人気ブログランキング |
テザー撮影がやたら重いトラブルの原因は。。
<最後に追記あり>
a0032346_1203739.jpg
今日昼過ぎから撮影でトラブル発生。カメラからUSBケーブルでjpegのみ転送なのに、なんだか重い。(本来RAWは2秒で転送表示、jpegFULLは転送表示1秒である。)夕方になってみるとjpegの表示なのに10秒近く待ってから表示されるようになった。

明日の撮影のために仕方なくPCを交換することにした。しかし実は交換作業が完了するまえに原因がわかった。orz 撮影データを送り込むフォルダーのファイル数が2000とか超えて多くなってくると、2001番目にを探して書きに行く、次は2002番目を探して書きに行く、という動作をしているかのような感じがして、その探している時間が重いんじゃないかと。(あくまで私の想像ですけど。)(DPPのWindows版の話です)

隣に新しいフォルダーを作っただけであっさり直りました。一日数千枚テザーで撮る撮影では気をつけましょう。(T_T)

昨日おとといと撮影全データをEvernote(エバーノート)で県外に離れたお客様のiPad&iPhoneに自動転送しながら撮影していたので、もしかしてエバーノートがなにかをつかんでる?と疑っていましたが、エバーノート容疑者は犯人ではなかった、ということになります。(すみませんでしたm(_ _)m)

<追記>わかってきました。昨日めちゃ重になった撮影HDDは通常ウインドウズで使われているNTFS方式ではなく、Macとの互換性のある旧式なexFAT(FAT32/DOS)でフォーマットしていまして、それも一因のようです!!普通のNTFS方式でフォーマットしたHDDだとそんないきなりめちゃ重にはならないようです。

(私は撮影用HDDはMacでもすぐに読めるようにFAT32(DOS)でフォーマットしています。)
by hanchan-jp | 2012-06-07 01:12
<< 1万枚を超えるとだめだった。 デジタルレンズオプティマイザー... >>