タグ:sake ( 8 ) タグの人気記事
一升瓶デビュー。
今日は御園竹というお酒(御国峠ではない。。。)を製造している佐久市の武重酒造で酒蔵開放なる試飲や見学のイベントがありました。私はバタバタしていて終わった後の時間に修理上がりの原付バイクでようやく到着しました。

「あのう、、、今日発売のお酒とかまだ売っていただくことできますか?」などと片付け中の人に聞いたら「社長~!お客様が」みたいなことになり、なぜか社長さんが(!)私に応対してくださることに。。。(たまたま普通のスタッフ系の人が全然いない状態だったらしい。)めちゃ恐縮・・・。

「これと、、、、これはちょっと前から販売していますが、これですね。」と2本のお酒を見せてくださいました。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
「御園竹 一押し新酒 春花見」(限定品)<一升瓶
「御園竹 大吟醸無濾過生酒」(限定品)<720ミリ(たぶん)<発泡スチロール入りでよくわからず。
ーーーーーーーーーーーーーーーー

うーん、どっちだ、、、ちなみに慌てて出かけており、財布には5000円札が一枚だけで両方は買えなかった。(涙)

そんな情けない私に社長さんは「めずらしいというか、今だけのお酒がこちらなので、こっちをオススメですね」とプッシュしてくれたのがこちら。
a0032346_22155279.jpg
このカメラバッグ(リュック)を背負って原付で一升瓶買いに行くあたり、ただ者ではない!(つーか、怪しい)

今味わってます・・・・♪ これは変わったお酒ですね。まさに「花」という気分の味わいです。口に含むと甘さとなにかほかの香りがほわーっと広がります。すばらしい個性。

ラベルより
ーーーーーーーーーーーーー
今年の新酒の中から、一番の出来の酒を選び、新酒の香りそのままに、生酒でお届けします。今年の酒は、新酒ならではの軽さと旨味のバランスの良い酒を選びました。
ーーーーーーーーーーーーー

「山廃原酒生酒」と書いてあります。私には意味がわかりませんが、、だから風味が独特なのでしょう。
原酒、生酒は開封してからの味と香りの変化が大きいので、数日かけて飲むとして今後どう変化していくのでしょう。それもまた楽しみです。
それにしても、人生で初めて自分が飲むために一升瓶を買いました。一升瓶デビュー。

社長様、本当にありがとうございました。。。。。近々「大吟醸無濾過生酒」も買いに行きます!
by hanchan-jp | 2009-03-20 22:22 | Comments(2)
昨夜終わりました。
2月中旬に酒蔵をめぐって買ってきた6本の720mlが昨夜終わりました。
じゃあ新しくお酒買いに行こうか、、、、。

「あなたは飲んでも(酔っぱらうわけでもなく)意味ないんだから、いらないでしょ」

えっ、、、、。
おいしいから飲んでいるので
酔っているのはシラフでもそんな感じ「ゆるキャラ?」
それ、食べてもどうせ太らないから食べるの不要みたいじゃん、、。

そういえば、高知でうまい酒がある、と聞いて即座にクリックして注文したはずのやつ、
なんだかタッチの差で遅かったのか品切れで向こうからキャンセルされてそのままになってた。
まだ高知の酒を飲んでません!(大きな声で誰に言っているのか)

じゃ、それクリッキンしてみますかーっ。

「昨夜終わりました。」<これが仕事のことだったらいいのにな。ゴールデンウイークまでに終わるかな?
(初めて今年のゴールデンウイークのこと考えた。。。)
by hanchan-jp | 2009-03-20 09:11 | Comments(6)
行く手を阻む
a0032346_1855257.jpg
我が行く手を阻む三人衆、
大吉野(純米吟醸 生原酒 大澤酒造)
牧水 きもと造り(純米吟醸 武重酒造)
御園竹 (大吟醸 武重酒造)(すべて720ml瓶)
製造元で買ったからなのか、やつらの瓶詰めはすべて2009年02月だ。よぉし待ってろっ!オレが倒して(飲み干して)やる!うおりゃりゃ~。


ううぅぅぅ(飲まれる)



