「ほっ」と。キャンペーン
タグ:ShutterSnitch ( 12 ) タグの人気記事
ShutterSnitch パナソニックのカメラとスマホを直接接続撮影できた

iPad用撮影データ表示アプリ、ShutterSnitchで パナソニックのカメラと、直接、接続撮影できました。

パナソニック純正アプリでの接続だと、アシスタント・デザイナー・ライター・クライアントに撮影状態を見せながらのテザー撮影ができません。カメラを操作すると撮影リモート(撮影モードへの移行)になっちゃうからです。 ShutterSnitchだと、アシスタントにライブビューを見せること無く、結果のjpegだけを都度転送(数秒後に届いて全画面表示)できて、アシスタントとか編集者が、前後に戻ったり、レーティングしたりしながら撮影がすすめられるのです(分業)が、今回、パナソニックFZ1000でそれができることを確認しました。きっとGHシリーズでも同じことができるでしょう。知らんかったです。。自分の仕事のスタイルにパナソニック機が対応できることを知って驚愕。 AF撮影での仕事ができそう!


<まずはカメラ側の操作>
Wi-Fi>Wi-Fi機能>新規に接続する>撮影中に画像を送る>スマートフォン>直接接続>手動接続

<つぎにiPadの操作>
Wi-Fi>カメラの名前が出ているので(私の場合はFZ1000-A38EEE)を選ぶ>インフォメーション「i」をタップ>ルーターの下のDNS欄を、ルーターと同じ値にインプット(私の場合はルーター欄が192.168.54.1なので、それと同じ値をインプットした)

Shutter Snitchの立ち上げ コレクションビュー 「+」(新しいコレクションを作る)
a0032346_11131333.jpg
<カメラ側>
「ネットワーク内の機器を選んでください」の「ShutterSnitch xxx」(xxxは端末の名前)を選ぶ
「接続完了しました」 の画面が出て 画面にWi-Fiマーク、本体のWi-Fiランプ点灯で撮影待機

<iPad側> 時折、画面の上部、IPアドレス等が表示されるところに「DLNAに接続」と出る

これで、カメラのシャッターを押すと、JPEGがシャッターを押すたびに、都度数秒後に転送されて、「転送しながら撮影」ができます。

注意としては、iPadのLTE通信(モバイルデータ通信)にならないようにオフにすると安定するのと、
カメラのスリープとかで別のWi-Fiをつかんでしまったときは、慌てずに、ipad側の設定>Wi-Fiからカメラ名を選び直してあげることです。

※ShutterSnitchのフォーラムにありました。カメラが日本語操作なので理解しづらいけどww そこは気合でw
https://www.shuttersnitch.com/forums/viewtopic.php?f=36&t=1418

by hanchan-jp | 2017-01-15 11:09 | Comments(0)
最新版、ShutterSnitch 私のつなぎ方
iPadを初期化するなどして、不通になったので、この際とことんやりなおしました。自分自身がわからなくなり、過去の自分の記事を読んだのだけど、「全然わからん!」と思って簡潔にまとめ直しました!!ww
-----------------------------
EOS
WFTの設定>接続ウィザード>FTP転送>無線LAN>ウィザードで接続>接続先入力>アドホック11g>SSID(例)「pad1」>チャンネル設定「1」>(ここからセキュリティーは任意)暗号化の設定(例)しない>「処理中です。お待ちください。」


iPad
設定>Wi-Fi>ネットワークを選択>(例)pad1(が現れる)>接続

(ここで相互接続に成功する)

iPad
(例)「pad1」をタッチ>「静的」をタッチ>IPアドレス(例)200.200.0.1(これがiPadのIPアドレス&FTPサーバーアドレス)>サブネットマスク>255.255.0.0

ShutterSnitch起動>オプション>設定>ユーザー名(例)5d2>FTPポート26000>完了
オプション>パスワード変更>(例)1111
右上の「+」を押して「新しいコレクション」を作成する(iPad待機にはいる)


