タグ:ST550K ( 3 ) タグの人気記事
BenQ ST550K(55インチ4Kディスプレイ)欲しい理由と、惜しい理由を簡潔に書く!
BenQ ST550K(55インチ4Kディスプレイ)欲しい理由と、惜しい理由を簡潔に書く!

BenQさんからお借りしている、55インチの4Kディスプレイ。到着時は、なんと価格.COM最安が79800円くらいだったのです! 絶対即買い!という状況に思えましたが、案の定、現在は格安の流通品が一掃されてしまったのか?! 最安が13.8万円、というものになっています。 このST550Kはアンドロイド内蔵のアンドロイド端末であり、マウスやキーボードを接続して操作できるし、デジタルサイネージ表示用のアプリケーションを内蔵していて、実際スケジュールに基づいた、デジタルサイネージ表示が可能になっています。 デジタルサイネージ機器として、正面枠にBenQ企業ロゴもありません!

(1)55インチ4KディスプレイとしてST550Kを欲しい理由!>大きい。 4Kは最低でも55インチくらいあったほうがいいよ、って心から思えます。なぜか。4Kって200インチとかに拡大してもまだまだ全然余裕で解像してるんです。(これもBenQイベントで体験した。)200インチに「不自然に近づいて」あら捜しするようにすると、ピクセルが見えるのです。4Kってすごいの! だから4Kってでっかく表示してこそのもの。55インチとか65インチとか、そういうサイズは大事です。

(2)デジタルサイネージ表示装置としてST550Kを欲しい理由>スタンドアロンのコンテンツを手軽に作れる、立ち上がる デジタルサイネージ表示って、つまりはパワーポイントのスライドショーみたいのを、ずっと流しておけるのです。 それもスケジュール通りに。 ST550K用のコンテンツ制作ソフトは ここ(の、ソフトウエアタブ!)XSignDesigner_1.6.exe です。  Windowsアプリで制作して、USBメモリーに書き出して、ST550K本体にそれを「X-Sign」アプリを起動直後くらいのタイミングで差し込んであげると、本体に自動コピーされます。その後はUSBを抜いてOK。 でっかいフォトフレームみたいに手軽に使いたい。

(3)パソコンディスプレイとしてST550Kが「惜しい!」理由>設定画面が全画面表示ゆえにうちの測色機によるカラマネ調整ができない。
パソコンディスプレイとしては、完全なるドットバイドットの4Kではないかもしれない、という部分もあるのですが、そこだけでなく、RGBの出力バランス調整をするために、アイワンとかの測色機をつないだとき、メニュー画面が全画面のために、測色中にエラーが出て終わってしまうのです。 ST550Kは標準で8000K程度の青めの表示色温度になっています。パソコンディスプレイとしては少し青めです。sRGBの6500Kとか、太陽光に近い5500Kとかで表示してあげると、スタジオではすんなりするのですが、そこは惜しいです。

(4)はんちゃんはST550Kを買うのか、買わないのか>79800円で売っていた時期だったら即買いだった!
 あの頃買っていれば、、!!www

はーーーーー、、、、(溜息) しかしST550Kは僕に4Kの世界を身近に教えてくれた大先生です。 ぜひ55インチとか65インチをリビングとか、スタジオに今後入れたいです。プロジェクターでもいいけど! 4Kはどんどん身近になっています。 4K環境にどんどんシフトしていきたい!


by hanchan-jp | 2017-07-19 09:19 | Comments(0)
スタジオでの55インチと32インチ
a0032346_23305944.jpg

スタジオで撮影するときに、カメラマン側とモデル側にミラーリング複製で、
同一解像度のディスプレイを2台つないで10年以上やってきました。
今は #BenQアンバサダー で4Kディスプレイを2台お借りしているので、
それを使っています。
通常縦位置が多く、ディスプレイを縦にしたいのですが、
今回の55インチは縦型のスタンドが無くて、横で使っています。
大きいのは良いことだ、と思うのですが、大きすぎるのも問題です(笑)

55インチは使わないときに、どこかに置いておこうと思っても
ちょっとした壁(ウオール)のようになります!

