「ほっ」と。キャンペーン
タグ:フレスコジクレー ( 8 ) タグの人気記事
フレスコジクレーの用紙のプロファイルを作った
a0032346_0121554.jpg
品川区の新藤さんの職場に集まって、フレスコジクレーの「用紙のプロファイル」を作りました!
a0032346_0153945.jpg
実際にプリントしたものを、本格的に複写しました。(このブログのために、仕事とほぼ同じセッティング&撮影をした自分に驚き!!笑)

もうホント、肖像の関係もあって全員家族なんですけどお許し下さい。m(__)m

(1)「作ったプロファイル」は、少しだけ派手目明るめに出た。(これ、今後フレスコジクレーが乾いたりして変わる可能性あり。)トータルとして、「作ったプロファイル」は忠実であろうとがんばっている部分多い!(これはびっくりした)
(2)推奨プロファイルPX-7V Ultra Smooth Fine Art Paperは、女性の肌をまったりと表現していい感じである。カラーチャートなども全体にまったりしており、まさに「アートペーパーですけん!」というかんじだ。でもこれは単体でプリントしていると私はそんなに気づかない程度の軟調です。「アートペーパーですけん!」(もういいっ)
(3)」作ったプロファイル」はがんばりすぎているところがある。少年の足元の「池ベンチマーク」で、作ったプロファイルが黒つぶれしているのを見てそう思いました。そこまで色域ないヨー、と。

ややこしいので写真は割愛しますが、紙が黄色く色づいている竹の和紙というのもプロファイルを作りました。紙の下に潜ってしまう肌色?が浮かび上がって明るく再現されました。プロファイルを作ると、用紙のネガの部分を引っ張り上げて正常化する、そのような感じです。それまで風合いとか味わいとして感じていたものも、吹き飛ばすようなインパクトもあると思います。ぶっちゃけ。。。万能とは言えませんが、「作ったプロファイル」は面白い存在だと思いました。

今回プロファイルを作るために使った機材は、14万円くらいのアイワンフォトがあればOKに、27万円くらいのアイワンイオ、というロボットアーム的なやつを組み合わせています。実はロボットアーム的なやつは、必須ではないとのことで、労力さえ惜しまなければ手動で「よいしょ、よいしょ」と漕いで、高精度なプロファイルが作れるのだそうです。でも、でも、、、ロボットアーム的なアイワンイオを使っていても、たくさんやる場合、「そのオペレーションだけで」労力でした。オペレーションしてくれたかわかみさん、ありがとうございました。

この「作ったプロファイル」のおかげで、失敗は減るのでしょうか? ひとつの解決方法にはなると思いました!

フレスコジクレーは全部7Vでプリントしているのですけど、マットブラックインクのチェンジなしにいきなりマット紙への印刷ができるのは非常に良いです。 あと、「せこい、非常にせこい試し刷り」手法は、今回遂にA4の背面給紙ができなくなり(T_T)、慣れてきたことだし、A3+のまま背面給紙で「せこい試し刷り」を繰り返しました。A3+のほうが用紙のつかみがOKなのかもしれないですね!
by hanchan-jp | 2013-05-23 00:53 | Comments(2)
けんたむ先生のご意見について私の考察
エプソンプロセレクションブログで、投稿されたけんたむ先生のご意見への私の考察を書きました。

けんたむ先生のご意見(1)AdobeRGBがsRGBよりもキレイということはない

私の考察>>AdobeRGBは、sRGBでは入らない(カットアウト)されてしまう色彩が写ることがたまにあります。それは画面上でも簡単に確認可能です。どちらかといえば可能性があるぶん、AdobeRGBで撮影するほうが有利と私は思います。

けんたむ先生のご意見(2)AdobeRGBで撮る必要があるのはプロが中心

私の考察>>最後に印刷される装置として、最高峰の色域を誇るのが、家庭にあるエプソンなどのインクジェットプリンターです。(印刷会社にも、例外的すごいのはありますが)最高峰の色域を誇るインクジェットプリター印刷機に、sRGBよりも広い色空間であるAdobeRGBの撮影データを与えるのは、ときどき有利となるケースがあります。PX-5Vや7Vには、sRGBよりも広い部分の表現力があるのです。

けんたむ先生のご意見(3)Adobeのソフトで調整するからAdobeRGBでないと色が出ないというのはガセ(sRGBで良い)

私の考察>>撮影データをストレートでプリントする場合はともかく、レタッチをして海の青、山の緑、紅葉の赤、蛍光色の服装など、結果的に「sRGB色域外」を起こして、無意識的に積極的に作っていくことがあります。その場合の作業用色空間をAdobeRGBであるとその「色彩を受けとめる」ことができる可能性が高まります。