EOS
ネットワーク>手動設定・OK>IPアドレス設定・手動設定・OK>IPアドレス200.200.0.2(これがネット上のEOSのアドレス。iPadとずらす)>サブネットマスク255.255.0.0>ゲートウエイ・使わない>DNSアドレス・使わない

※ FTPサーバー・アドレスの設定(これがFTPサーバー、iPadを指定する)200.200.0.1>FTPポート番号 26000>パッシブモード・使わない>プロキシサーバー>使わない>ログオン方式・ログオン・パスワード>ログオン名(例)5d2>パスワード(例)1111>保存先フォルダ・ルートフォルダ>処理中です。お待ちください。(相互通信・iPad側タイムアウトの都合で※からやりなおすことがある。)
(iPad側の再待機は、コレクションビュー一覧に戻ってからコレクションに入りなおす。怪しいと思ったら実行する。)

EOS 接続OKの表示のあと

セット番号を選び「OK」を押すと設定内容を保存します。(1-5)(セットボタンを押して上下選択がアクティブになってから番号を選ぶ。) ここで、スタジオ用は1,ノートPC用は2,iPad用は3など、プリセットを作って終了です。

これで完成!!
by hanchan-jp | 2013-07-12 19:10 | Comments(1)
EIZOUさんがコメント欄に書いたまとめがすごい
EIZOUさんが8月8日のコメント欄に書いたまとめがすごい
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・EUモード(PTP接続): 途中で接続が切れるとデータが失われたり、カメラが操作不能になる。双方向通信で電力消費が多い。操作の主体がカメラよりEUソフトにある。アカウント無しでも可能。

・FTPモード(FTP接続): 接続が途切れてもデータが失われず、シャッター半押しで残りのデータが送られる。カメラのオートパワーオフに馴染みバッテリがもつ。サーバー利用で送信中もどんどん撮れる。サーバーの準備、アクセス権の設定等複雑。

・WFT Serverモード(HTTP接続): WebブラウザからWFTに画像送信指示とレリーズ指示ができるがそれのみ。予めアカウントの登録が必要。電力消費は少ないか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私にとって、スタジオと同じで手軽だったEUモード(USBケーブル接続と同じ使い方)は、フィールドに出ると無線の異常などの接続断でパニックになります。えー、「パニックモード」とでも言うべきあの青い画面。(転送をしようとし続ける)電源をオフにしてもなにをしても止められない。ファイル破損を覚悟でバッテリーを抜くしかない!!ええ、抜いてますよ!!(笑)

最近はiPadを相手にしたFTPモードでの撮影になっているので、そんなリスクはありません。FTPモード(Shuttersnitch側の機能かもしれないが)ではiPadと私が離れていっても、その間のデータはあきらめてくれるようで。(笑)

ってなわけで、ノートパソコンでフィールドで撮影したい場合、がんばってFTP環境を構築する価値はある、ってことです。いえ、すべき!そのようにわかりました。EIZOUセンセイありがとうございました。

ちなみに、最新のEOS(5D3+WFT7)+最新のiPadの組み合わせは、小さいjpegの最速で3秒、大きめのjpeg(どのくらいの大きめか忘れた)でも4秒というスピードでした。「初代」iPadの組み合わせは小さいjpegが6秒(5D2と同じ)かかっていたので、最新iPadのスゴ演算力なのか、WFT-7とiPad3の組み合わせで最強のワイヤレスが発動するのか?ww
by hanchan-jp | 2012-08-18 11:14 | Comments(8)
DPP直結撮影私のやり方は、
a0032346_1054020.jpg
DPP直結撮影私のやり方は、
(1)無線がコネクトされて、EOS Utilityが4つのメニューアクティブ表示で立ち上がり、カメラ側がブルー転送画面になってほぼ操作不能になったら、EOS UtilityをPC側から終了する。(そのときPC側から「3カメラの設定/リモート撮影」を選べば良いのですが、ややこしいことがあるので、私は一旦終了しています。