写真は、撮影用にそうしたのではなく、片付けとして、
このように「前後に置いたらちょうど良かった」の図ですw

32インチ4Kディスプレイを使うとき、何度か書いていますが、
悩みがあります。とにかく縮小されて小さい!

ウインドウズOS側で拡大する機能があります。150%拡大するとこんな感じ。
a0032346_01133197.jpg
再起動(サインアウト)をきっかけに正常化するアプリもあります。
a0032346_23445324.jpg
拡大に対応して拡大が綺麗なアプリと、拡大するとボケちゃうアプリがあります。
a0032346_04083967.jpg
a0032346_04155099.jpg

うーん、言いたいこと伝わるかなあ、、
a0032346_11435230.jpg
追記:↑電子書籍を4Kディスプレイで100%で見ると綺麗です!
しかし、Windowsのお薦め通り150%にすると、キリリ感が減って残念なことに。。
引用は部分ですが、画面全体としては本当に残念な品位です。。
OSを操作しにくいのでふつうは32インチ4KではOSのおススメ通り
150%にする人が多いと思われます。お使いの方、どうですか?

撮影に使うキヤノンのDPP(Digital Photo Professional)がぼやけると、撮影になりません。
DPP4は、150%拡大を指定した直後は、メニューやフォルダー表示が細かいままですが、
再起動後は、メニューやフォルダー表示は正常化します。
DPP3は、150%指定すると、アプリケーション全体が妙にズーム処理されて甘くなって、
撮影に使おうとするとフォーカス感がよくわからなくなります。

DPPの事例は一例です。大事なことは
「32インチの4Kは字が小さくて使いづらいアプリがあるとき、
OS側のズーム機能がうまくいくものと、なんか変なままのアプリが混在する」ということ。

なんとなく使うぶんには、問題ありません。カメラマンとかデザイナーとか、
緻密な処理をする人は、ズーム機能で翻弄されることがあります。

対策としては、
(1)32インチ(小型)4Kディスプレイは、近接で使う!(これ結構大事w)
(2)4Kディスプレイは40インチとか50インチのほうが良いかも。

という感じです。伝わりますかね。。

こうなってくると、通常使いのディスプレイが4Kだと幸せなのかどうか、微妙です。
微妙なんです。。程よいサイズ、程よい解像度がいいなあ、って思うことが多い。

なので、ついつい、4Kではなく、
その下の解像度(2560×1440)のデザイナーズディスプレイ PD2700Q
を選んで使ってしまうのです。
4Kの(3840×2160)という解像度に結構、翻弄(ほんろう)されています。。。

4Kディスプレイを使う場合、少し注意が要ります。
コツをつかめば、大丈夫だと思います。
4Kコンテンツの確認のためのサブディスプレイだったら完璧!と思います。

縦画面にする、とか、普段のスタジオモニターとしての使い勝手では、
55インチのでかさとかは本当に魅力だけど、
一方で「程よいスペック」が欲しくなります。

by hanchan-jp | 2017-07-07 01:35 | Comments(0)
お気に入りの4K動画を、あらためて55インチ大画面で見る。

BenQアンバサダーで、大きな4Kディスプレイをお借りしています。
a0032346_18583069.jpg
お気に入りの4K動画を、あらためて55インチで見る。55インチでも4Kは十分緻密で美しい。そしてここで見る2Kの動画は、悲しいほどにゆるゆるなのです、、制作者としてやっぱりこのくらいの55インチ欲しくなった。これ、価格なんと価格コムで調べたら
えー、55インチ4Kで、79800円って!(これはテレビではなく、PCディスプレイの仲間です。)やばい! #BenQアンバサダー

by hanchan-jp | 2017-06-05 19:00 | Comments(0)