タグ:HT1070 ( 6 ) タグの人気記事
4Kのプロジェクターの発表会 大画面ってやっぱり欲しい。。
a0032346_08030653.jpg
4Kのプロジェクターの発表会(BenQアンバサダー)のお誘いが。
いって来ました。ソニー本社のほぼ向かいのビルでw
a0032346_08030631.jpg
右の200インチが4Kで左の3枚は2Kなんだけど、、、
何度もいうけど2Kもめっちゃキレイなんですよw
プロジェクターの画質評価に、個人の視力もある。
私は視力は良いのです。十分な良い視力でも2Kでもキレイと
言い切れますよ。違いが顕著なのは2mより近づいたとき。
しかし、普通の人はプロジェクションの至近距離まで近づきません。
この発表会でも至近距離で堪能していたのはほぼ私だけですw
a0032346_09210190.jpg

まあしかしとにかく4Kプロジェクターとのご対面です。4Kプロジェクターには4K以上で制作された
最高レベルの映像ソースがインプットされています。この映像ソースを2Kプロジェクターに入れると、
「本気の2K」がどんだけすごいのかにも驚かされるわけです。
a0032346_08030786.jpg
4枚並べちゃいましたけど、とにかく4Kのプロジェクターから出てくるのは、ものすごい映像美です。
200インチを至近距離から見ても、全然キリリとしています。四隅も。最高レベルの映像と装置です。
a0032346_08030726.jpg
4Kエンハンスメント?って何?って検索したら
ライバルメーカー(EPSON)の40万円くらいの4Kプロジェクターのサイトがヒット。
なるほど、40万円くらいの4Kプロジェクターは2K(約200万画素)の3枚の液晶をずらして
「4K相当」と言う解像度を得ているようです。
BenQのこの製品は415万画素(4Kの半分)を超高速で切り替えて4Kを得ています。
デバイスの画素数をどう理解するか素人には難しいw
しかし、とても重要ですね。
説明では、他社の4Kエンハンスメント処理には色ズレやギザギザがあるけど、BenQのはキレイだよ、との事。
いや会場で、実際完璧な4K映像を目の前にしていると、説得力は絶大ですww
会場では他社のプロジェクターの比較展示は無かったのですけどね、、
今日現在
830万画素の鮮明な映像が再現されるBenQ HT8050は、
THX HD規格認証を受けた唯一のDLP 4K UHDホームシアタープロジェクターです。」
ってサイトで書いてあるけど、それほどの性能の4Kホームプロジェクターは他に無い、ということなんでしょう。
a0032346_08030794.jpg
よーし!じゃあうちもこれに決めた!って思うと、価格もさることながらサイズも!でかいですよw
自分がモニターした機種(写真右)に比べるととにかく大きい。
質問したら4Kの映像処理に必要な回路が大きいということと、放熱などの関係だとか。
(すみません、正確でないけど、そんなような回答だった。)
性能も価格もいろんな要素が桁違いの4Kプロジェクター。。
言っておきますが、2Kプロジェクターでも本当に幸せになれます!w
しかし、まあ、今はともかく、遅くとも2020年のオリンピックまでには、
プロジェクターも4Kになっていたほうが、幸福感は高まるでしょう。
4Kの放送とかチューナーも増えていることでしょうし。

例えば、VRゴーグルの没入感って
家族とかカップルでなかなか共有しづらいんだけど、
大画面を近接で見るのって、没入感があるんです。
なので、ゲーミングでもVRコンテンツでも、大画面ってやっぱり欲しいですね。

by hanchan-jp | 2017-03-05 10:25 | Comments(0)
80インチとか100インチ程度で大画面を語るんじゃねえよ!」と言われた気がww
a0032346_17561487.jpg
#BenQアンバサダー でお借りしていた、ホームシアタープロジェクター HT1070を返却する日が来ました。最後に、いつものスタジオモニターとの画面の大きさを、スタジオで比較してみました。いえ、こんなんじゃなく、もっと全然「大画面」に投影できることがわかって、びっくりしましたwww

 「80インチとか100インチ程度で大画面を語るんじゃねえよ!」と言われた気がしましたww 300インチまで行くんですww 

でっかく投影すればもっともっと、大それた遊びになりそうです。ホームシアターのある暮らし、巨大な壁面をぜひリビングに!ww

あー、欲しい。シアターが! シアターがあると、楽しいです。リビングが。地デジでも。 BenQさん、ありがとうございました!