(2)メイン画面(左にフォルダーツリー、右にサムネイルの画面)から、自分が撮影したいフォルダーをマウスタッチでアクティブにして、「EOS Utilityを起動」を選択すると、「EOS Utility起動時はセレクト編集画面で開く」ようにあらかじめDPP設定されているので、そうなります。
by hanchan-jp | 2012-08-09 10:56 | Comments(4)
5D2、純正だけで孤立LAN状態でiPhoneできた
5D2、純正だけで孤立LAN状態(アドホック)(カメラ対iPhoneの一対一)でiPhoneリモート撮影できた。
a0032346_19262491.jpg

めっちゃ小さいリモコングラフィックをタッチして、無事レリーズできましたとさ!
新型5D3ユーザーの方、もう超先進リモート来てたんですね(たぶん)!
by hanchan-jp | 2012-08-08 19:26 | Comments(0)
キヤノンのこのサイトがすごい
キヤノンのこのサイトがすごい(この話題コアな人向け)ぱっと見た目おしゃれだけどww、、
http://cweb.canon.jp/solution/pro-photo/wireless/index.html
右側の水色っぽいリンク「セットアップシート」「FTPサーバー設定マニュアル」「アクセスポイント設定マニュアル」が、普通じゃない!! エンジニア、またはエンジニア寄りの企画の人が直接パワーポイントで記述したような内容。(笑)そして、内容的に一般的なカメラマン向けの使いこなしと違うような気がする。。

一般的なカメラマン、って勝手に定義したらおこられるけど、、、
(1)雑誌だったら、編集、モデル、スタイリストetcがいて、写真の撮れ具合をワイヤレスで共有したい
(2)広告だったら、広告会社、広告会社のクライアント、モデルetcとワイヤレスで共有したい。
(3)スタジオ内だったら、EOSUtilityモードで、USB接続の代わりにワイヤレスでとにかく使いたい。

これらの場合に、この右側の水色っぽい内容は、やり方のひとつではあると思うけど、イマイチなんだか役に立たないと思う。というか、そうとうアドバンスドな内容が含まれていて、まじで?すごい?ってマニアが興奮する感じww。

つーか、僕が書いた方が親切だ。
だったら書け? あ、、、www(スミマセン好き放題言い過ぎましたm(_ _)m)
by hanchan-jp | 2012-08-08 19:00 | Comments(29)
5D2、純正だけでiPadワイヤレス撮影ができた
a0032346_18304629.jpg
iPadの画面上でリモコンのボタンのグラフィックの部分をタッチしたら、撮影できて、iPad上の画面に帰ってきたという図。もともと5D2+WFT-E4はここまで、ワイヤレス対応していた、ということでした。

最新のカメラワイヤレスでは、もっと多くのことができます。(5D3+WFT-E7B)ライブビューを見ながらフォーカス微調整というのも、ブラウザー(Javaスクリプト対応)からできると。。。(ただしこれ、アドホックでいけるかどうかまでは私は未確認です。)(追記:アドホックできました。)
by hanchan-jp | 2012-08-08 18:38 | Comments(0)
ShutterSnitch その他気づいたこと
ShutterSnitch その他気づいたこと(ShutterSnitchは、iPhone/iPadのアプリで、デジカメからワイヤレスで飛んでくるデータを表示するソフトです。ここではEOS5D2にWFT-E4を組み合わせた事例です。他にもEyeFiも利用可能です。)

<撮影中は、EOSもiPhone/iPadも節電しないようにする。>
節電モードになって通信が切れると、iPhone/iPadはFONとか適当なWiFiと結婚してしまいます。そうでなくても回復が一手間かかる。

