タグ:PD2700Q ( 3 ) タグの人気記事
カラーマネジメントディスプレイ、SW2700PT 結論
a0032346_15041627.jpg
#BenQアンバサダーでお借りしているカラーマネジメントディスプレイ、SW2700PTです。まずはキャリングハンドルと、フードが目を引きます。
一目で見て、プロ仕様っぽい雰囲気があります。この「フード」って私は初体験なのですが、心理的に落ち着ける気がします。
a0032346_14553640.jpg
フードを横から見るとこんな感じ。
フードだけでも2万円くらいしそう。。
a0032346_15135105.jpg
フードをつけてみると、フードの効果は二種類
(1)外枠のふちに、黒枠ができて、見やすい(ふちどり効果) 白壁の場合の白とかが突然視界に入りません。
(2)画面の映り込みを減らす→しかし映り込みへの効果は実は左右のわずか5㎝くらいです!(写真をよく見てくださいw)
実はフードよりも、自分の背面に黒布をたらしたほうが効果があります!
a0032346_15145084.jpg
たとえばこんな風に、黒布を自分の後ろに張ると、、フードよりはるかに映り込み効果が高く、
画面が見やすくなります!

a0032346_15181296.jpg
自分の服とか手の色が映り込むだけ、そんなイメージですね!
高性能液晶画面をフード付きで使うようなユーザーは、
フードよりもはるかに効果のある、「背面に黒布」
をやりましょう!w

しかし、昔から憧れのフードの効果は結構限定的で、
なーんだ、という気も、、、

でも無いよりあったほうがいい!w

a0032346_16384269.jpg
画面を接写すると、画素が見えます。この画素の感じはカラマネディスプレイSW2700PTと、
デザイナーズディスプレイPD2700Qと同じ様子でした。(詳しくは割愛)
文字を表示するために、ふちに赤や緑が見えるのは、こりゃしょうがないのかな、って思うことも。
ただし、4Kディスプレイはこの画素がとっても小さいので、文字のにじみが見えづらい。

カラマネディスプレイSW2700PTと、
デザイナーズディスプレイPD2700Qの比較をしていて、
わずかな鮮鋭度の違いはキャリブレーションの違いからあるけど、
決定的な違いではない、と私は思いました。

AdobeRGB対応のカラマネディスプレイSW2700PTと
sRGB色域のデザイナーズPD2700Qのどっちを選ぶかは、
結局、動画表示のときにはっきりと感じます。
a0032346_16420745.jpg
下がAdobeRGB色域ディスプレイで見た動画の見え方イメージ。
上が正常で、下は色が濃くて変なのです。(変に見えない方はスミマセン)

動画も静止画もやるよ、というクリエイターにとって、
sRGB色域に限っておくのはむしろ重要です。

というわけで、私の結論、デザイナーズディスプレイPD2700Q(49800円程度?)は、
いろんなバランスに優れた、私のイチ押しディスプレイ、私もそれが欲しいなと思います。

PD2700Qを2台買って、スタジオはそれになったとしても、
SW2700PTをもしも持っていたら、心強いです。

色に悩んだとき、特にシビアな印刷が絡んだもの。
そういうときに、ハードウエアキャリブレーションの上位機種があったら最高ですね。

BenQ製品をいろいろ試した夏。とっても面白かったです!ためになりました!
by hanchan-jp | 2017-07-27 16:48 | Comments(5)
スタジオでの55インチと32インチ
a0032346_23305944.jpg

スタジオで撮影するときに、カメラマン側とモデル側にミラーリング複製で、
同一解像度のディスプレイを2台つないで10年以上やってきました。
今は #BenQアンバサダー で4Kディスプレイを2台お借りしているので、
それを使っています。
通常縦位置が多く、ディスプレイを縦にしたいのですが、
今回の55インチは縦型のスタンドが無くて、横で使っています。
大きいのは良いことだ、と思うのですが、大きすぎるのも問題です(笑)

55インチは使わないときに、どこかに置いておこうと思っても
ちょっとした壁(ウオール)のようになります!

写真は、撮影用にそうしたのではなく、片付けとして、
このように「前後に置いたらちょうど良かった」の図ですw

32インチ4Kディスプレイを使うとき、何度か書いていますが、
悩みがあります。とにかく縮小されて小さい!

ウインドウズOS側で拡大する機能があります。150%拡大するとこんな感じ。
a0032346_01133197.jpg
再起動(サインアウト)をきっかけに正常化するアプリもあります。
a0032346_23445324.jpg
拡大に対応して拡大が綺麗なアプリと、拡大するとボケちゃうアプリがあります。
a0032346_04083967.jpg
a0032346_04155099.jpg

うーん、言いたいこと伝わるかなあ、、
a0032346_11435230.jpg
追記:↑電子書籍を4Kディスプレイで100%で見ると綺麗です!
しかし、Windowsのお薦め通り150%にすると、キリリ感が減って残念なことに。。
引用は部分ですが、画面全体としては本当に残念な品位です。。
OSを操作しにくいのでふつうは32インチ4KではOSのおススメ通り
150%にする人が多いと思われます。お使いの方、どうですか?