by hanchan-jp | 2017-01-25 17:56 | Comments(1)
よーし、4K放送をプロジェクター HT1070にぶち込んでみよう!と思い立ちました。
a0032346_20164458.jpg
#BenQアンバサダー で、ホームシアタープロジェクター HT1070を試用しているのですが、大画面ゆえにカメラマンのミスのピンぼけや、カメラによる画質の違いに敏感になります。 正面のカメラは超高画質だけど、舞台上のクレーンの小型カメラはなんだか2Kっぽい感じとか!w テレビ局の収録カメラ体制の違いがあるのかなーと感じます。NHKの紅白は4K・8Kカメラ収録なのか?めっちゃくちゃ高画質。しかし、そうでもないチャンネルもあります。(ただし、これは私が長野県在住で、地方局による再配信のインフラが悪くて、特に民放の地上波は画質が劣化している可能性もあるのかも。)

そっか! よーし、いっそのこと、4K放送をプロジェクターに
ぶち込んでみよう!と思い立ちました! どうなるのでしょう! きっと、プロジェクターの性能を限界まで発揮できるのでは!と。
がしかし!wwうーむ、そうか、、HDMI接続が、著作権処理のHDCP2.2に対応してないんだって、、えーんえーんww 2Kの放送も十分キレイと思える放送もあるので、プロジェクターの性能的には80インチ投影程度では十分満足なんですけどね。 HDCP2.2対応さえしていてくれたら良かったのになあ。。 BenQさん、4K対応バージョンが出たらぜひぜひ(^o^)
あー、発表されてた。。66万円、2月24日発売、本体重量約15キログラム! これは全然別物だわ!大汗


by hanchan-jp | 2017-01-13 20:11 | Comments(0)
プロジェクターにMacをつないで、「秒速5センチメートル」
a0032346_09145060.jpg
#BenQアンバサダー
で、ホームシアタープロジェクター HT1070を試用しているのですが、Amazonプライムでビデオを見てみよう、ということで、プロジェクターにMacをつないで、「秒速5センチメートル」を。予想はしていたけど、少し問題発生。ノートPCからプレゼンのときみたいに普通に「ミラーリング」とかで接続しても、画面の複製になってしまうから?だろうか? 著作権処理だと思われる動作でノートのMacからは再生が止まってしまいます。再スタートしない。面倒なので再生機をMacミニに変更。無事にAmazonビデオを再生できました。 
a0032346_10091899.jpg
プロジェクターの大画面で見る映画の没入感は、やっぱり良いですね。 プロジェクターで映画が表示されると、リビングが「そういう雰囲気」になります。プロジェクターが来て二週間。だんだん目が慣れてきました。画面に近づいてよーく見ると、1920✕1080ドット、と思われる格子が見えます。4Kのプロジェクションだとこれがさらに細かくなるのでしょう。 とにかくキリリとした解像感、レンズや光学系の精度は素晴らしいと感じます。
a0032346_10190887.jpg
モニター期間はあと20日。プロジェクターのない生活に戻れるのだろうかw。


by hanchan-jp | 2017-01-09 10:27 | Comments(0)
大画面で「ビリギャル」を家族で視聴しました。
#BenQアンバサダー で、ホームシアタープロジェクター HT1070を試用しているのですが、先日は地上波で放送されて録画されていた「ビリギャル」を家族で視聴しました。 再生をはじめたら中1の息子から「それはこの前iPodでAmazonビデオで観たよぅ。。(だから観ない)」という不平が、、 そうそう、CM入りの地上波の映画放送なんてねえ。 しかし、まあせっかくの大画面だし、少しは観てみよう、ということに。
a0032346_16085327.jpg
プロジェクターで大画面で観ていると、とにかく主人公の可愛さとか、話の面白さに、ぐいぐい引き込まれてしまいます。30分くらい経過して息子が言いました。「なるほどね、スクリーン(大画面)の良さってわかったわ。。。」 可笑しいところは大笑い、ほろっと来るところは泣いてしまう。 年末年始の夜長に、大画面シアターに浸りました。 やっぱりいいですね。。 10万円程度でここまでの感じがリビングに得られるのは、コスパ的に凄まじいです。 いつものテレビ視聴と、スクリーンでの大画面を、状況や番組に応じてスマートに切り替えできたら、(そういうスタイルが作れたら)ベストでしょう。 テレビの前に「さらさら~」ってスクリーンを下ろしたら、さあ大画面、みたいな場面転換が理想ですね。 しみじみ。



by hanchan-jp | 2017-01-01 16:09 | Comments(0)
2Kハイビジョンってこんなにキレイだったの?!
#BenQアンバサダー で、ホームシアタープロジェクター HT1070を試用することになりました。いきなり使ってみた感想。「あのさ、2Kハイビジョンってこんなにキレイだったの?!」が感想です!このBenQのプロジェクターは「液晶プロジェクター」ではないのです。劇場で使われているDLP方式なんだそうです。普通はテレビにせよ、プロジェクターにせよ、「液晶」の格子越しに映像を見てますよね、、2Kを80インチとかに大画面拡大して、こんなに高精細で見れるとは驚きました。 これは家族もびっくりしています。
a0032346_06390658.jpg
プロジェクターをいきなり普通の生活空間に入れるのは、案外いろんな悩みが発生しますw