<通信断からの回復手順>
EOS側は緑のLANランプ点滅の「求婚中」にして、iPhone/iPadは勝手に結ばれちゃった店内FONなどと縁を切るために「設定」にいって求婚中のEOSとつないで、

ShutterSnitchのコレクションビュー(サムネイル一覧)→→コレクション拡大表示(撮影画面)の切り替え動作

これをおこなう。この切り替え時にどうやらShutterSnitchは求婚中の人を探すらしいので。(ただし探す相手は事前にWiFi設定されたIPの人のみ。未知の人と勝手に結婚することはありません。w)


<ワイヤレスでのモニタリングの導入メリット>
カメラマンだけが背面液晶を見て作画するのでなく、ほぼ同時に編集の人、ライターさん、デザイナー、モデルが画像を確認できることにより、現場で何が撮れているのかの意思疎通・撮影漏れ確認があり、撮影が終わって納品の時点でアレが違う、これが違うなどクレームが発生することが無くなる。
パソコンでワイヤレス撮影しても基本は同じなんだけど、普通カメラマンのパソコンは誰も触らない。ww しかしiPad/iPhoneだと誰でも触ってくれる。手元で見てくれる。

<注>しかし、iPhone/iPadではいわゆるカラマネはあまりよくわかりません。そこは簡易的な対応/背面液晶側でがんばる式、となります。
by hanchan-jp | 2012-03-29 14:48 | Comments(5)
EOSとiPhoneを、シャッタースニッチ(ShutterSnitch)でつなぐ。最新まとめ
今、スカイプ的なテレビ電話サービス(Google+ハングアウト)を使って、遠方の方と勉強会を実施中。お題は、EOSとiPhoneを、シャッタースニッチ(ShutterSnitch)でつなぐ。

(ShutterSnitchは、iPhone/iPadのアプリで、デジカメからワイヤレスで飛んでくるデータを表示するソフトです。ここではEOS5D2にWFT-E4を組み合わせた事例です。他にもEyeFiも利用可能です。)

先方は、ここのところ何十時間も費やして攻略に勤しんでいたのだが、うまくいかないという状況。これは大変、と私がお話をお伺いすることに。

私も、いつも使っていて、接続も安定しているiPadでなく、あえて久しぶりに(入れてたことも忘れていた)iPhoneで挑戦。これが案の定、うまくいかない!!(笑)

そこで、ダメになってから、うまく行くまでにたどった道のりをメモ。

<正常なときの動きのおさらい>
(1)まずEOSから電波を出す。WFTの設定>設定>LANの設定>セット1〜5 をすると電波が出る
(2)そしたらiPad又はiPhoneの 設定>Wi-Fi>任意名(ShutterSnitch)を選択
(3)EOS側がタイムアウトになってLAN赤ランプになる前に、又はシャッター半押しで再試行させながら、IPad又はiPhoneのSutterSnitchを立ち上げて、さらにコレクションビューからコレクションを立ち上げる
(4)点滅だったEOSのLAN表示がゆっくり消灯して接続が完了する。

(この文章で理解できた方はエライと思うけど汗)通信なので相互からアクションが入ります。

<だめなときにありがちなこと1>
最初の手順の 2 のネットワーク設定を忘れたり、EOSがタイムアウト等になってLAN赤ランプ点滅になってしまっていた場合、iPhoneやiPadは部屋のWiFiと再び接続してしまっています。そうなるとiPadからShutterSnitchを立ち上げてもIPアドレスが部屋のWiFi(192.168.1.5など)になってしまっていてあらかじめ登録したEOSのものと合致しなくなります。 その場合はEOSを再起動してLANランプグリーン点滅にしておいてから、iPad等の「設定」からWifi接続先を選び直します。

<だめなときにありがちなこと2>
スタジオでEOS Utilityでの接続を「セット1」などで使っている人が、ロケ先でiPad用接続の「セット2」を呼び出したのだが、実は「通信モード」を「FTP転送」にし忘れた。(←本日の私ww) セット選択の中に通信モードが含まれない仕様はなんだか合理的じゃないので(笑)これは5D3など新型をお買い上げの方には関係ない話だと思われますが、、、気をつけましょう!!


