絶対お別れできない、、PX-7V
PX-7Vのモニター期間もあと少しで終わりです、みたいなお知らせが届いた。我々はPX-7Vを2~3日使った段階で「こりゃいいわ!!」と購入を決めてたので、お別れにはなりません。モニターをしているからではなく、マジでPX-7Vはカラー写真を印刷するほとんどの人が、満足できるプリンターでしょう。私が7Vの好きと思うポイントは

PX-7V良いとこ(1)カラーマネジメント的な正確性が前モデルのG5300より上がっている感じ(うちの場合は不調のPX-5600よりも良いくらい。)で、安心して使える。グロスオプティマイザーが光線の加減で青っぽく感じられる場合は、グロスをオフにしてもほぼ問題ないプリントが得られます。ぶっちゃけ我々はほとんどいつもオフで使ってます。

PX-7V良いとこ(2)フォトブラックとマットブラックを常時装着スタンバイ状態なので、切り替えなく光沢写真とマット紙写真、事務的なスーパーファイン書類、CDレーベル、あらゆる日常の印刷に対応できる。 PX-5Vで調子良く印刷していて、ときどき7Vを使うのはその懐の広さゆえ。

PX-7V良いとこ(3)ワイヤレス接続。これは5Vの時からそうなんだけど、便利すぎる。複数PCでの共有です。あのUSBつなぎ替えの手間がない。コンセントさえあれば部屋の隅とかとんでもないところにも置ける。一度セットすればワイヤレスでつないでいる、ということを日常意識することもない。

あまりたくさん列挙してもアレなので、3ポイントだけあげました。うちに過去のエプソンのプリンターがいろいろありますが、5Vと7Vの2台は格が違う感じで、他の古いやつを使いたい感じが全くしなくなっています。(唯一、マットブラック専用機として地味なマット紙仕事に、PX-5600のみ現役で使用)
a0032346_3175148.jpg
写真はなぜかPX-5Vですね。。。(笑)5Vは繊細なディテールを出したい印刷に最適で、何年も写真やってて、今年はこの5Vのプリントがキレイなので、過去最高の写真を量産できてると感じています。5Vはカラーマネジメント的な違和感、トラブルが全くなく、画面で調整した印象がそのままプリントに反映されます。明るさ感を間違えることはありますけどね、基本的な色味は常に合っている印象です。

PX-5VとPX-7V、どちらか一台だけ選べと言われたら、、それはやっぱり選べない。(笑)プロ写真としてのデリケートな世界とモノクロを重視ならぜひ5V、パンチのある写真(両者ほとんど同じようなものだけど、専門的眼であえて表現するならばくっきりしていてキレイ)と「グロス光沢」と日常の便利さといったら7V。

あと、5Vはインクが大容量なので、インクが終わると一本2200円くらい?心理的に今までと違うのです。(別に実際は高コストなわけではない。)印刷の量が少ないユーザーが長期間、揺すられもしない(撹拌なし?)の5Vだとインク内部沈殿とかで良くなかったりして?(全くの憶測)

7Vはなんと撹拌のオンオフみたいのがあって、要するに無駄にヘッドが往復してみるみたいな動作、あれで「インクシェイクシェイク!」させてるんだそうで。うーん、いいわ最強w。やっぱり7Vは「買い!」かもですね。我々貧乏なのに絶対お別れ(返却)できない機種でした。あ、あのー、買いま~す!(笑)
[PR]
by hanchan-jp | 2011-12-20 03:27
<< リコーGRD4で初めてステーキ... ボッキリーレンズのその後 >>