい」ということを言っていた。ソニーのVAIOならばある程度色味の良いディスプレイがついているのではないかと思って少し期待する部分はあったのだけど、、、うーん。

撮影にはあまり適さない液晶のついたノートPCを実際に手にして思ったこと
・観察する目の位置の変化で明るさ感がころころ変わるTNタイプ液晶(たぶん)は不可
・消費電力が多くて予備のバッテリーが複数必要、というのでもいいから、カメラマン向けとしては現状は消費電力が大きくとも大型タイプを買うべし

今回購入したノートPCはなるべくキレイに、なるべく使わず、、来月の撮影が終わったら売却して別のPCに乗り換えようと思います。(なさけなし)(しかも日記に写真すら掲載されない)<爆
a0032346_9481088.jpg


ノートPCのベンチマーク結果
by hanchan-jp | 2008-05-19 07:12 | Comments(0)
カメラマンのためのノートパソコン
私はカメラマンが安心して使えるノートパソコンが欲しい。正確な色再現が可能で、高精度な調整(ハードウエアキャリプレーション)が可能であれば、今まで外付けのPCモニターを持ち込まなければならなかったシーンでもノートPCでの撮影が可能になる。

メーカーの人は正確な色再現を求めて液晶モニターやパソコンを持ち歩いているカメラマンがいるということをあまり知らないだろう。デジカメの背面液晶を見て絵作りするように、レリーズ後3秒後に出てくるパソコンの画面で見て露出と色と絵を決める、レイアウトの中に組み入れて最終のイメージを見る、それらすべて外出先の仕事のとき、モバイルPCでできればありがたい。

しかし、正確な色再現の可能なノートPCは売っていないし、使っている人は世界中にたぶん1人もいない。

私は先日の勉強会でメーカーの人に聞いてみた。そしたら、答えは「売れないから」という事だった。確かに、世界で誰も使っていないのだから売り上げ実績はゼロだ。

「カメラマンのためのノートパソコン」というものがもし発売された場合の市場の反応を想定してみればいいのだ。

カメラマンのためのノートパソコンというのが世界で一社から、一モデルだけ出た。価格は50万円。正確な色再現、ハードウエアキャリブレーション対応、画面を縦位置にして人物撮影・雑誌など紙媒体のレイアウトに対応できる。バッテリーでの駆動は短時間で、重量は4Kgで重い。価格は高い。販売はメーカー直売のみ。世界で発売。

発売されると、世の中のノートPCはカメラマンにとって「それ(オンリーワン)か、それ以外(その他大勢)か」になる。欲しい人は「それ」買う。

さて、欲しい人がいるのかいないのか、リサーチは難しい。売ってないもの、世の中に無いものを欲しいと言う人は「妄想する人」だけですから。
by hanchan-jp | 2008-05-05 14:44 | Comments(0)