<EOS側設定詳細おさらい>
通信モードは FTP転送
設定>LANの設定>セット1〜5>設定変更画面へ>LANの種類無線LAN>TCP/IP>手動設定>無線LAN>SSID(任意EOSNETなど)>詳細1:「アドホック」←重要 
TCP/IP>手動設定 DNS使わない>IPアドレス(任意 100.100.100.0でもうまくいった!笑)サブネットマスク 255.255.0.0(ソフト側の規定値ですよね)ゲートウエイはゼロオール
FTPサーバー>送信先サーバー>アドレス(任意 100.100.100.100にしてみた)上位3組はLAN設定に合わせる。

<iPad又はIPhone側おさらい>
設定>WiFi>EOSNET(任意のやつ)の右側の青丸矢印>IPアドレス「静的」>IPアドレスを任意(例として100.100.100.100)このアドレスは、iPhoneがFTPサーバーの本体という意味になるのだけど、ここで固定することでとても楽になる。

これで漏れがなければ設定項目は終わりな気がする。

-----------------<追記>
ここまで、IPアドレスは任意で可、というつもりであえて見たことない数字でデタラメに試していましたが、宇谷屋さんからのご指摘(ありがとう!)もあり、プライベートアドレスとしてJPNICに申請する必要のない正規の範囲をこの下↓の記述から使う事にしました。
-----------------
ぶっちゃけ、2桁3桁数字とかインプットかったるいので、思い切ってケタ数の少ないやつでやってみる!やってみると、EOSが10.0.0.1、FTPサーバー&iPhone10.0.0.2は成功しました。非常識な感じがしますが、非常識なぶん、他のネットワークと干渉する気がしません。(笑)(ってここに書いて他のカメラマン同士でバッティングしたらどうすんの(笑))←適宜アレンジで。


<接続してみる>
EOSで電波出して→iPadにWiFi選ばせて→ShutterSnitchのコレクション立ち上げて→EOSのグリーンランプが長く光ってから消える

<トラブルシューティング>
iPhoneから電波(EOSNET任意)が見えない>アドホックモード設定忘れorEOSがFTP転送になってない

ShutterSnitchのコレクション立ち上げ時にしばらく出てくるIPアドレスが、FTPのじゃなくて部屋のWiFiっぽい場合。→iOSの画面でもう一度EOSを見つけてからShutterSnitchに戻ってコレクション立ち上げ。

<jpeg飛ばしについて>
これは、先方から逆に教わりました。FTP転送においては「転送画像サイズタイプ」という項目がアクティブになり転送jpegのサイズ大小、転送RAWのサイズ大小、そしてRAW+JPEGのときの両方なのか片側なのかを設定可能です。 PC相手に転送撮影でEOS Utilityを使ったjpeg飛ばしでは従来通り外付けUSBストレージにjpegを割り当てる操作が必要ですが、モバイルにFTPで飛ばすときはシンプルになりますね!消費電力の低減が期待できます!! 感謝です!!
by hanchan-jp | 2012-03-28 23:34 | Comments(3)
EOS(WFT-E4)とiPhoneをShutterSnitchでつなぐ
ShutterSnitch、というソフトを使うと、カメラ→iPhone or iPad にリアルタイム転送しながらの撮影が可能になります。

未来のEOSには標準でスマートフォンに撮影データを飛ばせる機能がつくかもしれませんので、こんなのは今だけかもしれないですが、今日あらためてアプリを買うところからやってみたので、まとめます。
a0032346_18314463.jpg
1800円ですね。

More(まとめ。長いです。)
by hanchan-jp | 2011-06-27 19:06 | Comments(11)