撮影データがRAWの場合撮影時にsRGBとかAdobeRGBとかどちらの設定でも関係ないです。ニコンの背面液晶はAdobeRGBに対応してない機種が多いので、RAW撮影はsRGBモードを推奨したいです。

Windowsであれ、Macであれ、うまくAdobeRGBデータをハンドリングするためには「意識する」ことが必要になり間違える可能性があります。ほんのわずかな差のために、その労力を払う必要があるのかどうかは、かなり微妙であり、プロであってもアマであってもAdobeRGBで撮影をすることは確かにそんなには必須ではないと考えます。 その「わずかの差」の中になんとか作品性を見出したい人のためのモードだと思います。AdobeRGBデータの活用には画面キャリブレーション、カラーマネジメントなど、特殊な技術が必須となります。

フレスコジクレーにAdobeRGBデータとsRGBデータを印刷してみると、違いが出ることが(データによっては)あります。「AdodeRGBで池の中の深い緑」が「sRGBでグレーに近く」色が細くなってしまったり、違う印刷結果に出くわすことがあります。そのときは「ああ、AdobeRGBで助かった」という感じがすると思います。
a0032346_1455781.jpg

by hanchan-jp | 2013-04-15 14:06 | Comments(2)
私の中ではむしろ「始まっております!」ww
え?終わっていたのか?!『ブロガー様向け用紙体験モニターキャンペーン』(爆)しかし私の中ではむしろ「始まっております!」
a0032346_0241437.jpg
ほら、貴重な各種用紙(フレスコジクレー、和紙びざん、竹和紙、ベルベットアートファイン)に無残にもカラーパッチを印刷「始めちゃっております!」なぜって
a0032346_026581.jpg
遂にこいつ(アイワンイオ)を使うときが来たのです! これは数が多すぎ(細かすぎ)で人力では大変すぎるカラーパッチの計測を、自動で行うプロツールなのです。これで禁断の「アート紙のプロファイル制作」を体験してみよう、というわけです。
a0032346_0284097.jpg
都内某所(って新藤さんのところだけど、、)にカメラマンが集まって事態を見守ります! 今回全く同一のカラーパッチを各紙に刷ってみて、フレスコジクレーが優秀なのはもちろん、まさかの和紙もかなり良い!感じに見えます。それぞれの感性評価は、いつもの「せこい、とにかくせこい試し刷り」手法でも検証してみますが、、乗りかけた船、終わってしまったモニター、いや終わってない!(笑)乞うご期待。
by hanchan-jp | 2013-04-10 00:35 | Comments(1)
フレスコジクレー使用モニターさんのリンク集
新感覚のプリンター用紙、フレスコジクレー使用モニターさんのリンク集ができていました。これは見やすくて必見です。ちなみに、、私の作品はクロスプロセスと、周辺減光と、水平出しのトリミングをして仕上げています。
a0032346_994476.jpg

by hanchan-jp | 2013-04-02 09:03 | Comments(0)
エプソンに宿題プリント送付を忘れていた!!
3月18日までにプリントを一枚送って下さい、というお願いがあったのをスケジュールに入れるのを忘れていました!大急ぎでわたしの場合、予定していたテストからスタートです!
a0032346_825737.jpg
開封したときの印象は「あれ、意外と紙じゃん」というもの。もっと粘土っぽいものを想像していました。しかし触り続けると湿度的なものを感じ始めます。2タイプの紙が入っていましたが、より攻めた仕様が「TypeR」(深いテクスチャー)なのかなと勝手に想像。
なんといっても私は「せこい、とにかくせこい試し刷り手法の開発」をしないといけません。
a0032346_9245650.jpg
開封したフレスコジクレーを、おもむろにA4にカットしました。PX-7V+ファインアート用紙A4=背面給紙必須!!となります。(A3は前面給紙が選択可能)

~PX-7V背面給紙のコツ~
引き込みが「クイクイ」ってきたら、それに優しく手を添え続ける(3秒)という手順。その加減が重要!

a0032346_993047.jpg
そしたらフォトショップでA4を6分割したデータを作成して、1分割目→6分割目まで設定を変えながら、6回印刷テストをします。A3換算でテスト回数12回分!!これがせこい、とにかくせこい試し刷りだったのか!(構想はあったが、やってみたのは初)収穫はありました。
a0032346_9121066.jpg
まず、カラマネ的に有効で、PC画面の印象を印刷に表す場合に有効なのは(私の中では)二種類に絞られました。要するにいつもの
(1)フォトショップでICCプロファイルに変換して、プリンター無補正と
(2)フォトショップで「プリンターお任せ」にしてスルーで出して、プリンター側でAdobeRGB/sRGBを指定して変換させる処理 のいずれかです。