撮影に使うキヤノンのDPP(Digital Photo Professional)がぼやけると、撮影になりません。
DPP4は、150%拡大を指定した直後は、メニューやフォルダー表示が細かいままですが、
再起動後は、メニューやフォルダー表示は正常化します。
DPP3は、150%指定すると、アプリケーション全体が妙にズーム処理されて甘くなって、
撮影に使おうとするとフォーカス感がよくわからなくなります。

DPPの事例は一例です。大事なことは
「32インチの4Kは字が小さくて使いづらいアプリがあるとき、
OS側のズーム機能がうまくいくものと、なんか変なままのアプリが混在する」ということ。

なんとなく使うぶんには、問題ありません。カメラマンとかデザイナーとか、
緻密な処理をする人は、ズーム機能で翻弄されることがあります。

対策としては、
(1)32インチ(小型)4Kディスプレイは、近接で使う!(これ結構大事w)
(2)4Kディスプレイは40インチとか50インチのほうが良いかも。

という感じです。伝わりますかね。。

こうなってくると、通常使いのディスプレイが4Kだと幸せなのかどうか、微妙です。
微妙なんです。。程よいサイズ、程よい解像度がいいなあ、って思うことが多い。

なので、ついつい、4Kではなく、
その下の解像度(2560×1440)のデザイナーズディスプレイ PD2700Q
を選んで使ってしまうのです。
4Kの(3840×2160)という解像度に結構、翻弄(ほんろう)されています。。。

4Kディスプレイを使う場合、少し注意が要ります。
コツをつかめば、大丈夫だと思います。
4Kコンテンツの確認のためのサブディスプレイだったら完璧!と思います。

縦画面にする、とか、普段のスタジオモニターとしての使い勝手では、
55インチのでかさとかは本当に魅力だけど、
一方で「程よいスペック」が欲しくなります。

by hanchan-jp | 2017-07-07 01:35 | Comments(0)
27型 WQHDデザイナーディスプレイ PD2700Q
a0032346_02584813.jpg
27型 WQHDデザイナーディスプレイ PD2700QというBenQのディスプレイがやってきました。BenQの4KディスプレイPD3200Uもあるので、並べてみました。4Kの32インチはスタンド部分がワンタッチで外れる3ピースの構造ですね。27型はVESAマウントで梱包時からマウントされていて、2ピース。
a0032346_09242511.gif
左の32型4Kディスプレイのほうが高く上がるのは、よく見ると縦位置を成立させるためには、画面が大きいぶん、高くする必要があるのですね。
アニメーションで最後に登場しているのは55インチ4K。
a0032346_03000902.jpg
今度の比較対象は、自分の27型(左)EIZOのSX2761W(1920×1200) 右がBenQの27型。対角線は同じ27インチなのですが、縦横比が違うために、面積が小さく見えます。
a0032346_02584709.jpg
スクリーンキャプチャーして単純に並べて比較。上から4K、今回のBenQ27インチ、自分の27インチです。ピクセル数の大きさがそのまま出てます。
a0032346_02584700.jpg
しかし、実際の見え方の寸法を元に調整すると↑こんな見え方に。4Kディスプレイは2Kを4枚敷き詰めると対角線の長さは54インチになって欲しいのに32インチに収めてしまうと、字とかいろんな要素が小さくなりがち。
ウインドウズではOSの機能としてそんな小さな文字にならないように、自動で大きくするのがデフォルトになっています。 ただし、アプリによって大きくならない字があったり、解像感がグダグダになるアプリがあったり、、32インチ4Kをどのようにサイズ調整して使うべきなのか迷います。なにが言いたいかというと、32インチ4Kというディスプレイはなかなかに悩ましいサイズということです。(正直少し手を焼いています。)

 今回届いた27インチは、ほどよい高密度で、ほどよい解像度と感じます。 27インチ、2560×1440は、なかなかにちょうどよい、程よい「レチナ感」(高密度感)と言えます。

まだカラーマネジメントはなにもせず、届いた状態で使っています。色については明日。

BenQアンバサダーでお借りしています。 アンバサダーといっても、ノーギャラです。w マニア心を満たすための遊びとしてやっていることなので、本音で、欲しい機種かどうか、考えていきます! 以前に評価したカラーマネジメントディスプレイSW2700PTは、すごかったですよね。あれは超良かった!
a0032346_03222206.jpg
価格は6.5万円。色の精度、ピクセルのキレイさ。SW2700PTは今でもイチオシで欲しい機種です。EIZOのカラーエッジのかわりに使える、ハイエンドディスプレイです。
a0032346_03250455.jpg
今回届いた機種デザイナーズディスプレイ PD2700Qは約4.9万円です。 まだ攻略してませんが、、なんとなく、、フォトグラファーの自分としては、素直に「カラーマネジメントディスプレイSW2700PT」にしておいたほうが楽そう!って感じています。。 いえいえ、まだキャリブレーション(調整)してないんだけど、、、、ww だいたい、デザイナーズ、って書いてあるんだし。。。フォトグラファーは「カラーマネジメント」に決まってる! いや、デザイナーさんも、カラマネよろしくお願いします!ってば!ww いやいや、、とにかく続きは明日w (追記:キャリブレーションを済ませると、約4.9万円のPD2700Qは落ち着いた調子・快適になりました。sRGB色域なのでいろんな発色も暴れず快適に思えます。)
by hanchan-jp | 2017-06-24 03:27 | Comments(0)