飲んでも飲まれるな、これは古くからの掟(おきて)だった。

人気ブログランキングへ<人気ないのに試験的にブログランキング参加テスト開始。クリックするとランキングサイトに飛ばされてしまいますごめんなさい。現在写真カテゴリーにて最下位の1000位付近。
by hanchan-jp | 2009-02-25 18:13 | Comments(8)
なんだかもったいなくて
明鏡止水、というお酒を買うために製造元の大澤酒造を訪ねてみました。
a0032346_18594669.jpg
なんと試飲コーナーがありました。大吟醸も純米吟醸も原酒もその味わいをテイスティングできました。なんという贅沢。
a0032346_18585391.jpg
次に正月にローソンで瓶(かめ)入りの新酒を予約販売していてそれが恐ろしくうまい、ということで我々の周辺で騒然となった、武重酒造にも行きました。なんと明鏡止水の大澤酒造と武重酒造は隣同士なのです。

明鏡止水はとても限定的な酒らしく、驚いたことに製造元でも販売用に在庫していないとのことで、我々は買うことができませんでした。(涙) しかし社長さん直々にとっておきの話をいろいろ教えてもらいました。そして試飲の結果これだ!と思った純米酒を2本買いまして、その後の武重酒造でも純米吟醸と大吟醸を二本買ってきました。

今回買ったのはなんだかもったいなくてまだぜんぜん味見とかしてません。

人気ブログランキングへ<試験的にブログランキング参加。クリックするとランキングサイトに飛ばされてしまいますごめんなさい。現在写真カテゴリーにて最下位の1000位。
by hanchan-jp | 2009-02-24 19:10 | Comments(8)
並べて
1月11日の日記「新鮮な体験」で「どかーんとやられた」土屋酒造の「茜さす」という純米酒を「安いのにうまい酒」としてリスペクト(尊敬崇拝)している私なのですが、今日昼頃にまさにその土屋酒造店の前を通りかかったので(!)思い切って中に入ってみました。外見は古びてさえない酒屋みたいな風貌(すみません)だと思っていたその店が実は奥が工場で「茜さす」を生み出しているその現場だったとは。。。せっかくなのでいろいろ買ってきて「試飲」してみました。(写真はすべてこぶりな720ミリ瓶です。価格も)
a0032346_2242405.jpg
3000円級の大吟醸白ラベル、1000円級の特別純米、1300円級の茜さす特別純米(生貯蔵原酒)、1000円級のしぼりたて原酒とそろいました。
大吟醸以外は安い酒で価格が並んでいるのですが、どれもうまい。1000円級のお酒は「安いんだししょうがない」的な気分になることもあるのに、この4本はどれもいけます。ほかの酒蔵でも1000円級にうまい酒が見つかるとそれだけついつい繰り返し買ってしまいます。
a0032346_22485388.jpg
今日お昼を食べた店でなぜか売っていた「しぼったまんま」もどこで売っているのかわからなかったので迷わずゲット。(もちろん千曲錦酒造は職場から近いし、そこに行けば買えるのは間違いないのだが。。。普段スーパーとかで買っていて専門店に行ってないのも悪い。)活性純米生原酒 無濾過・無加水・無殺菌の限定品です。これはかなりクセが強い!だけど普通の酒に飽きて「なにか他にないの?」と刺激を求めたときにガツンと来る味わい、そんな感じでしょうか。先日富士急ハイランドでお土産に買ってきた同様のお酒も同じように「ピリリ」と来る独特の感覚のお酒でした。

ボクのいただきかたは、こうやってボトルを並べて大さじ一杯くらい?ずつのほんの微量をマグカップの底の方に入れて香りを楽しむ、という感じです。あまり酔わないのでとにかく味が好きでいただいているのです。いやー、幸せです。