フレスコジクレーといえども、普通のアート紙としてのカラマネで印刷可能だと私は感じました。調子は(1)のICCプロファイル指定&無補正のほうがリッチ。 (2)のプリンターによる変換のほうが忠実なのかな?と感じます。(微妙な違いです。写真にも現れていますが。)

駆け足で検証してきましたが、フレスコジクレーは取り扱いにデリケートな部分があるものの、結局は普通のアート紙の表現力があり、ハイエンドとローエンドで確かに唐突に終わる部分があるかもしれないけど、ケアするとしたらそこだけで十分と私は今のところ感じています。 普通にカラー写真が印刷できるということもわかりました。 

鑑賞は、光線により大きく変わります。用紙のデコボコを影に落として彫りを深くするかどうかです。マットなライトより、固い光のほうがドラマチックな用紙になります。蛍光灯より球型ランプのほうがドラマになりそうです。(この写真は部屋の照明を消して、横方向のすりガラス窓からの明かりのみで撮影しています。(写真中央の影が証拠。)

TypeRとTypeSの違いはテクスチャーの大きさです。
a0032346_10242533.jpg
小さめの卵サイズにプリントされた顔の接写(部分)です。顕微鏡写真じゃなく普通に100ミリマクロで撮影。だいぶ激しい感じになってしまってますが、私の感覚では右のTypeSで十分なのに、さらなる欲求でTypeRと思います。
a0032346_13181928.jpg

by hanchan-jp | 2013-03-21 10:34 | Comments(4)
測色機を使ってプロファイルを作るのは一つの手
「測色機を使ってプロファイルを作るのは一つの手ですが」とエプソンプロセレブログのけんたむさんが言いました。それは(1)専用カラーチャートをまずストレートに超高級紙フレスコに刷る(2)それを一日寝かせて熟成した後に測定し弱点を補う補正プロファイルを生成させ(3)よっしゃーと超高級紙フレスコに対策済みカラーチャートを刷り(4)一日寝かせてからそのプロファイルが有効なのか検証するwww という流れだったりします。そういえば!!
a0032346_2357180.jpg
よっしゃー物置からこんな測定器も出してきて、やる気十分か!!
(いえいえ、これはヤフオクで買ったただのオブジェです。。。ww) やっぱり経験上、フレスコ・ジクレーというような特殊な用紙のプロファイルを素人が作るというのはやや無謀で、詳しい人こそ危うく近づかない話のような気がして来ました。。まずは刷ってみよう!!

さて、私のミッションは?まず「(1)せこい、とにかくせこい試し刷り手法の開発」でした。
毎日写真用紙モードで使っているプリンターを、マットブラックにチェンジして、気合もチェンジして試し刷りからスタートしますよ!
by hanchan-jp | 2013-03-06 00:08 | Comments(2)
さすがけんたむ先生!!
エプソンプロセレクションブログ、さすがけんたむ先生、「ファインアート紙を使いこなす一番の近道は失敗です。その2」は、今回の「フレスコジクレー」という紙の使いこなしの難しさとヒントがたん的によく分かる記事です。カラーマネジメント的には「じゃあ用紙のプロファイルを作るか」(着地する紙の特性データという意味。そこに色彩を縮小して印刷する。)、ということになるのかもしれませんが、、、それが提供されていないところに、「じゃあどうすんだ一体、、」という試行錯誤があります。

え?私? ああ、まずは「(1)せこい、とにかくせこい試し刷り手法の開発」からまずはスタートいたします。
by hanchan-jp | 2013-03-04 10:38 | Comments(0)
フレスコジクレーという紙が届いた!
撮影から戻ってふと見ると、これなんだ?
a0032346_22304347.jpg
おお、、エプソンがモニターを募集(今も追加募集中!)していた、ちょっと普通と違う風合いの高級プリンター用紙「フレスコジクレー」という紙が届いていた!
a0032346_22313993.jpg
いや、ホントは読めなくて(汗)近づいてよくみてみる。なんと「フレスコ」「ジクレー」という2つの単語だった。(今後はフレスコ、と呼ぶことにしようかな。。「フレスでさあ」みたいに三文字にしちゃうとギョウカイっぽい?え?違うか。)さて私がやりたいことをまとめてみた。
a0032346_2312257.jpg
奇偶なことに(笑)、いろんな珍しい紙を所有していたんです。このさい、これらをガチ比較させながら、楽しく、そしてオタッキーに、まいりましょう。
by hanchan-jp | 2013-02-20 22:50 | Comments(6)