 (1)プロジェクターの前を家族が横切るとか、
(2)そもそもどこに置くの!とかです(笑) 
(3)リビングがまるで劇場みたいになってしまう
 (4)CMがとにかく高画質なので見とれてしまうw
 (5)今は冬だから良いけどやっぱりランプから排熱がある 
(6)電源をオンにしてから45秒くらい待たないと絵が出てこない だから消すのはめんどくさい 
(7)ファン冷却のファンの音は確かにある 
(8)振り返ってプロジェクター側を見ると光源を直視してしまうことがある
 (9)大画面にしてシアター化すると、音も大きくしてしまうし、笑い声とか家族のリアクションも自由になって盛り上がりすぎるw 
(10)100インチとかにすると、こっそりテレビを見る感じでなくて「なんだか、だいそれたことをしている感になる!」w


などなど、困ったことwも出てきますが、しかしながら良いところも多いのです。

 テレビを見るということがイベントとかエンターテイメントとしての格が上がって、楽しくなる。これは本当に実感。
 
a0032346_06234858.jpg
設置に困って、とりあえず、なにかのラックを倒してその上に置きました。空間のレイアウトの問題が発生します。

スクリーン>リビングテーブル>プロジェクター、の順の場合
は、
リビングテーブルの上空を超えて通るように人間の頭よりも高めに設置します。

余裕のある広いお部屋の場合は、
スクリーン>プロジェクター>リビングテーブルという順で設置するのが良いでしょう。

その場合、テーブルの上空を通過する必要もあまりなく、スクリーンも低い位置に設置できるのです。
普通の液晶テレビ設置の高さに上映するなら、こういうレイアウトが良いです。

プロジェクターを使う場合、部屋を暗くしないとならないのですか、という点については
暗くしなくても映像は見えます。
見えるけど、映像の品位は、黒を確保することでどんどん向上するので、
ある程度遮光したほうが映像を見る気分がよくなります。

プロジェクターを生活の中に入れる、というのはなかなか刺激がありますね。

自分は実は、世の中に液晶プロジェクター、というものが今ほどには普及する前に
3管式、というブラウン管方式に似た、プロジェクターで大画面を楽しんでいました。
a0032346_13140631.jpg
その当時に買ったプロジェクション用のスクリーンがあるので、
今回も投影にはスクリーンを使っています。

白い壁にも投影できますが、スクリーンは高反射で、キメが細かく、
より高画質な投影ができます。

今回モニターをするにあたり他の方々のレビューを見ましたが、
モニター機が到着して、まず設置にとまどっている様子がよくわかりました。
私も慣れているとはいえ、なかなか手間取りました。。

ほしいものは、5mとか10mの、長めのHDMIケーブル!
プロジェクターはスクリーンから離して使うため、
ブルーレイレコーダーとか、その他の機器からも遠いのです。
HDMIケーブルは長いものがないと設置の自由度が下がります。

それと、音響設備! 音はプロジェクター内蔵のスピーカーからも出ますが、
せっかくのシアターなので、フロントから音が出たほうがいい。当たり前ですね。。

あと、リビングのテーブルの頭上を超えて投影する場合
プロジェクターを子供の身長より高いくらいの台の上に置きたい!

台形ひずみ補正は、補正をかけても補正そのものによるフォーカス感の劣化はないので、
気楽に補正できそうです。

天井付近の高さから、本体を逆さ吊りとかでスクリーンに投影できたら、
もっともスマートでしょう。

リビングに大画面、プロジェクター、本格シアターがある暮らしは、
ない暮らしよりも
確実にワンランク上、富裕層、金持ち、リッチ、セレブwだと思います。

マイホームを作ろう!とかいうときに、織り込んでおいた方がいいと思います。
リビングのあり方、にまで思いが及んでしまいました。
そのくらい、リビングとか生活に影響しそうな大掛かりなエンタテイメント装置
それが大画面、プロジェクションのある生活だと思います。

そんな装置なんですが
BenQのこの機種は10万円前後程度なのかなと思います。
この予算でこんなに性能が良いのか?!というのは驚きであり、
画質にはとにかく満足感が高いです。

コントラスト、明暗比、というものが
映像にこんなに大事だったんだ、ということがよくわかります。
窓から差し込む光、というシーンが本当に眩しいのです。

4Kが話題になっていますが、2Kも放送局側のカメラや設備が向上したのか、
2Kハイビジョンの高画質化もすさまじいことがわかりました。
まだまだ2Kの設備でも、十分に楽しいホームシアターができます!

今回モニター期間の関係で紅白歌合戦とか、年末年始の特別番組を
大画面で観賞できそうです。それが楽しみです!

by hanchan-jp | 2016-12-25 06:39 | Comments(2)