追記:文章を手直ししたりコメント欄の返事をしながら、また少し、また少しと好きな瓶からマグカップに入れていただいているのですが、やっぱり「茜さす」っていいなぁ。やばいです止まりません。あと写真がなくていけないのですが、同じ市内で橘倉(きつくら)酒造という酒蔵があって「菊秀 純米酒」という1200円級の酒(720ml)があってこれが「日本酒本来の姿を追求し、お米に対するこだわりとその個性、旨みを十分に引き出したお酒です。」ってHPにも書いてあるけど米の風味がやさしく口に広がる独特のうまみがあって止まらない酒です。いよいよ一升瓶に格上げかなぁ。。。(今まで一升瓶なんてよほどの大酒飲み、星一徹のお父さんでもなければ必要ないと思っていた汗)
by hanchan-jp | 2009-02-16 22:55 | Comments(7)
新鮮な体験
ここのところ、毎日地元のお酒をいただいております。今日買ってきた二本はあまり高くない(1200円程度/720ml)のですが、純米酒(醸造アルコールを加えてない?もの)というこだわりで選択してみました。早速試飲。
a0032346_1536291.jpg
今日はこの「茜さす」(あかねさす)土屋酒造にどかーんとやられました。(後ろに見えるお酒も1200円級とは思えないうまさでハイレベル対決。)すばらしいナチュラルさ。辛口党の飲む酒ではないと思います、甘口、やわらか党なのに、しかし香りが抜群で味わいがしっかり深くあるような気がします。味見程度でなんなんですが、、、

日本酒はおそらく今あまり人気のない酒だと思います。私は人生40年、日本酒を避けて生きてまいりました。(笑)だからここでいきなり目覚めて買いあさっているのはとても新鮮な体験です。
by hanchan-jp | 2009-01-11 15:43 | Comments(0)
知り尽くすまで
今日は地元の日本酒を多数扱う居酒屋に行って利き酒みたいなことをしてきました。
(宴会以外で自発的に夜居酒屋に行ったのは何年ぶりかわからない。)
90mlと180mlのどちらかでオーダーできていろいろ試せて面白い!
そして銘柄ごとに個性があって「なんだこりゃうますぎ!」みたいに大騒ぎしながらいろいろ味わってきました。料理もおいしくてついつい、、、 すぐまた行こうと思いました。

とりあえず地元佐久市の日本酒を知り尽くすまで味わってみたい、というのが今年2009年の一番目の目標としました。
by hanchan-jp | 2009-01-10 02:41 | Comments(0)
純米酒
a0032346_0242674.jpg
今日は正月気分で日本酒をいただきながらブログを更新いたしております。

私どもは佐久市の岩村田本町商店街で写真のスタジオをやっているのですが、6~7軒隣には酒蔵がありまして、今日はその酒蔵にお酒を買いに行ってきました。というのも先日スーパー(西友)でその酒蔵の新酒を買って飲んでいたのですが、飲んでいるうちにもっと上質な味がある、と妻が言い出したためにそれを買いに行ってみた、というわけです。それが写真のふたつ。左が純米酒といって米と水でつくられた酒(2000円/720ml)で、右が大吟醸(3000円/720ml)という、もうすこし凝ったものらしいのですが、詳しくは私にはよくわかりません。

どちらも今月瓶詰めされたばかりのものです。さて味わいは。

(私は日本酒についての味覚の知識は全くありません。)
(この酒蔵を含めて佐久市の酒の味については地元の人も詳しいかもしれないけど、軽井沢などに別荘を持つ都会の人たちも詳しいらしく、自分が商品選びしているときの別のお客様は八王子の方でした・・。うまい酒がいろいろあるらしいです。知らないんですけど。。。。)

左の酒も、右のさけもとにかくまろやかで水のように飲めてしまう。。。左の純米酒のほうがよりいっそうまろやかで刺激が少なく、「水のごとし」といいたくなるやわらかさ。右の「大吟醸」と書いてあるほうがやわらかい口当たりの中にもしっかりしたコクがあり、やっぱり確かに楽しめると思いました。どちらも十分においしいです。スーパーで買ったのは1000円/720mlだったので、結局なんでも値段で決まってくるんだな、、、、と変に納得しました。

お正月だからこそ、なんとなくこうやってお酒で遊んだりしてしまいます。

え?まだお正月になってないって?えー自分の中ではもう春も到来しているし脳内で梅の花も咲いているんです。
a0032346_0412616.jpg
「ぼけてんじゃねぇうりゃりゃ~」
息子のユウキくんにもいつもやられている40歳。
by hanchan-jp | 2008-12-28 00:51 | Comments(0)